下の数字をクリックすると他の写真を見ることができます。

  1〜10   11〜20   21〜30   31〜40   41〜50   51〜60

震災21  長屋住宅もご覧のとおりです。1階が潰れています。
震災  この住宅も1階が潰れて、モルタルの壁が落ち、きずりが見えています。しかし、筋交いがありません。地震に弱い構造です。
 筋交いは地震に強い工法なんですが。
震災23  完全に崩壊した住宅です。瓦の下に土が葺いてあり屋根が重く、このような状況になりました。もの凄いですね。
震災24  隣家の建物は、あまり損傷は見られません。建物構造でこのように被害の状況は変わってきます。何と言っても地震の強い家造りが重要です。
震災25  もし、地震の発生時間が夕方の6時頃でしたら、ここで、かなりの死傷者が出たでしょう。居酒屋の1階がすべて、潰れています。
震災26  残っているのは、パラペットだけです。
1階、2階とも完全に潰れています。
 
震災27  繁華街の状況です。火災が発生しても消防車の通行は不可能です。
震災28
 焦土と化した状況です。献花がたくさん置かれています。
 向への道路から反対の街区は、延焼していません。延焼阻止線になりました。都会の空間は絶対必要です。

震災30  ここも、献花が置かれています。潰れた建物から脱出できず、炎が襲いました。
震災  まるで、空襲があったような状況です。