紹介文
顔写真

離婚相談の事例集

画像 当事務所にて受任した離婚相談、離婚協議書作成、慰謝料請求、夫婦関係修復などの事例集です。

【お問合せ先】
 〒363-0024 埼玉県桶川市鴨川1-10-43 地図
 (9時〜20時 日曜祝日休:ただし予約可)
  電話番号048-786-2239   メール メールはこちら

相談事例1−浮気による離婚、慰謝料請求

夫(30歳)、妻(28歳)、長男(5歳)、の3人家族。結婚5年。
夫が、1年前くらいから浮気をしている。妻が、夫の携帯電話をこっそりと見て発覚した。離婚するべきか悩んでいる。また、浮気相手に慰謝料を請求したい。

 

浮気が今後も続くことが予想されたため、離婚を決意。
養育費は月3万円、慰謝料は、妻と浮気相手との直接交渉により50万円(一括払い)で解決。
当事務所は、離婚協議書(公正証書)の作成と、内容証明書の作成に関与。

相談事例2−夫のギャンブル癖による離婚

夫(35歳)、妻(32歳)、長女(3歳)、の3人家族。結婚3年。
夫は、結婚前からパチンコが好きで、結婚したらパチンコはやめると言っていたにもかかわらず、妻に内緒でパチンコを続けていた。ある日、消費者金融から夫宛に通知が届き、借金が200万円あることが発覚した。
夫はギャンブルがやめられず、また生活費も入れてくれない状況なので、離婚をしたい。また、夫に対して慰謝料を請求したい。

 

夫婦での話し合いが決裂したため、夫婦の両親を交えた話し合いにより離婚成立。慰謝料請求は諦め、養育費は月2万円となった。
当事務所は、離婚協議書(公正証書)の作成に関与。

相談事例3−夫婦関係の修復

夫(37歳)、妻(38歳)、子なし、夫の両親と同居。結婚10年。
夫婦間で、これまであまり喧嘩をしたことはない。妻は、結婚当初から、夫の性格について何か違和感のようなものを感じていたものの、これまで特に意識することはなかった。
最近になり、夫の言動、趣味などの一つ一つが気になるようになり、夫と顔を会わせるのも嫌になった。離婚をしたほうがよいのかどうか悩んでいる。

 

これまで、夫婦間で本音の話し合いを避けてきたため、喧嘩もしていなかったようであった。夫婦それぞれ思っていることを、当職を交えて話し合ったところ、夫婦間でまだ愛情が残っており、夫婦関係の回復に向かった。
当事務所は、夫、妻のカウンセリングに関与。

相談事例4−長期間別居後の離婚

夫(50歳)、妻(45歳)、長男(20歳)、長女(18歳)、の4人家族。結婚20年。
夫は、結婚してすぐに浮気をした。妻は、離婚しても生活ができないため、離婚したい気持ちを抑え、浮気を許した。しかし、夫婦の関係は冷めてしまい、ほどなく別居することとなった。
夫は、妻や子のために生活費をしっかりと渡していたが、別居して15年が経ち、もうすぐ子供達も成人するので、そろそろ、離婚に向けた話し合いをしたい。

 

子供達全員が成人した後に話し合いを行ない、離婚後の妻と子供達の生活費として、月20万円を10年間支払うことで離婚成立。
当事務所は、離婚協議書(公正証書)の作成に関与。

相談事例5−夫が離婚に応じなかった事例

夫(30歳)、妻(29歳)、長男(5歳)、長女(3歳)、の4人家族。結婚6年。
夫婦は、結婚当初から性格が合わないと感じていたが、なんとか結婚生活を続けていた。しかし、夫の浮気が発覚したことから、妻は離婚を決意。夫婦で離婚について何度も話し合いを行なったが、夫が離婚に同意することはなかった。話合いで離婚問題を解決したいが、どうしたら良いか。

 

内容からすると、話し合いで解決するのは難しい印象であった。
少し時間をおき、妻が夫に調停申立てについて話しをもちかけたところ、夫は観念して離婚に同意。
当事務所は、離婚協議書(公正証書)の作成に関与。話し合いに少し間をあけたことと、夫が調停に対して拒否反応を示していたことが、話し合いでの解決につながった。

相談事例6−浮気相手に対する慰謝料請求

夫(28歳)、妻(25歳)、子供なし。結婚2年。
夫が、結婚して1年を過ぎた頃から浮気をしている。妻が、夫に浮気の事実を追及したところ、夫は浮気の事実を認めた。妻、夫、浮気相手の三者で話し合いがもたれ、浮気相手は慰謝料を支払うつもりでいると話しをしたものの、金額や支払い条件について書面にはしていない。

 

妻と浮気相手との間で交渉できる状況であったため、当事務所は、慰謝料の支払いに関する契約書の作成に関与。依頼者は、当初、内容証明書の作成を依頼するつもりであったが、本件の状況では、支払いを確実なものとするため、契約書(公正証書)の作成を勧めた。なお、慰謝料額は、当事者間での話し合いにより200万円とし、一括にて支払うこととなった。

画像 画像

当事務所の3つの特徴

法律家の心理カウンセラー が、夫婦・親子のさまざまな問題に、法律と心理の
両面からアドバイスいたします。

業務歴は10年以上 ありますので、経験・知識が豊富です。

アットホームな雰囲気 の事務所です。
住宅街の目立ちにくい場所にあるためプライバシーが守られます。もちろん秘密厳守です。

※行政書士には守秘義務が課せられております。お客様の秘密は厳守いたしますので、安心して
 ご相談ください。
※本人のご家族からのご相談も歓迎いたします。

相談料・諸費用

離婚協議書作成 :30,000円

離婚協議書及び離婚公正証書作成 :60,000円+実費+公証人手数料

相談料(1時間当り) :8,000円

電話相談(15分当り) :2,000円

お問い合わせ

問い合わせ

○電話: 048−786−2239
○E-MAIL: hiroshi1_takahashi@orange.plala.or.jp
○営業時間: 9時〜20時
○休業日: 日曜日及び祝日(但し予約可)
○所在地: 埼玉県桶川市鴨川1丁目10番43号
 地図  (JR桶川駅西口より徒歩8分) 【駐車場あり】

【お問い合わせフォーム】
 メールアドレス
  (必須)
 お名前
 ご住所
 電話番号
 ご質問
 ご相談
            

※お送りいただきました情報は、個人情報保護に関する諸法令及び
 当事務所の個人情報保護規程に基づき、厳重に管理致します。

ページ上部へ

【お問合せ先】

埼玉県桶川市・高橋法務行政書士事務所
〒363-0024 埼玉県桶川市鴨川1-10-43  地図
 (9時〜20時 日曜祝日休:ただし予約可)
電話 電話:048−786−2239
メール メールによるお問い合わせはこちら

営業地域

電話・メール相談は全国対応いたします。

埼玉県、桶川市、上尾市、北本市、鴻巣市、伊奈町、川島町、菖蒲町、さいたま市、川越市、加須市、東松山市、久喜市、蓮田市、など。

お問合せ先
地図

〒363-0024
 埼玉県桶川市鴨川
    1−10−43
 (9時〜20時 日祝休)
 電話番号048-786-2239
  メール メールはこちら

ページ上部へ