三多摩労連トップページ 第82回三多摩メーデー7000名越す参加で実施

 東日本大震災による激動が全国をおおう中「こんなときだからこそ、被災地支援を前面にかかげ、労働者の生活と権利を守る要求を堂々とかかげて、働く者を力強く励ます三多摩メーデーを」と、5月1日井の頭公園西園に7000名を越す仲間があつまり、第82回三多摩メーデーを実施しました。
 式典では冒頭に黙祷を行い、震災発生翌日から現地に入って医療支援に取り組んでいる民医労健生会支部の仲間の被災地支援報告をプログラムに追加し、従来から行っている争議支援カンパに加えて被災地支援カンパを実施しました。課題別アピールなどでは、JMIU・東京土建・西多摩・都教組・共同作業所の仲間が旗・横断幕等を掲げ大勢でステージにのぼり、歌声を響かせ、働く者の要求・主張を堂々と押し出すアピールを行いました。青年の舞台では今年もステージいっぱいに青年のエネルギーが溢れました。集会後はデコレーションを掲げ沿道にシュプレヒコールを響かせながら吉祥寺の町を例年通りデモ行進しました。
 震災直後から「自粛」が叫ばれ、「がんばれニッポン」に象徴される思想動員ともいえる状況が進行しています。一方で労働者・国民への苦難の押しつけ、増税や公務員賃金の切り下げ、福祉のいっそうの切り捨てが策され、一部では被災者そっちのけの大規模開発が被災地に導入されようとしています。いま、財界と働く者の利害は鋭く対立しています。その中で三多摩の働く仲間が要求を高く掲げ、力を合わせて昨年規模を減らすことなく7000名を越す第82回三多摩メーデーを行ったことは、大きな意義のあることです。

メーデーチラシ ■三多摩メーデー参加の呼びかけ(これを使って、皆さんに参加を呼びかけてください)
■三多摩メーデー実施計画大綱
■三多摩メーデーチラシ(3/28ころ発送の予定)
■青年の舞台に参加しよう(青年の舞台お知らせ
■三多摩メーデー会場の配列

三多摩メーデー会場(井の頭公園西園)への行き方

index