竹林 本文へジャンプ
動物病院工事 

写真をクリックすると拡大します

隔離室
床を新設した後、CF(クッションフロアー)の重歩行タイプを施工。動物の堅い爪でも平気です。
水廻りにはキッチンパネルを張り防水性と掃除のし易さを考えました。(設置した床暖房式ケージにも安心)
壁にはアクリル製観察窓を新設、外部からでも観察できるようになりました。


防水パネル
キッチン廻りに良く施工される物で、防水性と耐久性に優れた物です

ステンレス製シンク
ヒーター内臓のケージを水から保護するためにシンク廻りはすべてパネル施工にしました。


アクリル製観察窓
外部より観察出来るための窓を設置、室内のニッチには小物なども置けるようになりました。
加えて室内の温度管理と空気の入れ替えをスムーズに行うための換気扇を設置。
動物たちも安心してお休みできます。


レントゲン室
既存の2部屋を1つに繋げ新規レントゲン室を施工しました。
既存壁撤去に伴い上部に大きな梁を設置して強固な物にします。
内部の壁及び天井はすべて鉛のボードで完全に放射線を遮断します。
入口ドアなども鉛入りに加工して設置します。


鉛ボード搬入
1枚当り相当な重量になります。

壁天井施工
ボードの継ぎ目にはすべて鉛テープを裏に貼り付け完全に遮断。
放射する機械の出力によって鉛の厚さも変わります。



手術室
2つの入口を1つにしてスイングドアを設置(ALLステンレス製)
出入りや運搬が楽になり作業効率が良くなりました。
上部は取り外し式欄間に加工して、掃除やデザイン性を考慮してみました。
天井部分
入口部分

TOP


大網白里市リフォーム建築造園の八幡屋
  千葉県大網白里市みどりが丘1-16-9
п@0475−53−5120

八幡屋(やばたや)    代表  小倉 辰巳