紹介文
顔写真

盗撮、痴漢、のぞき、下着窃盗などの性犯罪の加害者カウンセリング

埼玉桶川カウンセリングルームは、盗撮や痴漢などの性犯罪の心理臨床と法律知識に精通し、20年以上の経験と数百件の相談実績があります。心理臨床と法律の専門家が、お客様に寄り添い、親身になってサポートいたします。

犯罪を行なうと刑罰を受けます。
それは、刑罰によって、その後の犯罪の抑止・防止の効果があるとされているからです。
しかし、痴漢、盗撮、のぞき、下着窃盗、公然わいせつなどの性犯罪は、繰り返されることも多くあります。そのため刑罰による抑止だけでは限界があり、カウンセリングや治療を行なう必要があります。

当カウンセリングルームでは、性犯罪の加害者カウンセリングを行なっています。
お一人お一人の実情や生育環境に合わせたカウンセリングメニューを作成し、一対一でのきめ細かな対応をいたします。

また、加害者や被害者の家族は、誰にも言えず、誰にも相談できず、孤立しています。このような加害者や被害者家族のカウンセリングも行なっています。

※性犯罪カウンセリングをお受けになるお客様へ。
・犯罪を本気でやめたい、自分は変わらなければならない、と心の底から思うことが必要です。
・ご自身の内面や感情と向き合う必要があります。これまで持っていた信念や考え方、価値観を否定することを受け入れることも必要です。

※カウンセリング中の聞き取りで犯罪の事実が明らかとなっても、警察署等への通報はいたしませんのでご安心ください。

【お問合せ先】
 〒363-0024
  埼玉県桶川市鴨川1-10-43 地図
  (9時~20時 日曜祝日休み)
 電話番号048-786-2239  メールメール

目次
性犯罪とは
性犯罪の原因
性犯罪者の心的傾向
性犯罪加害者のカウンセリング・治療
性犯罪の本質
性犯罪の原因・治療についての考察
心理カウンセリングについて
心の回復、心理療法の本質
当カウンセリングルームの4つの特徴
カウンセリング料金
お問い合わせ

性犯罪とは、盗撮、痴漢、のぞき、下着窃盗、公然わいせつなど、性的な対象を目的として行う犯罪のことです。
性犯罪は、性的興味から盗撮や痴漢をするほかに、ドキドキ感やスリル感、達成感を味わうために行う、という特徴があります。
盗撮は盗撮癖や窃視症、痴漢は接触症とも呼ばれています。
盗撮については、「性的な姿態を撮影する行為等の処罰及び押収物に記録された性的な姿態の影像に係る電磁的記録の消去等に関する法律(性的姿態撮影等処罰法・撮影罪)」が制定され、従来の都道府県条例違反よりも、より厳罰化されています。

盗撮や痴漢などの性犯罪は反社会的行動であるため、社会的制裁(懲役・禁固刑、拘禁刑、罰金刑)を受け、ある程度はそれら制裁によって抑止することができますが、制裁による更生が期待できないことも多くあります。盗撮や痴漢などの性犯罪は、制裁だけではなく、心理面の治療も必要となります。

犯罪を行なうと、刑罰という社会的制裁を受けます。すると、その後の犯罪抑止が期待できます。
しかし、性犯罪は繰り返されることも多く、刑罰による抑止だけでは限界があります。
性犯罪を繰り返す原因としては、以下が考えられます。

現実やストレスからの逃避

以下のような性格の人は、ストレス耐性が弱いため、現実逃避をすることでストレスを和らげようとします。

・感情表現が苦手な人
・不安を感じやすい人
・抑うつ傾向が強い人(気分が落ち込みやすい人)
・強迫的な傾向が強い人(こだわりが強い人)
・対人感受性が強い人(人間関係に敏感な人)

空虚感、孤独感、愛情不足

生きている実感がない、コンプレックスや劣等感を常に持っている、空虚感・孤独感が強い、親からの愛情が不足している、などの人は、 自分自身が持っている問題を、自分自身で抱えきれなくなっています。このような時に刺激を求める(性犯罪を行う)と、一時的ではあっても、これらの問題から逃れることができます。この、「刺激により問題から逃れること」を繰り返し求めることで、性犯罪を繰り返してしまいます。
また、自分自身の存在価値や、力(権力)・自信・魅力・愛情を得たいがために、刺激を追い求め続けることで、性犯罪を繰り返してしまうこともあります。
さらに、何も予定がなく、時間が空いた時に、「自分がブラックホールに吸い込まれるような感覚」や「空っぽでこの世から消えてゆく感覚」などが生じてしまい、 そのような感覚から自分自身を取り戻すために、あえて刺激を求め続けることで、依存症に陥ってしまうこともあります。

過去のトラウマ、強く抑圧された環境

過去に、親や家族、親戚などの身内から暴力・暴言・虐待を受けた、厳しいしつけをされた、学校でひどいいじめを受けた、 その他衝撃的な出来事があった、などの過去のトラウマを癒やすため、あるいは、それらの記憶から逃れるため、刺激を求める(性犯罪を行う)と、一時的ではあっても、これらを忘れることができます。 この、「刺激により不快な記憶から逃れること」を繰り返し求めることで、性犯罪を繰り返してしまいます。

性犯罪者には、次のような心理的傾向があります。

・遅延価値割引傾向(目の前の小さな利益と、少し先の大きな利益があった場合に、目の前の小さな利益を選んでしまう)
・自己制御力の弱さ
・衝動的
・感情コントロールの弱さ
・自己中心性(人命の軽視、暴力の肯定)
・共感性の乏しさ(残忍性、冷酷性、自分の痛みには敏感である一方他人の痛みには鈍感、被害者意識が強い)
・愛情や信頼に基づいた深い関係を築けず、心理的に孤立
・トラブルに対して適切な対処能力がない
・趣味や打ち込めるものがない

「仕事のストレスがあったので痴漢・盗撮をした」などという発言を良く聞きます。

ストレスが引き金となることは確かですが、多くの人は、ストレスがあっても犯罪行為はしません

犯罪を犯さないためには、
「痴漢・盗撮をすることでストレスが解消できるだろう」
「痴漢・盗撮をしても見つからなければよい」
「女性は嫌がっていない」
「過去に痴漢・盗撮をしてストレスが解消できた」
などの、ストレスや犯罪行為に対する認知を変える必要があります。

当カウンセリングルームでは、犯罪加害者お一人お一人の実情や生育環境に合わせたカウンセリングメニューを作成し、一対一でのきめ細かな対応により、性犯罪の改善をはかります。
性犯罪を克服・治療するには、例えば以下のような方法があります。

性犯罪を克服・治療する方法の一例(コーピング)

(1)犯罪の引き金となる物・出来事・場所などを特定する

ある物を見ると犯罪を思い出す、特定の場所に行くと犯罪を思い出す、といった、犯罪の引き金となるものを特定します。

(2)引き金の対処策を見つける

上記で特定した物・出来事・場所などに接しないよう、対処策を見つけます。
例えば、
・物を捨てる、行動を回避する、その場所に行かない。
・暇な時間を作らないよう、仕事や趣味をする。
・認知を変える、気持ちを切り替える、マインドフルネス・コーピングを行なう。
  ※「認知を変える」については  ⇒『認知行動療法』 をご覧ください。
  ※「気持ちを切り替える・マインドフルネス・コーピング」については
                  ⇒『ストレス対策』 をご覧ください。

(3)対処策を実行する

それぞれに適した対処策を実行し、振り返り、再度対処策を考え、実行する、ということを繰り返します。

※当カウンセリングルームでは、盗撮・痴漢などの性犯罪が完全に克服できることを保証しておりません。

※以下は 「性暴力の理解と治療教育」 藤岡淳子(著) 誠信書房 より抜粋しています。

痴漢、盗撮、強姦、性器露出、のぞき、強制わいせつ、などの性犯罪は、性的な欲求による、というよりは、攻撃、支配、優越感、男性性の誇示、甘え、接触欲求、依存、などの欲求を、性という手段・行動を通じて、自己中心的に充足させようとする犯罪です。つまり、性犯罪につながるような欲求の本質は、性的欲求以外の欲求です。
また性犯罪は、性的なファンタジー(空想、幻想)であり、刹那的(あと先を考えず、今この瞬間だけを充実させて生きようとするさま)な欲求充足体験にすぎず、現実が直視できず、現実を実感したくないために犯す出来事にすぎないのです。

性犯罪者の思考の背景としては、
・性犯罪を合理化する認知の歪み
・生育環境によって積み重ねられてきた感情の抑圧あるいは麻痺
・ゼロが百かといった不安定に反転する自己評価
・調整が苦手で一方的になりがちな対人関係
・自分の気持ちや考えをありのままに表現し認められる体験の少なさ
などがあります。

性犯罪者の一事例

比較的勉強ができ、普通の家族がいて、一見、特に問題はなさそうに感じるが、インターネットやアニメ、ビデオといったメディアを介して性的刺激を求め、マスターベーションにふけっており、生活と頭の中は「セックス」でいっぱいになっている。
逮捕されると、後悔していて、被害者に申し訳ないと謝罪の言葉を述べるが、「被害者はいやがっていなかった」と本気で考えている。

生活の詳細としては、敷かれたレールからあまりはみ出ることなく、反抗することもなく、言われた通りに勉強し、一見、ストレスも感じていない様子であるが、生きている実感に乏しい。生活の幅や経験も非常に限られている。頭でっかちで、素直で率直な感情表現はほとんど見られない。友だちは少なめで、彼女や妻がいることもある。日頃はあまり自己主張はしない。
しかし、ときどき一方的な自己主張をし、それが通らないと非常に不満を持つ。適切なところで妥協することは苦手。自己評価は、「自分はすごい」と「自分は全くだめ」の間で反転する。
日頃は、結構やれると思っていて、得意な分野では張り切る。しかし、苦手なことは徹底して避け、やってみようとさえしない。避けきれず、あるいは予期せず失敗するとへこんでしまうが、へこんでいることを人に悟られるのはプライドが許さない。
一人で自分の思い通りになる性的ファンタジーとマスターベーションによる興奮に逃げ、それにふけっている。

親は、多くの場合「まとも」で、被害者への謝罪や被害弁償を口にする。衣食住には困っていない。
しかし、何らかの理由で、幼い頃から子供の自由な感情表現、特に怒りや不安、寂しさといった否定的な感情の表現や自己主張は抑えている。
例えば、家庭内の何らかの事情により、子供は「わがままを言わない」、「良い子でいる」。親はそうした子供を「問題ない」と見る。親子間では、気持ちのやり取りや、お互いの欲求調整、生身でのぶつかり合いがあまり行われていない。
子供は親に対して、ありのままに気持ちを表現しても受け入れられないと感じているため、子供は気持ちを表現をしなくなり、表現しないことによって、親はますます子供の気持ちや感情に気づかなくなる。特に父親は、冷たく拒否的であったり無関心、存在感が薄いことが多い。そのことが子供にとって男性としての自信のなさにもつながる。

親としては、かわいがっていないというわけではなく、逆に子供の欲求をそのまま通してしまっていることも多い。過保護で、子供に手を汚させず、子供自身に尻拭いをさせない。子供は、生活能力や生活実感に乏しく、自分の視点からしか物を見ることが難しい「僕ちゃん」のままで、身体だけ大きくなっている。
そのため、失敗したときに、そこから生じる否定的感情や否定的自己評価に持ちこたえられず、自分に都合の良い独善的な思考を発展させ、メディアの助けを借りて密かに性的ファンタジーにふけり、ついには性犯罪行動を起こす。
その行動化がうまくいっているとき(捕まらないとき)は、ドキドキ、ワクワクして、初めて「生きている実感」や手ごたえを体験している。そして、「まずい」と思っても、やめられなくなる。

性犯罪行動がうまくいった時、つまり捕まらずに目的を達成した経験が多ければ多いほど、自分のみじめさや問題に目を向けずに、力がみなぎる感じがより強固になるため、たとえ捕まったとしても、その後、少し嫌なことがあれば、すぐに以前使っていた「気晴らし」に逃げ込む癖がついている。
意に沿わない状況、ストレスの多い状況では、性的ファンタジーを頭に浮かべて現実をやり過ごしたり、犯行を思い出してマスターベーションをするといった対処を続ける。

盗撮、痴漢、のぞき、下着窃盗、などの問題に対する原因や治療について、以下検討しています。

※以下の考察は 「子どもの感情コントロールと心理臨床」 大河原美以(著) 日本評論社 を参考にしています。

脳内物質ノルアドレナリン、ドーパミン、セロトニン

ノルアドレナリンは、戦闘体制、ストレス状態、不安、恐怖、感情を担っています。
ドーパミンにより、快楽、報酬が得られます。
セロトニンは、心のバランスを整え、脳全体をコントロールし、ノルアドレナリンとドーパミン神経の興奮や暴走を静めます。

よって、犯罪行為・ストレス・執着・怒りにかかわる脳内物質であるノルアドレナリンや、快楽にかかわる脳内物質であるドーパミンは、脳内物質セロトニンによって制御することができ、このセロトニンを増やすには、例えば、
・人や動物などの生き物と触れ合う
・笑いや感動をする
・涙を流す
・軽い運動をする
・日光浴をする
・規則正しい食事や睡眠をとる
などの行動が良いとされており、各種の犯罪を制御する方法としても利用することができます。

幼少期の生育環境

幼少期に虐待・体罰を受けると、攻撃的、衝動的、落ち着きがない、かんしゃく、問題行動、暴言、きれる、パニック、などの過覚醒反応が生じます。
一方、親が良い子を求める子育てをしたり、子の過覚醒反応に対する叱責をすると、子は幼少期に、感情をフリーズさせる、怖くない、寂しくない、泣かない、おりこうさん、がんばる、など、心と身体感覚を分離して良い子としてふるまってしまうという、解離反応が生じます。
また、親自身のトラウマや、親自身がその親から受けた虐待の影響によって、親がネガティブ感情に触れることを恐れて、親が子を過度にあまやかしたり、子を叱れなかったり、子の欲求を全て満たしてしまう、などの行為によって、子に解離反応が生じる場合もあります。

このように幼少期の生育環境により、過覚醒反応や解離反応が生じてしまい、心(感情や思考)と体(身体感覚や痛み感覚)の不一致により、結果として感情制御力が育たず、大人になって様々な問題となって現れることがあります。 例えば、不快感情が生じた時に、感情制御力が弱いため、犯罪行為によって感情を解消する方法を覚えてしまうと、その行為が習慣化してしまい、将来の依存につながります。その他、抑うつ、不安、低い自己価値、自殺、自己破壊行動、などが現れることもあり、痴漢、のぞき、盗撮、窃盗、万引き、ストーカー行為、などにつながります。

幼少期の生育環境の問題に対処するには、自身の不快感情・負情動・負の身体感覚などを承認し、不快感情を自己に統合することが必要となります。

当カウンセリングルームでは、お話しをじっくりとお伺いし、不安な気持ちや、怒り、悲しみなどの感情を十分に吐き出せるよう、話しやすい環境づくりを心がけています

問題や内容によっては、思考を広げるお手伝いをしたり、問題の受け止め方を変えたり、新たな考え方を持てるよう、状況によってさまざまな検討を行ないます。
また場合によっては、アドバイス・助言をしたり、現在の心理状況を考えてみる、といったことも行ないます。

なお、強引に考え方を改めさせるとか、強制するといったことは一切ありませんのでご安心ください。ご自身の気持ちや考え方を整理し、自らより良い解決方法を発見したり、自ら気づきを得ることが最も大切なことなのです。

心理カウンセラーは、悩みや問題の背景にある、不安や怒り、悲しみなどの感情を敏感に感じとり、より良い方向に歩き出せるよう、お手伝いをさせていただく職業です。「お客様が主導となって問題を解決してゆくためのサポート役」「心のアドバイザー」「自分自身と向き合うための同伴者」「自己探索の旅の同伴者」なのです。そのため、心理カウンセラーには、場の空気を読んだり、さまざまな状況を把握して適切な対応をする力、共感力、想像力、などが求められます。

人は、他人に指摘されても決して変わることはありません。自ら気づくことで変わるのです。
生きていれば、悩みや問題は必ず発生します。これを人生の宿題として、自己成長・自己洞察の場であると理解します。決して他人が解いてはいけない問題なのです。

カウンセリングや心理療法は、どのような原理で心を回復させるのでしょうか?
カウンセリングや心理療法の本質とは、どのようなものなのでしょうか?

カウンセリングでは、まず、クライアント(お客様)の無意識を、クライアント自身が知る必要があります。
無意識を知ることは、とても困難です。そのためにカウンセラーが必要となります。
クライアントが自ら話すことによる気づき、カウンセラーからの助言、質問、問いかけなど、カウンセラーとの心の共同作業によって、クライアントは無意識を知るようになります。

次に、クライアントが、クライアント自身を知る必要があります。
クライアントが無意識を知ると、クライアントの本当の欲望や関心、不安などを、クライアントが深く理解するようになります。
それまでの、表面的な理解ではなく、本質的な自己の理解が進んでゆきます。

ここで初めて、クライアントの適応的ではない、歪んだ自己像を刷新する準備が整います。
自己の理解が極限まで達した時、自己の変容が起きるのです。
自己像を刷新するのは、とても怖いものです。そのため、カウンセラーとの信頼関係が重要となります。カウンセラーを信頼し、またカウンセラーから信頼されるという環境に身を置くことで、自己像を刷新することが可能となるのです。
信頼関係という、カウンセリング特有の関係性を構築することで、クライアントは安心してカウンセラーに心の奥底をさらけ出し、身をゆだね、承認され、寄り添ってもらい、どんな自分でも受け入れられるという自由な心的環境によって、自己像の刷新が生まれるのです。

このような流れで、クライアントの自己像が刷新され、クライアントの欲望が充足されます。
クライアントは、「自由に生きたい」と「不安を回避したい」という2つの葛藤をかかえています。
「ポジティブな感情」と「ネガティブな感情」がぶつかり合っています。
「不安を回避したい」思いや「ネガティブな感情」は、心の防衛反応であり、心の病の原因にもなります。
これまでの自己のルールを修正することで、新たな生き方を発見し、心は回復してゆくのです。

当カウンセラーは 心理カウンセリング法律 の専門家です。

地元で開業し、業務歴が15年以上 あります。

閑静な住宅街にある アットホームな雰囲気 の場所です。

傾聴 はもちろん、心理状況分析や助言・回復支援 も行ないます。

※お客様の秘密は厳守いたします。
※本人のご家族からのご相談も歓迎いたします。
※カウンセリング中の聞き取りで、犯罪の事実が明らかとなっても、警察署等への通報はいたしませんのでご安心ください。
※当カウンセリングルームは『完全予約制』となっております。

※各コース間の変更は可能です。初回は時間単価コース、2回目以降は6回コース、といった選択をお勧めしております。

●時間単価コース:
 面談カウンセリング(15分当り):2,000円
 電話カウンセリング(15分当り)(※1):2,000円
 オンラインカウンセリング(15分当り)(※1 ※2):2,000円

所要時間は、初回の場合、2時間前後かかることがあります。
お客様より、お時間のご指定もお受けいたします(1時間まで、2時間まで、など)。

●6回コース  :43,000円

1回60分を6回、又は6時間分のコースです。料金は、初回時に全額お支払いください。

●9回コース  :63,000円

1回60分を9回、又は9時間分のコースです。料金は、初回時に全額お支払いください。

●12回コース  :83,000円

1回60分を12回、又は12時間分のコースです。料金は、初回時に全額お支払いください。

●メールカウンセリング(1回)(※1):2,000円~8,000円

料金は文面の長さやご相談内容によって異なります。お客様よりご相談内容をお送りいただいた後、当方より料金のお見積りをいたします。

●心理分析・カウンセリング報告書 :30,000円

複数回のカウンセリングが必要となります。別途、カウンセリング費用が発生します。
病気の診断はいたしません。心理分析は、当職独自の見解によるものです。
裁判所・役所等の公的機関への提出を目的とした作成はいたしません。

●他専門職(弁護士等)への説明・対応 :4,000円(15分当り)

(※1)電話・メール・オンラインカウンセリングの料金は事前にお支払いいただきますが、内容によってはお受けできない場合がございます。(料金を多くお振込みされた場合、残金は返却いたします)
【お振込み先】三井住友銀行 川崎支店 普通口座5559993 名義人:タカハシヒロシ

(※2)オンラインカウンセリングはZoomを使用します。詳しくは→【Zoomオンラインカウンセリングの流れ】をご覧ください。

※裁判手続きへの対応、再犯しないことや治癒の保証、などは行っておりません。

※匿名希望のお客様は、ご予約時のお名前や、お振込み者名を、ご自由にお決めください。

※健康保険は使えません。また当方のカウンセリングは医療費控除の対象となりません。

※当カウンセリングルームは『完全予約制』となっております。

※キャンセル料(キャンセル料は1週間以内にお振込みください)
・ご予約日の2日前までのキャンセル:0円
・ご予約日の前日のキャンセル:2,000円
・ご予約日の当日のキャンセル・無断キャンセル:4,000円
・回数コースのキャンセル:残回数×5千円の返金

※ご予約時間に遅刻された場合
・交通機関のトラブルや自然災害などの場合を除き、原則として、ご予約時間から料金が発生いたします。

問い合わせ

○電話:048-786-2239
○E-MAIL:hiroshi1_takahashi@orange.plala.or.jp
○営業時間:9時~20時
○休業日:日曜日及び祝日(但し予約可)
○所在地:埼玉県桶川市鴨川1-10-43
 地図(JR桶川駅西口より徒歩8分)
    【駐車場あり】

【お問い合わせフォーム】
 メールアドレス(必須)
 ※入力ミスにご注意ください
 お名前
 ご住所
 電話番号
 ご質問・ご相談
   

※お送りいただきました情報は、個人情報保護に関する諸法令及び当事務所の個人情報保護規程に基づき、厳重に管理致します。

お客様からのお電話・メールによる予約
  電話048-786-2239
  メール メール
     矢印
当カウンセリングルームよりお客様へ日時のご連絡
     矢印
面談当日(料金は当日お支払いください)     

カウンセリングのご予約は全国どこからでも
 電話番号048-786-2239

  (電話受付時間 9時~20時)
 メールメールによるお問い合わせ
【営業地域】

電話・メール・オンライン相談は全国対応いたします。

埼玉県、東京都、神奈川県、千葉県、群馬県、茨城県、栃木県

桶川、上尾、北本、伊奈町、川島町、菖蒲町、さいたま市、川越、熊谷、加須、東松山、狭山、鴻巣、久喜、蓮田、坂戸、幸手、入間、鶴ヶ島、ふじみ野、行田、本庄、羽生、深谷、日高、白岡、吉見町、騎西町、宮代町、栗橋町、鷲宮町、吹上町、川里町、毛呂山町、滑川町、寄居町、など。

【リンク集】
 榎本クリニック
 性障害専門医療センターSOMEC
 赤城高原ホスピタル
 久里浜医療センター
 一般社団法人 日本臨床心理士会
 一般社団法人 日本公認心理師協会