アントワーヌ・チェザローニ作品集

INFIORATA & MARMORATA

花のじゅうたん

大理石の錦絵

インフィオラータ & マルモラータ

アントワーヌ・チェザーローニ

《プロフィール》
イタリアジェンツァーノ市の
インフィオラータデザインの第一人者。指導者。
東京、大阪、横浜、名古屋、福岡などで絶賛!日本の
TV,ラジオにも多数出演。

2008年、国立ローマ民族芸術博物館に絵画と
マルモラータ(大理石の錦絵)を寄贈。

2009大阪駅前第1ビル40周年記念事業として、日本初のマルモラータ(イタリア ルネッサンス)を製作、ビル1Fに展示。
絵画、デザイン全般の育成とバレエなどの衣装・演出、ボディーペインティング舞踊団主宰(イタリアTV出演)幅広い分野で活躍

毎年6月に行われる、ジェンツァーノ市の花の祭、インフィオラータは、
200年以上の歴史があり、バレエ曲『ジェンツァーノの花祭り』としても
有名です。町の中心に位置するリビア通りは、その時、カーネーション
で描かれた花の絨毯で敷き詰められます。その素晴らしさ、美しさを
一目見ようと、世界各国のカメラマンや観光客が訪れ、2万人程の町
が、何倍もの人で溢れます。コルプス・ドミニ(キリストの聖体の祝日)
という宗教の祭ということもあり、その日は、町をあげ祝います。
中世の衣装でのパレード、広場では演奏会や、ファッションショーが
開催され、また、市民の発表会等も各所で行われます。


ジェンツァーノ市は、“月の女神”と呼ばれる美しいネミ湖を見下ろす
様に広がっています。インフィオラータをカメラに収めた後は、湖を見
下ろしながらのお食事が最高!又、お土産に、薪のオーブンで焼く
手作りの古代パンや、有名なワイン“ヨッリ・ラ・ヌヴィー二”をお忘れなく。

ジェンツァーノ市のインフィオラータ

国立ローマ民族芸術博物館所蔵作品

戻る