紹介文
顔写真

メンタルトレーニング

画像 とても重要な勝負を決める場面や、重要なプレゼンテーション、試験など、ここ一番で実力を発揮しなければならない場面で、プレッシャーはつきものです。

当カウンセリングルームでは、プレッシャーに強くなるためのメンタルトレーニングを行なっています。

ビデオ通話ソフトZoomを利用したオンラインカウンセリングも行っています。遠方に住んでいる方、当カウンセリングルームに来訪するのが不安・困難な方なども、お気軽にご利用ください。→【Zoomオンラインカウンセリングの流れ】

【お問合せ先】
 〒363-0024 埼玉県桶川市鴨川1-10-43 地図
 (9時~20時 日曜祝日休:ただし予約可)
 電話番号048-786-2239  メールメールはこちら

目次
プレッシャーについて
4つの心理的エネルギー状態
自分のベストを引き出す心理状態にする手順
格言
当カウンセリングルームの4つの特徴
カウンセリング料金
お問い合わせ

プレッシャーは誰にでも生じますが、プレッシャーに強い人とプレッシャーに弱い人には、それぞれ特徴があります。
プレッシャーに強くなるためには、メンタルトレーニングが必要不可欠ですが、多くの人は、メンタルトレーニングの必要性・重要性を理解していません。

プレッシャーは、克服しようとするものではなく、プレッシャーがかかる状況を楽しもうとする感覚を身につけることが重要です。
そのためには、「失敗したときのイメージ」ではなく、「成功したときのイメージ」「楽しいイメージ」を作ることが必要不可欠です。

そして、プレッシャーがかかる状況にうまく対応するために、「現在の心理状態から、別の特定の心理状態に移行することができるようになる」ことが必要であり、その方法を理解し、移行できるよう訓練する必要があります。

プレッシャーに対応できるような心理状態に移行するためには、現在、自分がどの心理的エネルギー状態にあるかを知ることが必要です。 つまり、心理状態をコントロールするためには、現在の心理状態を把握している必要があります。
心理的エネルギー状態には、以下の4つがあります。

※以下は、「ビジネスマンのためのメンタル・タフネス」 ジム・レーヤー(著) TBSブリタニカ
 より抜粋しています。

ロー・ポジティブ

筋肉の緊張がなく、エネルギーは少ない、リラックス・落ち着いていて、穏やかで受容力がある状態。
潜在能力の25パーセント程度の力が出せる。
この状態に適したスポーツとしては、アーチェリー、ボーリング、バスケットボールのフリースロー、サッカーのPK、ゴルフ、野球、フェンシング、テニス、など。

ロー・ネガティブ

筋肉が緊張していて、エネルギーは少ない、イライラ、うんざり、退屈、無関心、焦り、燃え尽き、あきらめた状態。
行動の前には、必ずロー・ネガティブ状態から抜け出す必要があり、この状態を抜け出さないかぎり、何をしても台無しになってしまう。
潜在能力の10パーセント程度の力が出せる。

ハイ・ネガティブ

筋肉が緊張していて、エネルギーがあり、立ち向かう準備ができている、アドレナリンの急増、不安、恐れ、怒り、萎縮した状態。
潜在能力の65パーセント程度の力が出せる。

ハイ・ポジティブ

筋肉の緊張がなく、エネルギーにあふれ、行動自体を楽しむ余裕がありエネルギッシュ、活気があり、チャレンジ精神旺盛で興奮した状態。
集中していて、周りの状況がよく把握でき、意欲にあふれている。
潜在能力の85~90パーセント程度の力が出せる。
この状態に適したスポーツとしては、ラクビ―、短距離走、長距離走、腕立て伏せ、ベンチプレス、走り幅跳び、レスリング、柔道、サッカー、体操、など。

1.現在の心理状態を査定する

自分が現在、上記の4つの心理的エネルギー状態のいずれにあるかを把握します。

2.心理状態をコントロールする方策を実行する

現在の心理的エネルギー状態から、必要とする心理的エネルギー状態へと移行するための方策を実行します。
モチベーション、動機づけ、視覚化、エクササイズ、食事療法、呼吸コントロール、ユーモア、癖 などを用います。

3.ポジティブでエネルキーにあふりた心理状態になったと感じる

ベストを出し切ることができていることを実感します。

「あきらめるより、萎縮するほうがマシである。萎縮する、すなわち、まだそこにいるということは、戦っている、なおも気にかけている、リスクを負っているという意味なのです。」

まずは、あきらめる(引き下がる)のをやめること。
引き下がるのをやめた時、はじめて萎縮する。
出来事にいかに反応するかは、その出来事がどういうものかというより、むしろ、それを自分がどう感じているかによるところが遥かに大きい。

画像 画像

当カウンセラーは 心理カウンセリング法律 の専門家です。

地元で開業し、業務歴が15年以上 あります。

閑静な住宅街にある アットホームな雰囲気 の場所です。

傾聴 はもちろん、心理状況分析や助言・回復支援 も行ないます。

※お客様の秘密は厳守いたします。
※本人のご家族からのご相談も歓迎いたします。
※当カウンセリングルームは『完全予約制』となっております。

※各コース間の変更は可能です。
 初回は時間単価コース、2回目以降は6回コース、といった選択をお勧めしております。

●時間単価コース:
  面談カウンセリング(15分当り) :2,000円
  電話カウンセリング(15分当り)(※1):2,000円
  オンラインカウンセリング(15分当り)(※1※2):2,000円

所要時間は、初回の場合、2時間前後かかることがあります。
お客様より、お時間のご指定もお受けいたします(1時間まで、2時間まで、など)。

●6回コース  :43,000円

1回60分を6回、又は6時間分のコースです。料金は、初回時に全額お支払いください。

●9回コース  :63,000円

1回60分を9回、又は9時間分のコースです。料金は、初回時に全額お支払いください。

●12回コース  :83,000円

1回60分を12回、又は12時間分のコースです。料金は、初回時に全額お支払いください。

●メールカウンセリング(1回)(※1) :2,000円~8,000円

料金は文面の長さやご相談内容によって異なります。お客様よりご相談内容をお送りいただいた後、当方より料金のお見積りをいたします。

●心理分析・カウンセリング報告書 :30,000円

複数回のカウンセリングが必要となります。別途、カウンセリング費用が発生します。
病気の診断はいたしません。心理分析は、当職独自の見解によるものです。
裁判所・役所等の公的機関への提出を目的とした作成はいたしません。

(※1)電話・メール・オンラインカウンセリングは、内容によってはお受けできない場合がございます。

料金は事前にお支払いいただきます。(料金を多くお振込みされた場合、残金は返却いたします)
【お振込み先】三井住友銀行 川崎支店 普通口座5559993 名義人:タカハシヒロシ

(※2)オンラインカウンセリングはZoomを使用します。
    詳しくは→【Zoomオンラインカウンセリングの流れ】をご覧ください。

※匿名希望のお客様は、ご予約時のお名前や、お振込み者名を、ご自由にお決めください。
 健康保険は使えません。また当方のカウンセリングは医療費控除の対象となりません。
 当カウンセリングルームは『完全予約制』となっております。

※キャンセル料(キャンセル料は1週間以内にお振込みください)
・ご予約日の2日前までのキャンセル:0円
・ご予約日の前日のキャンセル:5千円
・ご予約日の当日のキャンセル・無断キャンセル:8千円
・回数コースのキャンセル:残回数×5千円の返金

※ご予約時間に遅刻された場合
・交通機関のトラブルや自然災害などの場合を除き、原則として、ご予約時間から料金が発生いたします。

問い合わせ

○電話: 048-786-2239
○E-MAIL: hiroshi1_takahashi@orange.plala.or.jp
○営業時間: 9時~20時
○休業日: 日曜日及び祝日(但し予約可)
○所在地: 埼玉県桶川市鴨川1丁目10番43号
 地図  (JR桶川駅西口より徒歩8分) 【駐車場あり】

【お問い合わせフォーム】
 メールアドレス(必須)
 ※入力ミスにご注意ください
 お名前
 ご住所
 電話番号
 ご質問・ご相談
   

※お送りいただきました情報は、個人情報保護に関する諸法令及び
 当事務所の個人情報保護規程に基づき、厳重に管理致します。

カウンセリングのご予約は全国どこからでも
 電話番号048-786-2239
 (電話受付時間 9時~20時)
 メールメールによるお問い合わせはこちら
営業地域

電話・メール・オンライン相談は全国対応いたします。

埼玉県、東京都、神奈川県、千葉県、群馬県、茨城県、栃木県

桶川、上尾、北本、伊奈町、川島町、菖蒲町、さいたま市、川越、熊谷、加須、東松山、狭山、鴻巣、久喜、蓮田、坂戸、幸手、入間、鶴ヶ島、ふじみ野、行田、本庄、羽生、深谷、日高、白岡、吉見町、騎西町、宮代町、栗橋町、鷲宮町、吹上町、川里町、毛呂山町、滑川町、寄居町、など。

【リンク集】
 一般社団法人 日本臨床心理士会
 一般社団法人 日本公認心理師協会