紹介文
顔写真

ひきこもり・不登校カウンセリング

画像 ひきこもりや不登校は、何らかの心身の不調があり、そこに、きっかけとなる出来事が重なり、外出や登校ができなくなってしまう、というものです。
本人は、そこから抜け出したいと強く思っているけれども、どうしても行動ができません。
本人やご家族は、どうしたらよいか全くわからないまま、時間だけが過ぎていく場合が多いものです。

ご家族の方々は、本人とどのように接したらよいか、考えてみましょう。
決して、世話を焼きすぎてはいけません。
「あたたかく見守る」という気持ちで本人に接し、時間が解決する、ということを肝に銘じ、日々を過ごしてゆきましょう。

当カウンセリングルームでは、本人の自立のサポートとともに、家族の方々のサポートも行ないます。
本人のカウンセリングでは、必ず本人の同意を得ます。無理やり会うなど、強引な方法はとりません。
ご家族のカウンセリングでは、本人の状況や本人への対応方法を中心にお尋ねし、今後、本人に対してどのように接したらよいか考えてゆきます。
なお、本人のカウンセリングと、ご家族のカウンセリングは、それぞれ別に行ないます。

本人の同意が得られず、本人のカウンセリングが行なえない場合であっても、ご家族の方々のお話しを伺い、ご家族の対応方法を検討することで、本人が良い方向に向かってゆく可能性は十分にあります。
あきらめず、ご相談ください。

ビデオ通話ソフトZoomを利用したオンラインカウンセリングも行っています。遠方に住んでいる方、当カウンセリングルームに来訪するのが不安・困難な方なども、お気軽にご利用ください。→【Zoomオンラインカウンセリングの流れ】

【お問合せ先】
 〒363-0024 埼玉県桶川市鴨川1-10-43 地図
 (9時~20時 日曜祝日休:ただし予約可)
 電話番号048-786-2239  メールメールはこちら

目次
ひきこもり・不登校となる理由
具体的な不登校・ひきこもりへの対応
不登校となってしまった子どもたちへ
就労に向けての相談機関
ひきこもり・不登校の長期化
不登校からの立ち直りのステップ
当カウンセリングルームの4つの特徴
カウンセリング料金
お問い合わせ

ひきこもり・不登校の理由はさまざまですが、時代により、ひきこもり・不登校となる理由も変わってきます。
主な理由を以下に示しますが、ひきこもり・不登校の理由はこれらに限られるものではありません。

いじめ

ちょっとした人間関係のトラブルから、無視、集団での暴力など、あらゆる心理的・身体的ないじめにより、心身の不調と人間不信に陥ってしまいます。耐えるべき負荷と、耐えるべきではない負荷を見極め、それぞれの状況において適切な対処が必要となります。安心できる環境で心身の休養をすることも大切です。

母子の分離不安

主に、幼稚園児、保育園児、小学校低学年の児童に見られるの不登校の理由です。

自己万能感の脅威

「何でもできる自分」が全てで、「がんばってもできない自分」を受け入れられない状態になり、ひきこもり・不登校になることです。

回避反応

抑うつ不安

父親の不在(父権の喪失)

父親が家庭におらず、父親の家庭における権威を喪失することによって、本来の父親の役割であった「子どもの自我の社会化」が育たず、ひきこもり・不登校になることでです。

家族内の問題

両親の不和や離婚問題、父親のリストラなど、家庭内に問題が起きている場合に、子どもが不登校になることで、家族全体が一致団結して不登校に対峙するようになり、家族内の空気の流れが変わります。子どもが家族問題を引き受けているという状態です。

意欲の低下

学業をすること・就職して働くことの価値・意欲が低下し、「学校や職場へ行く意味」が見えなくなり、積極的に学校や職場へ向かわせる力が弱まり、その結果として、ひきこもり・不登校になることです。

生活意識の変化

個人意識(自意識)や欲求が強まる一方、集団行動が苦手となり、ひきこもり・不登校になることです。

性格・気質によるもの

日本人の2割は、非常に敏感に物事を感じ取る気質(HSP:Highly Sensitive Person)を持っています。このような人は、他人の気持ちや体調・行動の変化を敏感に感じとってしまうため、ひどく疲れてしまいます。
そのため、気力・体力が持たず、ひきこもり・不登校になってしまいます。
なお、敏感気質(HSP)については、敏感気質(HSP)の解説のページで解説しています。

ひきこもりや不登校になった時の負荷を探る(学校、職場、家庭、内面など)

何らかの負荷が見つかるかもしれませんが、それを必ずしも原因とはみなさないことが大切です。
負荷には、耐えるべき(乗り越えられる)負荷と、耐える必要のない負荷があります。
耐える必要のない負荷は取り除く必要がありますが、全ての負荷を取り除く必要はなく、何らかの負荷を減らすことで、ひきこもりや不登校から抜けられることもあります。

試行錯誤を応援する

将来何になりたいのか、どう生きたいのか、自分は何をやりたいのか、などを周囲の人と一緒に考えてみましょう。そして、小さな目標を作って、まずはそこまでやってみよう、といった取り組みをしてみましょう。ただし無理は禁物です。

他の道を探す

フリースクールや通信制高校、高卒認定試験など、今の学校以外の道を探すことも考えられます。
また、正社員になる道だけでなく、アルバイトや派遣社員などから始めることも考えてみましょう。

安心して家に居られるようにする

人間は社会的な動物ですから、外の世界に惹かれます。
そのため、まずは安心して家に居られるようにして、外の世界に出るための力をつけることが大切です。

学校の先生に家庭訪問をお願いする

学校を休んでいても、見捨ててはいないというサインを出し続けることが必要です。そのために、学校の先生に家庭訪問をお願いしてみましょう。
学校の先生が家庭訪問するときには、
 ・いつ訪問するかを本人に必ず連絡する。
 ・本人と無理に会わない。
 ・定期的に訪問する。
 ・なぜ休んでいるのか、学校へ来たらどうか、みんなが心配している、といったことは言わない。
 ・顔を見られて良かった、何かできそうなことがあればいって欲しい、といった声掛けのみする。
といった点に気を付けましょう。

部屋の掃除、料理など、身近でできることをする

自分の部屋の掃除や、料理をするなど、ごく身近でできることをやってみましょう。これらは、体を動かすことを覚え、様々なことを同時並行して考える訓練になります。
そうすることで、徐々に外の世界にも関心が持てるようになってゆきます。

周囲の人が、ひきこもりの人の良いところをほめる

ひきこもりになっている人は、自分に自信がなくなっていることが多くあります。そこで、ひきこもりの人の良いところを探し、周囲の人がほめてあげましょう。
また、ほめた内容や、ほめたことで本人に何か変化があったか、その他に気づいたことなどを、記録に残しましょう。

※当カウンセリングルームでは、不登校・ひきこもりが完全に克服できることを保証いたしておりません。

何らかの心身の不調があり、何らかのきっかけとなる出来事が重なって、だんだんと学校を休みがちになり、やがて不登校となってしまうことがあります。
あるいは、全く原因はわからないけれども、なんとなく学校に行きたくなくなり、やがて不登校となってしまうこともあります。

不登校となってしまったことに、罪悪感を持ったり、学校に行けない自分を責めていませんか?
学校に行けないこと、学校に行かないことには、何の罪もありません。
けれども、親や周囲の人たちは、学校に行って欲しいと思っていることでしょう。
そのような親や周囲の人たちの思いが、さらに子どもたちを追い詰めているかもしれません。
世界は広いのです。学校が全てではありません。

まずは、安心できる人や場所を探しましょう。
家が安心できない子どもたちもいるでしょう。
そんなときは、安心できる人に話してみましょう。

そして、時間をかけて、心と身体を休めましょう。
すると、少しずつ、少しずつ、体が楽になって、気力が出てきます。

そうしたら、少しずつ、少しずつ、これからのことを考えてみましょう。
何か自分の好きなことをしてみると、新たな発見があるかもしれません。
勉強をするのも良いでしょう。学校でなくても勉強はできます。
新たな自分を作ってゆきましょう。

一般就労の支援機関として
 ・地域若者サポートステーション
 ・ひきこもり地域支援センター
 ・ハローワーク(ヤングハローワーク)
などがあります。
一般就労が困難な場合は、福祉的就労又は障害者雇用を検討します。
 ・就労移行支援事業所
 ・就労継続支援事業所(A型、B型)
 ・障害者相談支援事業所
 ・障害者職業センター
 ・ハローワーク(障害者相談窓口)
などがあります。

理解者が存在し、安心・安全な環境で休息することで、本人の体力・心的エネルギーが回復し、改善の傾向が見えてきます。
内閣府の調査によりますと、半数程度は、数か月から数年でひきこもり・不登校が改善されています。
一方で、5年以上の長期にわたり、ひきこもり・不登校が続くこともあります。

家の中では落ち着ついていて、家族などの身内とは普通に接することはできるのに、外出できなかったり、身内以外の人と接することを避けたり、就労できない場合は、
 ・本人の性格やこれまでの辛い出来事により、対人不安、対人疲労、集団恐怖が強く、改善されていない
 ・精神的な障害の存在
などが考えられます。
これまでの状況を振り返り、ひきこもり・不登校を続けざるを得ない事情を把握し、地道に対応を考えてゆくことが必要となります。

※「子どものための精神医学」 滝川一廣 医学書院 より抜粋。

1.家の中で子どもの気持ちが安定してきている。
2.家族の気持ちも安定してきている。
3.学校も子どもに関心を持ちつつ見守ってくれている。
4.子どもの生活にリズムが出てくる。
5.子どもの生活リズムと家庭の生活リズムの波長があってくる。
6.子どもが家の中で能動感をもってやれること、楽しめることを見つけている。
7.遊びや趣味を楽しむだけでなく、ちょっとした家の用事や手伝いもするようになる。
8.子どもの興味や関心が、家の外の世界にも伸び始める。
9.これからどうしたいのか、学校をどうするか、将来の方向、といったテーマについても、子どもが自分なりに考えてみたり、話しあったりできるようになってくる。
10.子どもや家庭が、先の見通しが開けつつある実感を持ち始める。
11.先の見通しに向けての具体的な現実模索が始まる。

画像 画像

当カウンセラーは 心理カウンセリング法律 の専門家です。

地元で開業し、業務歴が15年以上 あります。

閑静な住宅街にある アットホームな雰囲気 の場所です。

傾聴 はもちろん、心理状況分析や助言・回復支援 も行ないます。

※お客様の秘密は厳守いたします。
※本人のご家族からのご相談も歓迎いたします。
※当カウンセリングルームは『完全予約制』となっております。

※各コース間の変更は可能です。
 初回は時間単価コース、2回目以降は6回コース、といった選択をお勧めしております。

●時間単価コース:
  面談カウンセリング(15分当り) :2,000円
  電話カウンセリング(15分当り)(※1):2,000円
  オンラインカウンセリング(15分当り)(※1※2):2,000円

所要時間は、初回の場合、2時間前後かかることがあります。
お客様より、お時間のご指定もお受けいたします(1時間まで、2時間まで、など)。

●6回コース  :43,000円

1回60分を6回、又は6時間分のコースです。料金は、初回時に全額お支払いください。

●9回コース  :63,000円

1回60分を9回、又は9時間分のコースです。料金は、初回時に全額お支払いください。

●12回コース  :83,000円

1回60分を12回、又は12時間分のコースです。料金は、初回時に全額お支払いください。

●メールカウンセリング(1回)(※1) :2,000円~8,000円

料金は文面の長さやご相談内容によって異なります。お客様よりご相談内容をお送りいただいた後、当方より料金のお見積りをいたします。

●心理分析・カウンセリング報告書 :30,000円

複数回のカウンセリングが必要となります。別途、カウンセリング費用が発生します。
病気の診断はいたしません。心理分析は、当職独自の見解によるものです。
裁判所・役所等の公的機関への提出を目的とした作成はいたしません。

(※1)電話・メール・オンラインカウンセリングは、内容によってはお受けできない場合がございます。

料金は事前にお支払いいただきます。(料金を多くお振込みされた場合、残金は返却いたします)
【お振込み先】三井住友銀行 川崎支店 普通口座5559993 名義人:タカハシヒロシ

(※2)オンラインカウンセリングはZoomを使用します。
    詳しくは→【Zoomオンラインカウンセリングの流れ】をご覧ください。

※匿名希望のお客様は、ご予約時のお名前や、お振込み者名を、ご自由にお決めください。
 健康保険は使えません。また当方のカウンセリングは医療費控除の対象となりません。
 当カウンセリングルームは『完全予約制』となっております。

※キャンセル料(キャンセル料は1週間以内にお振込みください)
・ご予約日の2日前までのキャンセル:0円
・ご予約日の前日のキャンセル:5千円
・ご予約日の当日のキャンセル・無断キャンセル:8千円
・回数コースのキャンセル:残回数×5千円の返金

※ご予約時間に遅刻された場合
・交通機関のトラブルや自然災害などの場合を除き、原則として、ご予約時間から料金が発生いたします。

問い合わせ

○電話: 048-786-2239
○E-MAIL: hiroshi1_takahashi@orange.plala.or.jp
○営業時間: 9時~20時
○休業日: 日曜日及び祝日(但し予約可)
○所在地: 埼玉県桶川市鴨川1丁目10番43号
 地図  (JR桶川駅西口より徒歩8分) 【駐車場あり】

【お問い合わせフォーム】
 メールアドレス(必須)
 ※入力ミスにご注意ください
 お名前
 ご住所
 電話番号
 ご質問・ご相談
   

※お送りいただきました情報は、個人情報保護に関する諸法令及び
 当事務所の個人情報保護規程に基づき、厳重に管理致します。

カウンセリングのご予約は全国どこからでも
 電話番号048-786-2239
 (電話受付時間 9時~20時)
 メールメールによるお問い合わせはこちら
営業地域

電話・メール・オンライン相談は全国対応いたします。

埼玉県、東京都、神奈川県、千葉県、群馬県、茨城県、栃木県

桶川、上尾、北本、伊奈町、川島町、菖蒲町、さいたま市、川越、熊谷、加須、東松山、狭山、鴻巣、久喜、蓮田、坂戸、幸手、入間、鶴ヶ島、ふじみ野、行田、本庄、羽生、深谷、日高、白岡、吉見町、騎西町、宮代町、栗橋町、鷲宮町、吹上町、川里町、毛呂山町、滑川町、寄居町、など。

【リンク集】
 一般社団法人 日本臨床心理士会
 一般社団法人 日本公認心理師協会