紹介文
顔写真

ポリヴェーガル理論による不安・うつ・トラウマ・発達障害を癒やすエクササイズ

画像 当カウンセリングルームでは、ポリヴェーガル理論に基づいた、不安・うつ・トラウマ・発達障害などを改善するエクササイズを行なっています。

※以下は、
「からだのためのポリヴェーガル理論」 スタンレー・ローゼンバーグ 花丘ちぐさ(訳) 春秋社
より抜粋しています。

ビデオ通話ソフトZoomを利用したオンラインカウンセリングも行っています。遠方に住んでいる方、当カウンセリングルームに来訪するのが不安・困難な方なども、お気軽にご利用ください。→【Zoomオンラインカウンセリングの流れ】

【お問合せ先】
 〒363-0024 埼玉県桶川市鴨川1-10-43 地図
 (9時~20時 日曜祝日休:ただし予約可)
 電話番号048-786-2239  メールメールはこちら

目次
ポリヴェーガル理論とは
ヒドラの頭
迷走神経腹側枝の機能チェック
ポリヴェーガル理論に基づくエクササイズ
当カウンセリングルームの4つの特徴
カウンセリング料金
お問い合わせ

これまで、自律神経には交感神経(ストレス)と副交感神経(リラックス)があり、これらの神経のバランスが重要であると言われてきました。
しかし、この考え方では、自律神経系に問題があるとされている様々な病気が生じるメカニズムを説明できませんでした。
例えば、慢性的な身体の不調、不安、恐怖、依存症、過呼吸、うつ、トラウマ、発達障害など、現代の医学では治療が困難な病気となっています。これらの健康問題には脳神経が関わっている、ということが見過ごされているのです。

ポリヴェーガル理論は、ステファン・W・ポージェスが提唱した、自律神経や迷走神経に関する理論です。
自律神経系(迷走神経)は、迷走神経腹側枝(リラックス状態)、脊髄交感神経鎖(闘争、逃走)、迷走神経背側枝(シャットダウン、抑うつ状態)という三つの回路から成り立っており、これらが身体機能を調整しています。また自律神経系は、内臓機能を調整するだけでなく、感情の状態にも関係し、行動の促進につながるため、精神、身体、感情、行動に大きな影響を与えます。
不調は、迷走神経背側枝の慢性的な活性化によって引き起こされているのです。

自律神経系から生じうる問題として、以下があります。

筋肉の緊張や硬化、首と肩の筋肉の痛み、片頭痛、背中や腰の痛み、歯ぎしり、手足の冷え、不自然な発汗、関節炎、神経過敏、めまい、イライラ、落ち込み、絶望感、不安感、重圧感、鬱状態の持続、恐怖感、不眠、過度の心配、集中力の低下、忘れっぽい、胸の痛み、喘息、過呼吸、息切れ、不整脈、高血圧、消化不良、便秘、大腸の炎症、下痢、胃の不調、胃酸過多、潰瘍、胸やけ、食欲不振、過食、アレルギー、自閉症、ASD、ADHD、アスペルガー症候群、性欲減退、など。

これらの症状は、迷走神経背側枝や脊髄交感神経鎖の活性化によって引き起こされている可能性があり、迷走神経腹側枝の機能を正常化することで対処することが可能かもしれません。これらの健康問題には、脳神経が関わっているということが見過ごされているのです。

ポリヴェーガル理論によると、原因不明の体調不良が続く場合、迷走神経背側枝が活性化し、迷走神経腹側枝の機能不全が起きている可能性があります。
迷走神経腹側枝の機能チェックで機能不全が見つかった場合、以降のエクササイズを行なうことで、体調不良が改善されるかもしれません。

顔の表情による迷走神経腹側枝機能チェック

人の顔をじっくりと観察します。

人が感情的に反応するとき、目の周囲の筋肉が緊張・弛緩し、顔の表情が変わります。
まぶしい光、感情的に見たくないものがあるとき、外的な感覚刺激から離れてじっくりと考えたいとき、過去のいやな出来事を思い出したとき、目の周囲の筋肉を緊張させ視覚刺激を減らし、今・ここから離れようとします。
人と目を合わせるときは、相手の顔の目の下から口の上までの顔の表情を観察します。この部分の動きは相手の感情反応を示し、社会的交流をしているか、していないかを見分けることができます。

顔の表情には、意図的に作る表情と、自然に起きてくる表情があります。
自然に起きてくる表情には、以下のパターンがあります

慢性的な緊張パターン

長年にわたって続いた感情が、深いしわとなって顔に刻み込まれます。年を重ねると正確が顔に現れます。

感情的な緊張の表情

最近の気分を表現します。感情的な緊張が続く間、表出します。

高速に変化する自然で微小な表情の動き

こうした表情の変化を見せるとき、人は心を開いており、恐れがない状態です。

咽頭による迷走神経腹側枝機能チェック

1.喉の奥が見えるように口を開けます。
2.短く「ア、ア、ア」と発声し、口蓋垂(のどちんこ)とその両側を観察します。
3.発生した時、同期して、口蓋垂の両側が均等に持ち上がり、左右対称となるか確認します。
4.機能不全がある場合、機能不全を起こしている側が持ち上がりません。

トラップ・スクイーズテストによる迷走神経腹側枝機能チェック

1.両肩の僧帽筋(肩の筋肉)を軽くつまみます。
2.僧帽筋の緊張を、左右で比較します。
3.肩の筋肉をつまんだとき、クライアントから、両側とも同じように感じるか、違っているかを聞きます。
4.違いがある場合、機能不全を起こしている可能性があります。

心拍変動による迷走神経腹側枝機能チェック

1.呼吸を意識し、息を吸うときと息を吐くときの脈の速さと強さをチェックします。
2.息を吸うときに脈が速く強くなり、息を吐くときに脈が遅く弱くなるかを確認します。
3.息を吸うときと吐くときで脈拍の差が大きいほど、迷走神経腹側枝の機能が高く、良い状態と言えます。

ポリヴェーガル理論は、脳神経機能を改善し、多くの不快な症状、状態、健康問題の軽減に有効な理論ですが、スタンレー・ローゼンバーグが、安全で、簡易に、クライアント自ら実行できる技法を開発しました。

(1)基本エクササイズ

第一頸椎と第二頸椎を整復することで、首と脊柱全体の可動性を増し、脳神経が出入りする脳幹への血流を増加させます。
このエクササイズでは目を動かしますが、眼球を動かす筋肉と後頭部の筋肉との間で、神経的接続があるためです。
めまいがすることもありますが、これは正常な反応で、少し安静にしていれば、血圧が調整され、落ち着きます。

1.頭の後ろで左右の手を組み、仰向けになり、手を後頭部の後ろに置きます。
2.頭を動かさず、目だけを右に動かします。
3.30秒から60秒間保持します。あくびが出たり、ため息が出たり、つばを飲み込むなどの症状が出ることがあります。
4.目を戻して、まっすぐ前を見ます。
5.目を左に動かし、30秒から60秒間保持します。
6.まっすぐ前を見ます。

(2)筋膜リリース・テクニック

1.後頭部の頭蓋骨の付け根の片側に、片手の指を一本置きます。同じ側の首の上部にもう一方の手の指を置きます。
2.上下左右に軽く指を皮膚を滑らせてゆき、抵抗を感じたところで止めます。
3.停止したまましばらく保持したら、指を解放します。 4.反対側も同様に行ないます。

(3)サラマンダー・エクササイズA

1.頭を動かさず、目だけを右に動かします。
2.顔をまっすぐ前に向けたまま、頭を右に傾けて、右耳が右肩に近づくようにします。
3.30秒から60秒間、この位置で頭を保持します。
4.頭を元の位置に戻し、まっすぐ前を見ます。
5.目を左に動かし、頭を左に傾けて、30秒から60秒間保持します。
6.頭を元の位置に戻し、まっすぐ前を見ます。

サラマンダー・エクササイズB

1.サラマンダー・エクササイズAと同様ですが、目を左に動かして頭を右に傾けます。
2.目を右に動かして頭を左に傾けます。

サラマンダー・エクササイズC

1.四つん這いになります。
2.頭を水平にします。
3.目を右に動かし、頭を右に傾けて、右耳が右肩に近づくようにします。
4.30秒から60秒間、この位置で頭を保持します。
5.頭を元の位置に戻し、まっすぐ前を見ます。
6.目を左に動かし、頭を左に傾けて、30秒から60秒間保持します。
7.頭を元の位置に戻し、まっすぐ前を見ます。

画像 画像

当カウンセラーは 心理カウンセリング法律 の専門家です。

地元で開業し、業務歴が15年以上 あります。

閑静な住宅街にある アットホームな雰囲気 の場所です。

傾聴 はもちろん、心理状況分析や助言・回復支援 も行ないます。

※お客様の秘密は厳守いたします。
※本人のご家族からのご相談も歓迎いたします。
※当カウンセリングルームは『完全予約制』となっております。

※各コース間の変更は可能です。
 初回は時間単価コース、2回目以降は6回コース、といった選択をお勧めしております。

●時間単価コース:
  面談カウンセリング(15分当り) :2,000円
  電話カウンセリング(15分当り)(※1):2,000円
  オンラインカウンセリング(15分当り)(※1※2):2,000円

所要時間は、初回の場合、2時間前後かかることがあります。
お客様より、お時間のご指定もお受けいたします(1時間まで、2時間まで、など)。

●6回コース  :43,000円

1回60分を6回、又は6時間分のコースです。料金は、初回時に全額お支払いください。

●9回コース  :63,000円

1回60分を9回、又は9時間分のコースです。料金は、初回時に全額お支払いください。

●12回コース  :83,000円

1回60分を12回、又は12時間分のコースです。料金は、初回時に全額お支払いください。

●メールカウンセリング(1回)(※1) :2,000円~8,000円

料金は文面の長さやご相談内容によって異なります。お客様よりご相談内容をお送りいただいた後、当方より料金のお見積りをいたします。

●心理分析・カウンセリング報告書 :30,000円

複数回のカウンセリングが必要となります。別途、カウンセリング費用が発生します。
病気の診断はいたしません。心理分析は、当職独自の見解によるものです。
裁判所・役所等の公的機関への提出を目的とした作成はいたしません。

(※1)電話・メール・オンラインカウンセリングは、内容によってはお受けできない場合がございます。

料金は事前にお支払いいただきます。(料金を多くお振込みされた場合、残金は返却いたします)
【お振込み先】三井住友銀行 川崎支店 普通口座5559993 名義人:タカハシヒロシ

(※2)オンラインカウンセリングはZoomを使用します。
    詳しくは→【Zoomオンラインカウンセリングの流れ】をご覧ください。

※匿名希望のお客様は、ご予約時のお名前や、お振込み者名を、ご自由にお決めください。
 健康保険は使えません。また当方のカウンセリングは医療費控除の対象となりません。
 当カウンセリングルームは『完全予約制』となっております。

※キャンセル料(キャンセル料は1週間以内にお振込みください)
・ご予約日の2日前までのキャンセル:0円
・ご予約日の前日のキャンセル:5千円
・ご予約日の当日のキャンセル・無断キャンセル:8千円
・回数コースのキャンセル:残回数×5千円の返金

※ご予約時間に遅刻された場合
・交通機関のトラブルや自然災害などの場合を除き、原則として、ご予約時間から料金が発生いたします。

問い合わせ

○電話: 048-786-2239
○E-MAIL: hiroshi1_takahashi@orange.plala.or.jp
○営業時間: 9時~20時
○休業日: 日曜日及び祝日(但し予約可)
○所在地: 埼玉県桶川市鴨川1丁目10番43号
 地図  (JR桶川駅西口より徒歩8分) 【駐車場あり】

【お問い合わせフォーム】
 メールアドレス(必須)
 ※入力ミスにご注意ください
 お名前
 ご住所
 電話番号
 ご質問・ご相談
   

※お送りいただきました情報は、個人情報保護に関する諸法令及び
 当事務所の個人情報保護規程に基づき、厳重に管理致します。

カウンセリングのご予約は全国どこからでも
 電話番号048-786-2239
 (電話受付時間 9時~20時)
 メールメールによるお問い合わせはこちら
営業地域

電話・メール・オンライン相談は全国対応いたします。

埼玉県、東京都、神奈川県、千葉県、群馬県、茨城県、栃木県

桶川、上尾、北本、伊奈町、川島町、菖蒲町、さいたま市、川越、熊谷、加須、東松山、狭山、鴻巣、久喜、蓮田、坂戸、幸手、入間、鶴ヶ島、ふじみ野、行田、本庄、羽生、深谷、日高、白岡、吉見町、騎西町、宮代町、栗橋町、鷲宮町、吹上町、川里町、毛呂山町、滑川町、寄居町、など。

【リンク集】
 一般社団法人 日本臨床心理士会
 一般社団法人 日本公認心理師協会