3.4 神は存在するか?
主に西洋における神は存在したが宇宙人アヌンナキでした
まえがき
1.0 宇宙人の存在
多神教から一神教へ
 神は存在するのか?を考える前に、神は複数なのか一人なのか?ユダヤ教では神は唯一の神ヤハウェだと言う。しかし、シュメール神話等では人類創造の主は複数で表現されている。 これはどういうことか?
 旧約聖書における人類創造は確かに神=宇宙人アヌンナキによって行われた。アヌンナキ(天から降りてきた人々と言う意味)はもともと複数形です。人類を創造した神=宇宙人アヌンナキは複数として存在したのです。 しかし、現在我々人間の考えているという言葉の意味は、もっと崇高なもので宇宙人などではないでしょう。それなら神は存在するか?の問いには、今まで神と呼んでいたものは宇宙人であったという答えが出ます。
また、なぜ複数の神であったものが、その後の表現は全て”一神教”として表現されているのでしょうか?
 人類創造後の複数の宇宙人アヌンナキが人間とともにグループを作り、人間との間に子供も生まれた。しかし、グループ間の争いが絶えないのをみて、ヤハウェは、争いを防ぐために神はヤハウェ一人だと自ら名乗り出たらしいのです。しかし、それだけなのか?さらに真の意味で神はヤハウェ一人だということか?。ヤハウェは天地を創造した神なのか? 今、私が考えて居るのは天地全てを創造した絶対神はやはり別に存在して居るのではないかということです。

イエス・キリストは神としての存在なのか?
 ここで宇宙人ユミットの表現が思い出されます。
 各星に、そこに住む人類よりも、さらに進化が進んだ人間が突然変異で発生し、その星の人々に新たな教えを与えるということです。これは「魂のネットワーク魂のネットワーク図)に見るように「宇宙の集合的魂からネットワークを通じて与えられた突然変異です。事実、宇宙人ユミットの星にも発生したことがあるという。地球においては、この進化した人間がイエス・キリストだと宇宙人ユミットは述べています。この突然変異は何百万年に一回程度の極めて確率の低いものだという。
 キリスト教はそれまで唯一の神ヤハウェが信じられていた時、突然現れたイエス・キリストの教えと矛盾なく伝えるために「父なる神ヤハウェ」の子供「イエス・キリスト」と「精霊」の三つを合わせ三位一体という表現をしています。宇宙人ユミットによればイエス・キリストは「宇宙の集合的魂」から与えられた突然変異で進化した人間です。人間である以上神ではないが、地球の救済のために進化した人間です。ただし、ここでも宇宙人アヌンナキの意図が入り、キリストの教えなどの真実がゆがめられていると思われます

神は存在するか?
 イエス・キリストをと呼ぶべきか?いいえ、キリストは進化した人間です。「神」という言葉には、人間とはまったく違う崇高なもの、そして絶対的な、全知全能なものと言う意味があり、人間であるキリストは神ではない。
 それなら本当の意味での神という言葉に相応しいものは存在するのか?近いものを選ぶとすれば、それは宇宙人ユミットの言う宇宙の集合的魂です。 聖書では人類創造の神も天地創造の神も全て神は一人と言うのですが、これも宇宙人アヌンナキの絶対神へのなりすましかもしれません。真実は絶対神と人類創造の神(宇宙人アヌンナキ)とは別な存在のようです。日本の神道においては様々なたくさんの神が出てきますが、それらは役割毎、働き毎に別な名前で出ていて、実は根源はひとつの神ではないかと思われます。まさに宇宙人ユミットの言う「宇宙の集合的魂」であり沢山の魂が集合した一体の物のようです。そして、地球単位の守り神は日本の神道系の話の中では、昭和の時代に出された日月神示を出している国常立大神(くにとこたちのおおかみ)(日本書紀での呼び名)であると考えます。この神はヤハウェと等しいのではないかと考えています。また、天使、悪魔等のように根源の神から分離し、特定の役割を持ったものも神として呼んでいるようです。そして、絶対神ホツマツタエのいうアメミヲヤそのものではないかと思います。ちなみにホツマツタエでは国常立の神はアメミヲヤの生まれ変わりであるといいます。
 さらに古代に遡った時代の知識としてカタカムナ文献があります。昭和24年楢崎皐月が平十字(ひらとうじ)という老人(代々受け継がれた神官の子孫)から古い巻物を見せられ、楢崎氏は非常に興味を引かれてノートに書き写したというのですが、これを解読し、わかったことは現代の科学以上に進んだことが書かれているのです。ここでは神は区別する為にカミとしますが、カワカミ『川上』のように全ての元、根元を意味するカミが存在するといいます。全ての物理現象、宇宙も太陽も地球も人間も、全てはこのカミの意図で作られ存在しているのだといいます。つまり、絶対神と言い換えても良いと思います。ただし、カミは純粋に物理現象の根元であり、人間や動物などのような生き物ではないということです。宇宙人ユミットのいう「宇宙の集合的魂」そのものです。

 現在の私が考える、神とあの世の世界は図2.3.2あの世に係るイメージ図のとおりです。
 神は存在するのか? についてですが、今まで主に西洋において神と呼んできたものは宇宙人で、真の神ではなかった。全知全能な神ではなかったという事のようです。そして本来の全知全能な神(天地創造の神)は宇宙人ユミットの言う宇宙の集合的魂=ホツマツタエのアメミヲヤ=カタカムナ文献カミ竹内文書の初期三柱の神ではないかと思いますつまり呼び名は様々ですが絶対神の神は存在します
1. 人類の起源
1.1 人類の起源
1.2 人類の起源はアダムとイブ?
1.3 世界の人類
1.4 カタカムナ文献
2. 生きる目的
2.1 聖書の偽り
2.2 生きる目的
2.3 魂のネットワーク
3. 地球人類の使命
3.1 宇宙人ユミットの重大な説
3.2 遺伝子操作の危険
3.3 複数宗教の発祥

3.4 神は存在するか?
今いるページの印

3.5 一神教と多神教
3.6 人類の使命
あとがき
3.7 地球の浄化(日月神示の予言)

   次  宇宙人に係る人類の起源と使命homeへ戻るリンク