ランニング障害を解消する3つのステップ

サイトマップ リンク

フリーランスプロトレーナーサポート
notegif
mailtosmc
fb1 youtube1
blog
ランニングクリニック・ランスクール・ストレッチ。新規の方も大歓迎

ランニングに関する痛みや違和感など

check

ランニング障害の解決は最新の『Kinetic Chain Control®

当トレーナーサポートでは、最新の『Kinetic Chain Control®』を採用しています

 

ランニング障害には『Kinetic Chain Control®(キネティックチェインコントロール)』しかない!?

人間の身体に備わる『運動連鎖』を緻密に計算したプログラムです

複雑で重篤なランニング障害にアクセスする画期的なアプローチです。

 

『Kinetic Chain Control®(キネティックチェインコントロール)』は誰でもできます!

小学生から90代の方まで実施しています

 

『Kinetic Chain Control®(キネティックチェインコントロール)』は万能!?

このプログラムは、日頃から行う動作の中で『ストレス』をコントールしていきます。

とくに、一人一人の症状や体型に合わせたプログラムを考えることができます

 

適応

シンスプリント、種子骨障害、中足骨部痛、アキレス腱炎、アキレス腱周囲炎、アキレス腱付着部炎、鵞足部炎、ランナー膝、腸脛靱帯炎、恥骨部痛、梨状筋症候群、肉離れ、腓骨筋腱亜脱臼、かっくん症状など

ランニング障害改善3つのステップ

ランニング障害を解決するには『3つ』のステップがあります

しっかりと段階を踏んで、再び走れるように

 

STEP1「除痛」

アイシングや安静、運動強度を下げ、まずは痛みや違和感の鎮静を図ります。

※アイシングで鎮痛しただけで復帰すると「重篤化」してしまいます

 

STEP2「解明」

痛みや違和感の『原因を解明』し、プログラムに反映します。

※痛みや違和感に直結しないプログラムは「再受傷」を招いてしまいます

 

STEP3「レスポンス」

『原因』に直結する『プログラムだけ』を丁寧に行います。

👉原因を解消できたら再受傷も慢性化も重篤化の恐怖から解放されます

 

メッセージ

ランニング障害に関する情報をあちこちに散見できますが、基本的に人間の身体はそれほど簡単ではありません。きちんとした人に見てもらうのが解決へのヒントになります

runwithstaff

アクセス&コンタクト

map

神宮外苑フィットネスクラブサマディ(ランニングステーション)

現在こちらの施設を拠点に活動をしております。

※当日施設使用料はトレーナーが負担いたします。

※ご予約時間5分前にはお着替えを済ませてお待ちください

費用(料金)はトレーナーにお支払いください。

    

コンタクト

メールyell[at]zpost.plala.or.jp

現在、メールにて承っております。

お名前(フルネーム)

お問い合わせ・お申し込み内容

携帯の方は「plala.or.jp」の受信設定を『可』にするのをお忘れなくお願い致します。

blog