3.3 複数宗教の発祥
全ての宗教の根源は一つ、ならば複数宗教の発祥は?(ここでは西洋における宗教の話です)
まえがき
1.0 宇宙人の存在

現存の宗教は人類を創造した宇宙人アヌンナキの教え
 人間は、地球より少し進化の進んだ星の人間(宇宙人アヌンナキ)によって創造され、同時に教えられたことが、後になり旧約聖書として伝えられ、人類に神の概念が入っていると思われます。その時の「宇宙人=神」は複数(アヌの星の人々=アヌンナキ)です。その後ヤハウェが現れ、自らが唯一の神であると名乗り、ユダヤ教が発祥します。
 その後、キリストは進化の進んだ人間となって、地球救済のため現れます。ここでキリスト教が発祥します。キリストについては宇宙人ユミットも実在したと述べています。しかし、アヌンナキが地球を思いのままに操作するために、キリスト教やユダヤ教等の教えも、本来の教えがゆがめられていると思われます。
 天地等の創造の神、真の神は別に存在していると思います。そして、彼ら宇宙人アヌンナキの意図は地球を支配することであり、人類同士の争いを作っています。そのためにあえて複数の宗教らしきものを作り、争いを作っているのかもしれません。

複数宗教の発祥は複数の集団の反映と地球支配の基である
 世界の、特に西洋での宗教の根源は人類を創造した宇宙人アヌンナキの教えが基になっています。人間を創造した時代に、宇宙人と人間で複数のグループを作り活動した、その反映が各種の宗教となって現在まで続いているものと思われますただ、問題は、今でも宇宙人アヌンナキは地球を思いのままに操っていると言う事です。複数の宗教も、彼らの意図として故意に矛盾が作成され人類の争いの元を作っているかもしれません。
 
1. 人類の起源

1.1 人類の起源

1.2 人類の起源はアダムとイブ?
1.3 世界の人類
1.4 カタカムナ文献
2. 生きる目的
2.1 聖書の偽り
2.2 生きる目的
2.3 魂のネットワーク
3. 地球人類の使命
3.1 宇宙人ユミットの重大な説
3.2 遺伝子操作の危険
3.3 複数の宗教の発祥

今いるページの印

3.4 神は存在するか?
3.5 一神教と多神教
3.6 人類の使命
あとがき
3.7 地球の浄化(日月神示の予言)

   次