直線上に配置

前橋中公川柳クラブ

       


        
月例句会

             中央公民館 


   86日(火)

          互選



 課 題  捲く

  4点句

 スカーフでやんわり首の歳つつむ    偉夫

 巻き戻し出来たらいいね人生も     ふみお

3点句

 法被着て強めの帯で締め上げる     伸夫

  
2点句

 半生記稼いだネジを少し巻き      征美

 小兵でも足に巻きつき勝ち越した    さち子

 渋滞に巻き込まれ里遠くする           久江

 祝宴でくだを巻いてる泥酔者      弘伊

 捲きついた心の糸を解してる      キートン

子の玩具孫がネジ巻き燥いでる     征美

曼珠沙華形見の帯で墓参り       節子

応援の喝に終盤巻き返す        通夫

  
1点句

 2千万煙に巻いて選挙戦        さち子

 管を巻く朝になったら借りた猫     久江

 巻き舌を軽くあしらうおいでやす    通夫


 

 選挙では年金問われ煙に巻く

 貨客船鎖巻き上げドラが鳴る

 幼子のオセロ上達舌を巻く

 山の上鉢巻き下ろし今裾野

 出航に万感込めた紙テープ

 締まらない話で社長煙に巻き

 巻き貝のカワニナ殖やすホタル好き

 菜の花色スカーフきりり闊歩する


   

変換ふ能の漢字あり 




    雑詠



  4点句
 
 真実より噂は早く風に乗り          弘伊

 3点句

 朝一でガブリ胡瓜の丸かじり    ふみお

 過信した心の隅の落とし物     征美
 
   
2点句
 
 真っ白にひと日を過ごす沙羅の花  由子

 声援が祈りに変わる9回裏     偉夫

 炎鵬を応援しすぎて手が真っ赤   さち子

 散歩道うわさ話も趣味のうち    キートン

 菜園の草と勝負の梅雨晴れ間       ふみお

月光にかぐや姫かと光る竹         節子

階段は手すり頼りの老いの足       通夫

  1点句

 ボクシング激闘すぎてテレビ消す   ゆう子

 垣間見た月の石から半世紀      通夫

 怒り吐きストレスためぬ五七五    久江

長雨で仕舞ったままのスニーカー   伸夫

窓ガラス磨く心も晴れてくる     久江

紫のザブトンが舞う髷かすめ     さち子

 

床の間を飾る記念の古時計

盆終わり急に気になる蚊の羽音

華やかな力士も怪我は命取り

器用だと自負する夫のキャベツ切り

 

一球に手を合わせてる最終回

選挙後の討論会観て興ざめる

軽妙に股に飛び込み客沸かす

 







    723日(火)

 

 

   ふみお欠席の為 句会結果は ふ明です

 

 

        選 田中 寿々夢

     課題   演歌  



 別れなら演歌の似合う港町      伸夫

 

 昭和には今でも残るめい演歌     伸夫

 

 


 演歌好き寿命延ばして母は逝く    久江

 

 青春の思い演歌が語り出す      征美

 

 お隣の鼻歌演歌今日も聞く      キートン


 しみじみと場末の飲み屋聞く演歌    節子


 古里に銅像も立つ演歌歌手       通夫

 

演歌師が淋しく歌う路地通路      弘伊

 

赤とんぼ小節きかせて歌う祖父     偉夫

 

演歌です主役はいつも人の妻      ふみお

友が逝き三橋美智也も聞こえない    由子

演歌には昭和の女良く似合う      さち子

 

夫歌う小節きかせて歌手気取り     ゆう子


 低音の魅力に心くすぐられ       征美

 

 のど自慢小節ころころ鐘三つ      久江

 

碑の前に立てば流れるひばり節     通夫

出番待つ酒場の演歌今寂し       キートン

 

酔うほどに夜更けの演歌身に染みる   節子

 

昭和演歌あの絶頂期呼び戻す      偉夫

 

演歌ならここで泣くはず縋る筈     ふみお

 

 爺ちゃんの音痴な演歌風呂の中     弘伊

 

まかせとけ店も演歌も俺が継ぐ     由子

 

カラオケもしっくりくるは演歌です   ゆう子

 

スナックで選曲ミスで知らぬ歌     さち子

 

 


 

 

 

 

   雑詠



人の世のはかないものよ喪の知らせ  弘伊


 香りたち樽から覚める地場の酒    征美

 

 

ダムの底見るなら今と八ッ場行く    由子

 麦秋をローカル線が味わわせ     通夫

 

 街路樹の枝に坊やを待つ帽子     由子

 

 北の地に逃げても追ってくる猛暑   節子

 

 その時は突然つながる脳ネット    さち子

 

露天風呂空にゆらめく空と雲     キートン

 自作パン食するデッキ春のバラ    伸夫

 

 旨い味吸い過ぎた今苦い味      征美

 

 おじぎする少年の真っ白いシャツ   偉夫

 

 免許返紊便利な所で快適に      久江

 

 何気ない所作に生い立ち垣間見る   ふみお

 

 新聞を開きゆったり至福時      ゆう子

 

 トタン屋根打つ音数え夜一人     弘伊

 

 ミミズの死蟻百匹の大仕事      由子


猛暑日に北の大地が顎を出す     通夫


時刻表ザックに詰めて気儘旅     キートン


日米のご気楽トップツーショット   さち子

 

好き勝手最後くらいはけじめ付け    節子

むち打ってやらねば心萎えて行く    久江

 

麦の波サーフィンしてる初夏の風    偉夫

クレマチス絡んだバラと競う花     伸夫



  


 次回句会は 827(火)です 


        提出句は   「苛つく」


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



トップページへもどる

直線上に配置