◆いすゞ U-LV系
左側面 右側面
東野交通 U-LV324K    ※開口部は(2)のタイプ

<概要>
 平成元年排出ガス規制(U-)適合のいすゞ自動車製大型バスで、1990〜1995年に製造された。
富士重製の車体を架装した場合、R17型ボディー(7E,7B)が架装される。
 富士重以外の車体架装は、IKコーチ(標準)と西工の例があり、特にアイケーの場合は「キュービックバス」と呼ばれるタイプになる。
なお、この系列には、都市超低床車(ワンステップ車)のU-LV870Lが存在するが、全車IKコーチ架装である。

従来のいすゞ大型車と同じく、5種類の軸距と、2種類のエンジンの設定があり
多数のバリエーションをそろえる。

<7E架装車の特徴>
・左側面最後部に、前後ドア・3扉の場合は正方形、それ以外の時は若干横長の長方形のエンジン開口部が開いている。
右側面は非常口下に開口部があるのみ。この位置関係は、U-LV系に共通であるが、開口部形状は数種類がある。

 (1)メッシュ状の開口部を持つ車輌。
  右側面はP-LV系と同様だが、左側面の開口部は横長で、下辺の角が斜めに切られているタイプ。
  1989年度の受注車が該当する模様。

・該当車 ※いずれも全体の一部車輌が該当
事業者名 型式名 備考
新京成電鉄U-LV324M関東鉄道に移籍
西東京バスU-LV324L
川崎市交通局U-LV324K茨城交通に移籍
川崎鶴見臨港バスU-LV324K秋田中央交通、羽後交通に移籍
相模鉄道U-LV324L東運輸、コハマ交通に移籍

 (2)パンチ孔で、左側面のエンジン開口部は
  前中ドア/トップドアの場合、横長の長方形、
  前後/3扉の場合、縦長の長方形になる。
  右側面は非常口下に小さな開口部がある。(表題の東野U-LV324K 参照)

 (3)パンチ孔で、左側面は(2)と同様だが、
  右側面の非常口下の開口部は大きくなり、上下2段に別れている。
  1993年式以降に見られる。

 (4) (2)〜(3)の場合、左側面エンジン開口部に変形した例が見られる。
  立川バスのU-LV324Lの左側面エンジン開口部は3段に別れた特殊なもの。
  JRバス関東U-LV224M(前後引戸)、関東バスU-LV324K(3扉)、井笠鉄道U-LV224K(前中引戸)等は2段に別れている。

・給水口はリヤの右側面フラッシャーの下の腰板になる。 ▼ LV系の給水口位置の違い
・後輪より後の車体裾が一直線である(但し左側面は扉がない場合に限る)。
・リヤのナンバーステーは両側から照らすタイプで、車体中心にある。
右側面(1) 右側面(3)
(1)のタイプ(左側面)
相模鉄道 U-LV324L
(3)のタイプ
くしろバス U-LV324N(もと原木ターミナルサービス)
右側面(4) 右側面(4)
(4) 3段分割の特殊な開口部を持つ
立川バス U-LV324L
(4) 2段分割の開口部を持つ
井笠鉄道 U-LV224K

<型式内容>
 1983年(P-車)〜現在まで使用されている型式基準で、中型のLR、9m大型のLTと同様である。
(4)はエンジンを表す。一般型はP-LV系の6QA2から6QB2に変更になったが、高出力車は6RB2のまま
 変更されていない。このため、P-とU-の間で型式の変更も行われていない。
(5)は軸距である。このアルファベットは範囲を表し、発売車種の軸距が含まれるものが適用される。
 なお、U-車とは発売車種の軸距設定が同じであるが、平成6年規制(KC-、NE-)車は異なるので注意されたい。

(A)は低床車をあらわす。
(B)はショート・オーバー・ハング車で、これは軸距がK(4.65m)の低床車のみ設定されていた。
 この(A)(B)は車種板には打刻されず、車体番号板にのみ表記されることがある。
U- L V 3 24 K   J S
(1) (2) (3) (4) (5) (A) (B)
意味 当系列の適用例 他系列の適用例(参考)
排出ガス規制 U=平成元年規制
(1) エンジン配置 L=リヤエンジン
(2) 車種 V=大型 R=中型以下
T=9m大型
(3) サスペンション 2=エア
3=リーフ
(4) エンジン 24=6QB2(標準出力)
18=6RB2(高出力)
32=6BG1(中型路線車・9m車)
(5) 軸距 K=4.51〜4.75m(4.65m)
L=4.76〜5.00m(5.00m)
M=5.01〜5.25m(5.20m)
N=5.26〜5.50m(5.50m)
Q=5.76〜6.00m(6.00m)
F=3.51〜3.75m(中型路線車 3.75m)
J=4.26〜4.50m(中型路線車、9m車 4.3m)
(A) 床高さ J=低床
(B) オーバーハング S=ショート(軸距4.65m
の車輛のみ設定)

< U-LV +7E 採用事業者>
事業者名型式扉配置窓形状導入数備考
北海道旅客鉄道U-LV218N折引―2段 くしろバスに2台が移籍(路線委譲に伴うもの)。
U-LV224M逆T
2段
北海道中央バスU-LV224N折引―逆T
折ワ―
苫小牧市交通部U-LV224N折引―2段5非冷房。道南バスに移管。
ジェイアールバス東北U-LV218N折――メトロ2青森支店に配置。
青森市交通部U-LV218M折引―2段
U-LV224M2
八戸市交通部U-LV224K折引―2段
仙台市交通局U-LV224M折引―2段 一部、宮城交通に移管。
逆T ブルーペンガラス使用。一部、宮城交通に移管。
U-LV218M ブルーペンガラス使用。
宮城交通U-LV324M折引―2段6
U-LV224M7
庄内交通U-LV224M折折―2段1
ジェイアールバス関東U-LV224M折―引2段3晃進物流(桜東バス)に1台が移管。
大利根交通自動車U-LV324K折引―2段
東野交通U-LV324K折―折2段3
東武鉄道U-LV324L折―折2段 一部、国際ハイヤー(→国際十王交通)、茨城急行自動車、川越観光自動車、東武ダイヤルバスに移管。
くしろバス、下北交通、常磐交通自動車、会津乗合自動車、群馬バス、関東自動車、全但バス、水間鉄道、那覇バス、東運輸に移籍。
国際十王交通から南部バスに移籍。
折引― 一部、国際ハイヤー(→国際十王交通)、東武ダイヤルバスに移管。
くしろバス、ジェイアールバス東北、群馬バス、日本中央バス、関東自動車、中国ジェイアールバス、那覇バスに移籍。
折ワ― くしろバス、茨城オートに移籍。
折引―逆T4ワンステップ車・前面が特別仕様。弘南バス、常磐交通自動車、藤田荷役(契約輸送用)に移籍
折ワ―4ワンステップ車・前面が特別仕様。呉市交通局、南部バス、鹿児島交通に各1台が移籍。
呉市交通局から広島電鉄に移管、富士交通(呉市コミュニティバス)に再移管。
U-LV224L折グ―2中扉リフト付。南部バスに移籍
京成電鉄U-LV324L折引―2段 千葉内陸バスに2台が移管。
関東鉄道に移籍。
折ワ― 関東鉄道、九州産交バス(グループ)に移籍。
新京成電鉄U-LV324M折引―2段 関東鉄道に移籍。
折ワ― 関東鉄道に移籍。
船橋バスU-LV324M折引―2段
東京ベイシティ交通U-LV324N折引引逆T
千葉中央バスU-LV324L折引―2段 日立電鉄交通サービス、いわさきバスネットワークに移籍。
小湊鉄道U-LV324L折引―2段
原木ターミナルサービスU-LV324N折引―2段4限定乗合事業者。1台は前面に行灯付。くしろバスに移籍。
東京都交通局U-LV324K折ワ―2段 苫小牧市交通部、八戸市交通部、岩手県交通、秋田中央交通、羽後交通、茨城交通、関東自動車、三宅村、
松本電気鉄道、東海自動車(グループ)、第一タクシー、鹿児島交通、林田バス(→いわさきバスネットワーク)、那覇交通および那覇バスに移籍。
苫小牧市交通部から道南バスに移管。
八丈町U-LV318K折――メトロ2
関東バスU-LV324K折引引2段2
京王帝都電鉄U-LV324L折引―2段25
折ワ―10?
7ワンステップ車
西東京バスU-LV324L折引―2段35?茨城交通、日本中央バス、昭和自動車、東運輸(空港構内用)に移籍。
小田急バスU-LV318K折ワ―2段6ショートオーバーハング
U-LV324L102じょうてつ、秋田中央交通、新常磐交通、東海自動車(グループ)、いわさきバスネットワークに移籍。
折グ―5ワンステップ車。新常磐交通に移籍
U-LV318L折ワ―41新常磐交通、茨城交通、九州産交バス(グループ)、いわさきバスネットワークに移籍。
折グ―5ワンステップ車。松江市交通局、九州産交バス(グループ)、いわさきバスネットワークに移籍
立川バスU-LV324L折引―2段12くしろバス、いわさきバスネットワークに移籍
3ワンステップ車。関東自動車に移籍
京浜急行電鉄U-LV324L折引―2段19関東自動車、琉球バス交通、那覇バスに移籍。
逆T字4ワンステップ車。函館バスに1台、松江市交通局に1台、熊本バスに2台が移籍
U-LV224Q折折―3横羽線専用車
川崎鶴見臨港バスU-LV324K折引―2段 ショートオーバーハング。
下北交通、十和田観光電鉄、秋北バス、秋田中央交通、羽後交通、日立電鉄交通サービス、日東観光、
館山日東バス、三宅村、千曲バス、上電バス、浜松バス、堀川バス、熊本市交通局に移籍。
川崎市交通局U-LV324K折引―2段 ショートオーバーハング。
くしろバス、苫小牧市交通部、青森市交通部、下北交通、ジェイアールバス東北、秋北バス、
宮城交通、茨城交通、関東自動車、越後交通、中国ジェイアールバスに移籍。
苫小牧市交通部から道南バスに移管。ジェイアールバス東北から南部バスに再移籍。
逆T ショートオーバーハング。
苫小牧市交通部、青森市交通部、宮城交通、関東自動車、山梨交通、越後交通に移籍。
苫小牧市交通部から道南バスに移管。
2段 ワンステップ車。苫小牧市交通部、関東自動車に移籍。苫小牧市交通部から道南バスに移管。
相模鉄道U-LV324L折引―2段 サンデン交通、全但バス、東運輸(空港構内用)、コハマ交通に移籍
江ノ島電鉄U-LV324Q折引―2段
神奈川中央交通U-LV324L折引―2段
箱根登山鉄道U-LV318L折―折2段2弘南バスに移籍
折――3東海自動車(グループ)に移籍
東海自動車U-LV318L折――メトロ9
静岡鉄道U-LV324K折―折2段33
U-LV324L5
松本電気鉄道U-LV318L折―折2段 非冷房車。一部は冷改。頸南バスに3台が移籍(路線委譲に伴うもの)。
越後交通U-LV324K折引―2段5
U-LV324L25
頸城自動車
糸魚川バス
U-LV324K折―折2段11ショートオーバーハング
名古屋市交通局U-LV324M折引折2段
U-LV224Mメトロ
三重交通U-LV324L折引―2段
U-LV218Q4
和歌山バスU-LV224L折―引2段1和歌山バス那賀に異動。
井笠鉄道U-LV224K折引―2段3
鳴門市運輸部U-LV224K折―引2段1
サワキ観光U-LV224Q折引―2段1茨城県結城郡。契約輸送用。群馬県の自家用に移籍?
よしみU-LV318Q折――メトロ1茨城県石岡市。契約輸送用。
(福島県内の自家用)U-LV318N折――メトロ2?
(埼玉県内の自家用)U-LV324N折引―2段
(東京都内の自家用)U-LV318N折引引2段 非冷房車。日本観光興業、ビーエム自興?に移管(ともに契約輸送用)。
(東京都内の自家用)U-LV324N折折―メトロ1くしろバスに移籍
(静岡県内の自家用)U-LV324L折引―2段1遊園地の送迎車。施設の敷地と共に売却。
(?自家用)U-LV318Q折引―2段2群馬県の自家用に移籍?。
(広島県内の自家用)U-LV318K折――メトロ2広島県警保有?。

▲ 7E・8E型式別解説 目次へ