2.1 聖書の偽り
聖書には偽りが隠されている---プレアデス星人の語り
まえがき
1.0 宇宙人の存在
聖書の黙示録は偽り
 プレアデス星人とチャネリングを行っているという、国際的占星学者の「バーバラ・ハンド・クロウ」(女性)がプレアデス星人から教えられたという説の中で、聖書の偽りについて述べており、このページではバーバラ・ハンド・クロウの説から引用しています。著書:プレアデス銀河の夜明け
宇宙人アヌンナキの教えが時代を経てから聖書となり、人間に伝えられたわけですが、聖書の教えは、彼ら宇宙人アヌンナキに都合の良いように、事実を1部曲げています。それが聖書黙示録の偽りです。人間を奴隷のように使うためです。最大の嘘は聖書黙示録にある終末論です。人間に恐怖を与え、「神=宇宙人アヌンナキ」に従えというものです。
 地球に大変動は起こるようですが、彼ら宇宙人アヌンナキの意図ではなく、もっと崇高なものにより行われるらしいのです。宇宙人アヌンナキは地球人類を情報操作しており、人類に対して、罪や怖れの観念を与え、互いに人類同士が争いあうように仕向けて、人間を宇宙人アヌンナキの意図のまま動かしています。そして彼ら宇宙人アヌンナキは、最初は表に現れ、人類を指導していましたが、その後は姿を隠し、マインドコントロールと秘密結社を通じて、地球人類を操作しているというのです。

魂、死後の世界を隠している
宇宙人アヌンナキが創造した人間とは、物質としての体であり、魂ではない。魂は輪廻転生を繰り返していると思われます。つまり、死後も別な世界が存在するのに、聖書では触れていないのです。一説にはキリストの死後500年頃に輪廻転生説は否定されたといわれます。なぜなら、それら魂や死後の世界は、宇宙人アヌンナキにはコントロールできない世界だからです。また、天地創造の神は、宇宙人アヌンナキとは別な存在であるのに、彼ら宇宙人アヌンナキは、全ては神として自分たちが創造したものとの、なりすましを図っています。このことが地球における物質至上主義の考えを生んでしまったのです。人間は、死で全てが終わるとの、誤った考えが元になってしまいました。そして、全ては物に対する欲、私欲、ばかりの世となっています。

イエス・キリストは実在した人間です
 イエス・キリストが地球に降り立ったのは事実のようです。宇宙人ユミットイエス・キリストの実在について述べています。むしろ、このイエス・キリストの教えも、彼ら宇宙人アヌンナキにより曲げられた形で伝えられたと言います。聖書の偽りは他にもあるかもしれません。地球では物質科学ばかりが進歩し、核の脅威、自然破壊などが起こってしまいました。これは、地球人類があまりに三次元の科学(地球の科学)。つまり、物質だけを追求する科学に頼っているからです。また、真実を突き止める科学ではなく、五感で感じられたものだけからの分析科学とでも言うものとなってしまっています。本来、人間の持つ直観(第六感)も含めて真実、究極の真実を突き止める科学ではないのです。この点、カタカムナ文献で学ぶ必要があります。カタカムナでは人間の直観をも大切にして生きてきた、超古代の人々の考え方が伝えられているのです。(相似象学会誌をぜひご一読ください)

地球人類は宇宙全体の魂のネットワークから切り離されている
 地球人類にとって、一番欠けているのは、潜在意識まで来ている宇宙の魂のネットワークにアクセスできないことです。動物達はこのネットワークを持っており、その結果がナマズによる地震の予知能力だったり、その他の動物達の人間にはない不思議な能力だと考えられます。カタカムナ文献によれば、古代の日本人、縄文時代の日本人は直観力が優れていて、今の人類よりも、こうした宇宙の魂のネットワークと通信が出来ていたというのです。この直観力もふくめて作られたのがカタカムナの物理です。
 聖書だけが真実ではありません。聖書は人類を創造した宇宙人アヌンナキにより偽りが加えられています。人間を奴隷として使うための偽りです

1. 人類の起源

1.1 人類の起源
1.2 人類の起源はアダムとイブ?
1.3 世界の人類
1.4 カタカムナ文献
2. 生きる目的

2.1 聖書の偽り今いるページの印

2.2 生きる目的
2.3 魂のネットワーク
3. 地球人類の使命
3.1 宇宙人ユミットの重大な説
3.2 遺伝子操作の危険
3.3 複数の宗教の発祥
3.4 神は存在するか?
3.5 一神教と多神教
3.6 人類の使命
あとがき
3.7 地球の浄化(日月神示の予

      宇宙人に係る人類の起源と使命homeへ戻るリンク