三多摩労連トップページ

無期転換ルール回避の雇い止めを許さない!!


 「改正労働契約法」で、2018年4月から、使用者は、契約社員・臨時・パートなど有期雇用労働者の雇用期間が通算で5年を超えた場合、本人の申し込みにもとづき、無期雇用契約に転換させなければならなくなりました。ところが、「無期転換ルール」を逃れるために、2018年を前に有期雇用労働者を雇い止め(契約更新を拒否すること)する動きが懸念されています。JMIUがチラシを出しました。「雇い止め」の不安を感じたらご相談下さい。下のチラシの画像をクリックすると、PDF版のチラシが出ます。

index