本文へジャンプ本文へジャンプUematsu Architecture Office
一級建築士事務所   植松設計室 


設計コンセプト
家に「」と「生活のイメージ」を
狭い敷地でもローコストでも、人に感動を与え人が幸せに過せる空間を造る事は可能です。

建物は住む人の「夢」と「生活のイメージ
を設計者が図面に具体化し、

各職人が具現化するもので「住む人」「設計者」「職人」三位一体のコラボレイションで完成します。


そして、家の「間取り」とは平面的な部屋の組合せでなく、空間の間の取り方です。
  T「空間としての間」---各空間の 接続、分断、連続の組合せ

U「物と物の間」---素材の組合せ、家具の配置

V「人と人の間」---家族同士の「間合い」そして、住む人、設計者、職人との「間合い」

W「時間と人の間」---時と共に住み方や家族構成の変化を包括出きる空間構成



ロゴマークの意味



斜め大きな四角が家を現し、

三つの小さな四角がそれぞれ「住む人」設計者」職人」を現します