パソコン改良

わかりやすい各パーツの役割


パソコンはいくつかのパーツの組み合わせから出来ています。

 パソコンのパーツを役割で分類すると、次の様になります。
1.コントロールパーツ
2.記憶パーツ
3.入力パーツ(機器)

4.出力パーツ(機器)


OS

アプリケーションソフト
コントロールパーツ

コントロールパーツ

入力パーツ(機器)
入力パーツ(機器)キーボード

マウス

スキャナー
記憶パーツ
メモリー

HDD、CDD、DVDD、
メモリーカード、
フロッピーディスクD


メモリー

HDD

出力パーツ(機器)
モニター、スピーカー、

プリンタ

モニター


プリンタ

各パーツの役割

コントロールパーツ(CPU)
すべてのパーツ(機器)をコントロールするパーツです。
OSやアプリケーションソフトの指示を分析し、各パーツ(機器)に作業命令を出します。
そしてデータの計算をするパーツです。
 記憶パーツ(機器) 
メイン記憶パーツが メモリー
サブ記憶パーツ(機器)が HDD、CDD、DVDD、メモリーカード、フロッピーディスクDなど
 OSやアプリケーションソフトのデータが保存されます。
サブ記憶パーツ(機器)に保存されているデータは必要時にメイン記憶パーツ(メモリー)にロードされ、指示が実行されます。
入力パーツ(機器)
キーボードやマウスやHDD、CDD、DVDD、メモリーカード、フロッピーディスクDなどと
スキャナー、ボイスレコーダーやデジタルカメラ、デジタルビデオカメラ他
 

入力パーツ(機器)は、記憶パーツ(機器)にOSやアプリケーションソフトのデータを取り込む装置です。

 出力パーツ(機器)
モニター、スピーカー、プリンタ、リモコン機器の自動制御など
計算結果や入力、保存データ、写真、動画などを、人が見たり聞いたりできるよう表現する機器です。




故障時の確認事項


もしパソコンが起動しなければ、確認を行うために電源ボタンを長押しで電源を切り電源ケーブルをコンセントから一度抜き次の確認をしましょう

電源ケーブルの確認

PC本体の電源ケーブルがきちんと差さっていない。(コンセント、本体電源ケーブルを確認)

ケース裏側の電源スイッチがONになってない。 ケースの電源スイッチのジャンパースイッチの接続が間違っている。

マザーボードへの電源コネクタの差込が甘い。

ディスプレイの電源ケーブル、スイッチの確認

ディスプレイケーブルがVGAカード側、ディスプレイ本体側にしっかり刺さっているかを確認。

ビデオカードがしっかり刺さっていない

CPU、メモリがしっかり差し込まれていない。

CPUクーラーが正常に設置されておらず、熱暴走をしている

などの原因が考えられます。よく確認して再起動してみましょう。  

重要事項

【注意】動作中のパーツには絶対に手を触れない事!故障の原因になります。

失敗しないためのポイント:もしも異常のあった時は一旦電源を落としてから(電源ケーブルをコンセントから一度抜き)、再度取り付け作業をやり直します。この時点で動作チェックを行っておく事で、CPU、メモリ、各種ドライブの取り付けが確実に行われていたかを確認すると同時に、もし取り付け不良が合った場合でもケースのふたを閉じた後に比べ修正も楽に行えます。



次は パソコンの起動と処理速度を早くするには へ



全編目次