体験談|スポーツマイスターズコア®公式サイト
daijoubu fb1 youtube1

サイトマップ

blog

トレーナー紹介 コンディショニングトレーニングランニングクリニックライディング

メディア情報 体験談 書籍実績講習会 ランニングチームラン練習会

お申し込み 新着情報アクセスここが特徴(特長)

体験談

running

【国体アルペンスキーヤー 10代男性】

 鈴木先生、お久しぶりです。

 前十字靱帯のリハビリで先生にお世話になってから2年、その後は順調に滑れています。

 靱帯を切って正直ブルーになっていたのですが、「前よりうまくなって復帰しようね」と言われたので、リハビリというよりもトレーニングという気持ちでメニューに取り組むことが出来ました。もともとトレーニングは大好きで、がむしゃらにいろんなトレーニングを試してきましたが、先生とトレーニングをしていたら頭使わなきゃダメだと思いました。

 先生とのトレーニングは変わっていました。先ずイメージから入ります。何処どこのコースのどの場面では、どういう風にターンしていくか、どういう風にスピードを乗せていくかという具合です。その時のイメージで身体を動かしたところで、先生に軽く押されます。するとバランスが崩れてしまいます。

 そこで、ちょこっとだけ身体を動かすと押されても全然ブレず安定するのです。「今動かしたところの筋肉が必要なの分かる?」という具合に必要な筋肉を決めていきました。これが楽しかったです。今までだとどうしても強引に突っ込んでいたり、板を回していたようなとこでもすんなりとクリアしていけるイメージに変わりました。頑張る筋肉と頑張らなくてもよい筋肉を勘違いしていたことを教えて頂きました

 復帰してから一番驚いたのは、後半バテなくなったことです。今まで気合いで滑っていたのですが、どうしても後半は脚が動かなくなり、転倒することもあったのですが(靱帯切ったときも)、最後まで滑りきることが出来るようになりました。リハビリ中は激しいトレーニングが出来なかったので、スタミナも落ちているはずなのに、実際に滑ってみるとタイムも悪くなかったです。これが先生の言っていた「うまくなって復帰」なんだと思い出しました。

 チームに帰ってからトレーニングをしていても、「身体柔らかくなったな」といわれるようになりましたが、身体は硬いままです。ただ、動いているときにいろんな筋肉が動いているのが分かるようになったので、そのせいかと思います。とにかく、今シーズンは少し上を狙っていこうと思いますので、良い結果が報告できるように頑張ります。

 リハビリの時は有り難うございました。

実業団長距離ランナー 20代 男性】

 2年前に僕が大学生だった頃、シンスプリントに長く悩まされていました。ホームページで鈴木さんを見つけ、とにかく何でも試してみようととりあえず一度申し込みました。

 メールで自分の目標である「怪我を治すこと」「力強い走りを身に付けること」と話してあったので、すぐに身体チェックと走りのフォームチェックを行いました。鈴木さんに最初に言われたのは「頑張って自分を壊している」「地球と自分を感じる方法」でした。正直なところ「この人は何を言っているのだろう?」と思いました。

 その後、悪さをしている筋肉のほぐし方とストレッチの方法、体重の乗せ方などを試してみたところ、痛みが薄れました。「もう少しいけるかな」と思い、ペースを上げてみたら「まだ早い」「解剖学的に改善されても生理学的にはもう少し時間が必要…」と突っ込まれました。ひと通り優先的に必要な身体のメンテナンスとフォームチェックを確認し、初日は終わりました。

 チームに帰って2週間ほど自分でメニューをこなしていたら、痛みも無くなり、セルフチェックで「ココまでほぐして伸びたら走り始める時期」というところまでなりました。はじめはジョグから始めたのですが、60分走っても大丈夫だったので90分まで伸ばしました。終わりに、「また突っ込まれるかな」と思いつつも、流しも試してみましたが大丈夫でした。

 練習が出来るようになってからは、以外と早くチーム練習に合流できました。練習にさえ戻れれば、レギュラーにも戻る自信があったので、変に安心できました。もちろん楽ではありませんでしたが、最後の4年生でも何とか箱根駅伝を走ることができ、学生での良い思い出ができました。

 今はそのまま実業団へと進み、走れるところまで走れたらと考えています。自己新を出すとボーナスを頂けるチームに入ったので、鈴木さんの定期チェック費用のためにも?自己新を連発していけたらと狙っています。 

 はじめは軽い気持ちで申し込みましたが、今では鈴木さんに会えたことに感謝してます。少し突っ込みがきついときもありますが、「いつでも真剣な人なんだなあ」と思うようになりました。鈴木さんはオススメです。

【モトクロス・エンデューロバイク 40代女性】

 2年前に練習走行中に転倒、以前手術した左膝前十字靱帯再断裂しました。後十字靱帯が10年前から切れっぱなしのせいもあり、手術後の病院のリハビリがなかなか卒業できません。そこで、いろいろと試してみました。他病院のリハビリのはしごやスポーツクラブ通い、いろいろなトレーニング、別のトレーナーさんによる集団指導。などなど。どれも結果が出ません。なにか手はないのかとWEB検索しまくり、スポーツマイスターのHPを発見しました。

 初回カウンセリングで鈴木さんにお目にかかった時は、正直言って、自分との相性がいいとか悪いとか、自分にとって効果が出るか出ないかは、わからなかったです。しかし、鈴木さんが怪我・リハビリ・身体の構造や動き・トレーニングについて、など、幅広い知識を持っていらっしゃることが感じ取れたので、失礼ながら「ダメでもともと」という気分でお願いすることにしました。

 2回目に「歩き方を変えてみましょう」と言われたときは、まだ半信半疑でした。長い年月で身についちゃった動きをそう簡単に変えられるもんなのかな、と。が、その次の回で「よくなりましたね」評価いただいて、「これはダメモトどころじゃない、たぶん私はすごくよくなる!」と思うようになりました。今から考えると、あの時点ではまだまだ不十分でしたね。けれど、不十分ながらもやろうとしているってところを、鈴木さんが掬い上げて下さったから、そのあとどんどん自分を変えていけたんだなと思います。

 これまでは、恥ずかしながら、怪我が自分の動きにどれほど影響を及ぼしているのか、わかっていませんでした。また、良かれと思ってやってきた自主リハビリや筋トレが、逆にライディングに悪影響を及ぼしていたことも。。。とは言え、お医者様やスポーツジムのトレーナーさんの指示から逸脱した自己流をやっていた、ってわけじゃないんですが。。。

 まあ、過去のことは、もういいです。今は「自分のどこが問題なのか」「どうなればいいのか」「そのためにはなにをすればいいのか」が、頭と身体、両方向から、より深く理解出来てきて、トレーニングが毎回とても楽しみです。お願いして、実際にライディング練習の場でもご指導いただきました。なるほど、自分の身体の使い方と意識の持ち方だったんだ!

 効果のほどは、レース成績にも現れています。鈴木さんにお世話になりだして1ヶ月ですぐ効果がでて、以前では完走できなかったレースでクラス優勝。半年後のつい先日のレースでは、男性と競って総合4位に入賞することができました。ちょうど1年前の同じレースでは20位だったので、効果のほどは歴然です。

 そして、これらの結果も嬉しいことですが、さらに嬉しいのは、ライディングそのものが、以前よりずっとずっと楽しくなっていることです。いろんなことがわかってきて、動かない身体が動くようになると、好きでやっているオフロードライディングがさらに大好きになりました。「私が巡り合わねばならなかった人はこの人だったんだ!」・・・なんだかヨイショみたいな書き方ですが、マジに、それが、実感です。

 

+++

blog