○○会社 本文へジャンプ
NPO法人 栃木県環境カウンセラー協会
Tochigi Environmental Counselors Association
略称:TECA テクア
 

 NPO法人栃木県環境カウンセラー協会(略称:TECA)は、環境省に登録認定の「環境カウンセラー」とその賛同者の集まりで、市民及び事業者に対して、環境改善等に関する事業を行い、環境保全に寄与することを目的としています。

 具体的には

 1)環境問題改善に関するカウンセリング事業

2)環境に関する講演会・イベント等の企画開催事業

3)環境保全に関する助言・提言事業

4)環境教育支援事業

5)環境に関する機関誌発行等による広報事業 

5つの事業を行っています。

平成10 (平成13NPO法人認可)の発足以来、自ら環境保全活動を行うとともに、栃木県内の環境保全活動に取り組もうとする市民、事業者、教育・行政機関などの相談に応じ、また各主体とパートナーシップを形成しながら、栃木県の「持続可能な社会の構築」にむけて広く活動しております。


 家庭で出来る節電・省エネ実施の具体的事例
 電力会社は、今年も電力安定供給の問題が顕在化しています。NPO栃木県環境カウンセラー協会は、節電・省エネを家庭でも推進していただく為に、家庭できる「節電・省エネ事例」をとりまとめました。
 
(>>ここをクリック) 「節電・省エネ事例」を参考にして、日頃の節電を実行して頂きたいと思います。
 会報(TECA NEWS)
 皆様、明けましておめせとうございます。本年もよろしくお願いします 
NPO法人栃木県環境カウンセラー協会は、環境配慮の事業活動支援、自然観察会などにより子供たちに水生生物や昆虫、植物及び、河川水質を通じて環境保全教育などを実施してきました。本年も更なる活動をしていきたいと思っております。
 
会誌TECA NEWS50号(平成27年10月10日)と会誌51号(平成28年1月1日)を添付します
   
 TECA NEWS 51号  TECA NEWS 50号
 お知らせ 
 「鬼怒川自然観察会in2015」は、宇都宮市平石地区の「鬼怒川の自然を親し会」と共催で開催しました。(2015.10.25)
   今年は、9月10日に関東に大雨があり、ここ鬼怒川でも堤防まで増水し、河川敷の環境が大きく変わりました。自然観察会は、鬼怒川の生き物は、どう変化したかを子供たちと一緒に調査・観察しました。
 平石地区で保全活動をしているカワラノギクは、株数は、減少していましたが、生き残っている場所を確認しました。
 水生生物の昨年の約2倍の13種類が確認され、昨年より種類が豊富となりました。水生動物類、水生昆虫は、河川の増水で、種類数・個体数もかなり少なかったです。陸上昆虫類は、増水で流され、少なくなった昆虫があると思われます。
 今年も、天気に恵まれ、子供連れの家族が多く、大変充実した自然観察会でした。
 観察会の前の「健康サイクリング」は、宇都宮ブリッシェンのGM廣瀬さんの参加・指導があり、有意義な大会でした。
 
 
 「我が家のグリーンカーテンin2015(TECA)」の応募作品です。
 「我が家のグリーンカーテンin2015(TECA)」は、7件の作品が応募されました。応募作品:グリーンのカーテンは、夏場の日差しを和らげ、安らぎの美しい空間を演出しています。応募作品は、こちらです。  
 もったいないフェア宇都宮2015に参加しました。(2015.9.27) 
 今年は、「お米を知ろう」をテーマに、お米に関するクイズと籾摺り体験を通じて、お米の大切さや米作りが多くの生き物を育み、生物多様性を保全することを啓蒙しました。参加レポートは、こちらです。  
 環境審査員CPD1日(5CPD時間)コース研修会を   開催しました。(2015.8.22)
  
  
今回のテーマは、「最近のエネルギー情勢とエネルギー基本計画の概要」と題して学習しました。
 福島第一原子力発電所の事故及びその前後から顕在化していたエネルギー需給構造の課題を将来エネルギー(原子力の安全性。水素社会の実現・バイオ燃料など)を含めて解説されました。エネルギーの将来を理解する上で、有益な研修会でした。
  
 
 NPO法人栃木県環境カウンセラー協会の第14回通常総会&記念講演会をホテルニューイタヤで開催しました。(2015.5.10)■
 ・第14回通常総会は、平成26年度事業報告と収支決算報告、及び平成27年度事業計画&収支予算計画(案)が審議され、承認されました。  
 ・記念講演会は、テーマ「うつのみやの生物多様性」 TECA 理事 塩野谷ふじ子を開催しました。 「うつのみやの生物多様性(いのちのつながり)」は、生物多様性の現状と課題を戸祭山緑地などの事例を交えて、興味深いお話をしていただきました。

 
 「ECOテック&ライフとちぎ2015」に出展しました。(2015.12.5、6)
  TECAの今年のテーマは、「冬休みはリサイクル工作で!」です。トイレットペーパーの芯と廃カレンダー等を利用して、分光シートを使用した「万華鏡」づくりを実施しました。
 万華鏡づくりは、約100名の参加があり、好評でした。
 
 NPO法人栃木県環境カウンセラー協会(TECA)の賛助会員の入会案内
  TECAの活動に対して、日頃、ご理解ご支援をいただき、厚く御礼申し上げます。
  TECAは、市民および事業者に対して、環境改善などに関する事業を行い、地域の環境保全のカウンセラーとして活動しています。
  この度、TECAは、事業所ならびに個人の皆様のご理解ご指導をいただき、、環境保全活動を展開するパートナーシップとして、共に、地域の環境保全活動をより高めていきたいと思います。
  是非、この機会に、TECAの「賛助会員」にご入会いただきたくご案内申し上げます。 入会のお申込みは、「賛助会員入会申込書」にご記入していただき、HP(E-mail)または、下記のTECA事務局にご連絡ください。
 (
「入会のお願い「賛助会員入会申込書」は、こちらです。
                         NPO法人 栃木県環境カウンセラー協会  理事長 安場 博

                             TECA事務局 
                              〒321-0032 宇都宮市平松本町336−2−403
                              TEL/FAX 028-612-6903
                              E-mail ecomiura@cameo.plala.or.jp
                                                事務局長 三浦四郎


最近のトピックス

環境マネジメントシステム(エコアクション21)関連情報
栃木県内で、エコアクション21を認証された事業者は、111件です!(2015年5月7日現在) 詳細はこちら 

自然環境・生きもの調査の関連情報
 2013年度の農地・水・環境向上対策事業「田んぼまわりの生きもの調査」支援しました。
那須塩原市一区町資源保全隊の子供たちは、稲刈り後の水田・水路・畔などの田んぼまわりの生き物調査を実施しました。(2012.10.21) 
当協会の市川理事は、一区町の生き物調査を支援・アドバイスをしています。
   
 
2009年度の農地・水・環境向上対策事業「田んぼまわりの生きもの調査」の支援は、29件実施しました。詳細は、こちら
2010年度の農地・水環境向上対策事業「田んぼまわりの生きもの調査」の支援は、26件実施しました。詳しくは、こちら。
2011年度の農地・水環境向上対策事業「田んぼまわりの生きもの調査」の支援は、26件実施しました。詳しくは、こちら。
2012年度の農地・水・環境向上対策事業「田んぼまわりの生きもの調査」の支援は、12件実施しました詳しくは、こちら。

 会員募集中    環境に関するご相談
 ・環境カウンセラー、環境カウンセラーを目指す方や本会の趣旨に賛同していただける方を募集しています。 詳細は、こちら   ・環境学習会への講師派遣。
・エコアクション21認証取得の支援
・省エネ、二酸化炭素排出量削減活動の支援
・自然環境、生きもの調査の支援
・環境関係研修会の開催支援
・環境関連事業などの企画・運営 
など。 詳細は、
こちら

★ホームページに関するご意見ご希望及び情報提供は、TECA事務局までお願いします。こちらまで

TECA事務局:
〒321-0932 栃木県宇都宮市平松本町336−2ー403
URL:http://www16.or.jp/teca/index.html
ご相談、お問い合わせは、こちらへ(
事務局 三浦
TEL: 028-612-6903 FAX: 028-612-6903
E-mail: ecomiura@cameo.plala.or.jp


Copyright(C) 2010 Jiro Sogabe

NPO法人 栃木県環境カウンセラー協会