◆いすゞ KC-LT系
左側面 右側面
川崎鶴見臨港バス KC-LT333J

<概要>
 平成6年排出ガス規制(KC-)適合のいすゞ自動車製9m大型バスで、1995〜1998年に製造された。
富士重製の車体を架装した場合、R17型ボディー(7E)が架装される。

 富士重以外の車体架装は、標準のアイケーがあり「キュービックLT」と呼ばれる車両になる。
基本的には前タイプのU-LT系と同一であるが、エンジンが変更されている。

KC-車では、9m路線車の需要が減少し、全国的にも採用事例が少ない。
それに比例するように、富士架装例もU-LTに比べ減少している。

<7E架装車の特徴>
U-LT系に似ており、判別が困難であるが、マフラーの位置が異なり判別が可能である(U-LT系:右側面側、KC-LT系:左側面側)。
 ただし、羽後交通のU-LT332Jは改造により左側面側にあるので注意。
・右側面最後部窓下に、やや縦長の四角いエンジン開口部(パンチ孔)が開いている。
・右側面の後輪より後ろの車体裾が一直線である。但し、京都バスの一部車両は、きつい角度がついている。
・リヤのナンバーステーは両側から照らすタイプである。
右側面
右側面最後部の裾形状が異なる
京都バス KC-LT333J

<型式内容>
 1983年(P-車)〜現在まで使用されている型式基準で、中型のLR、大型のLVと同様である。
(4)はエンジンである。中型と同じ6HH1を使用する。
(5)は軸距である。このアルファベットは範囲を表し、発売車種の軸距が含まれるものが適用される。
  このため、中型のLRと同じ記号が適用されるが、オーバーハング値が異なり全長はこちらのほうが1mほど長い。

KC- L T 3 33 J
(1) (2) (3) (4) (5)
  意味 当系列の適用例 他系列の適用例(参考)
排出ガス規制 KC=平成6年規制  
(1) エンジン配置 L=リヤエンジン  
(2) 車種 T=9m大型 R=中型以下
V=大型
(3) サスペンション 2=エア
3=リーフ
 
(4) エンジン 33=6HH1 80=8PE1(大型路線車)
(5) 軸距 J=4.26〜4.50m(4.30m) F=3.51〜3.75m(中型車 3.75m)
J=4.26〜4.50m(中型車 4.3m)

<KC-LT + 7E 採用事業者>
事業者名型式扉配置窓形状導入数備考
関東バスKC-LT333J折ワ―2段7茨城交通、道南バスに移籍。
川崎鶴見臨港バスKC-LT333J折引―2段8一部 臨港グリーンバスに異動。羽後交通、堀川バスに移籍。
相模鉄道KC-LT333J折引―2段4相鉄バスに異動。美作共同バス、鹿児島交通に移籍。
越後交通KC-LT333J折引―2段12一部 南越後観光に異動
糸魚川バスKC-LT333J折―折2段3頸城自動車の分離子会社
京都バスKC-LT333J折―引2段3
折――3契約輸送用

▲ 7E・8E型式別解説 目次へ