1.0宇宙人の存在    
常識的なものばかりが、マスコミで、又教育で、正しい事として知らされる?

常識は正しくなくて、真実は非常識な事である場合がたくさんあります

まえがき
1.0 宇宙人の存在
今いるページの印

1. 人類の起源

1.1 人類の起源
1.2 人類の起源はアダムとイブ?
1.3 世界の人類
1.4 カタカムナ文献

2. 生きる目的

2.1 聖書の偽り
2.2 生きる目的
2.3 魂のネットワーク

3. 地球人類の使命

3.1 宇宙人ユミットの重大な説
3.2 遺伝子操作の危険

3.3 複数の宗教の発祥

3.4 神は存在するか?

3.5 一神教と多神教

3.6 宇宙人と係る人類の使命

あとがき
3.7 地球の浄化(日月神示の予言) 


うさぎの餅つきの絵
 私がそもそも、常識的ではない話に興味を持ったのは、ある本がきっかけです。それは、清家新一著、「超相対性理論」という本です。私が25歳の頃(40年位前)だったと記憶します。内容は、アインシュタインの一般相対性理論を基にした、複素数形式の相対性理論であり、その数式からの導き結果が面白いものでした。過去を見る事のできる装置の理屈。地磁気による、素晴らしい通信の理論。まだまだあったと思いますが、記憶にあるのはその位です。ところが今、宇宙人ユミットと自称する人が地球人に送った手紙の中で、彼ら宇宙人ユミットは、地磁気による通信を多用していると言っています。
 その話はさておいて、その本で知ったことは、世の中には常識といわれる考え方ではない、様々な考えがあるのに、我々が知っているのは、一部の常識と言われるものだけであろうと言うことです。
宇宙人からの手紙
 その後、宇宙人に関する本などにより、宇宙人の存在をほぼ確信した頃、たまたま本屋さんで見つけた本が「宇宙人ユミットからの手紙」という本です。宇宙人ユミットと自称する人からの、多くの手紙が地球人に寄せられていて、その手紙の内容についても、詳しく書かれています。(手紙は1955年頃からのもの)そこには現在の地球の科学より、さらに進んだ理論があり、ここで、間違いなく宇宙人の存在を確かなものと認識しました。フランスの科学者ジャン・ピエール・プチの著作ですが、手紙による宇宙人ユミットの指摘で、アインシュタインの理論を一部修正すると実験結果との精度が上がったと述べています。
人類の創造
 そして、まったくの無神論者である私に、神というものを、改めて考えさせたのは、セガリア・シッチン著、「人類創成の謎と宇宙の暗号」です。これは、シュメール文明の古文書分析結果の著書ですが、人類の創造が神ではなく、宇宙人であったとの分析結果に驚き、聖書に隠された事実、神と呼んだ者が、宇宙人であったこと等、神と言う呼び名に相応しいかどうかは別として、新たな神への考えが生まれました。次から次へと、常識ではない本に出会い、常識ではない事に、真実が隠されているのではないかと思ったのです。
古文書に対する偏見・偽書扱い
 そして、今、真実の日本の歴史を考える上で一番の問題は、古代日本には漢字が伝わるまで文字は無かったという学会の定説です。とんでもないことですが、この考えで、学会では偽書として扱われている古文書等が沢山あります。学会はこれらの偽書扱いしたものは多くの研究者が見放し、研究さえも満足に行われていません。古事記と日本書紀だけが古代を語る書物となってしまっています。カタカムナ文献ホツマツタエ竹内文書等、沢山の参考とすべき文書があるのです。もし、でたらめな、或いは後からでっち上げた、そんないいかげんな古文書が千年も、あるいはもっと長い間、先祖代々引き継がれ大切に保管されてくるはずがありません。長い間には紙の保存のため、書き写したり、新たな文字に書き換えて後世の人々が読めるようにすることもあり、その際、誤記なども生まれているでしょう。また、その時の政治権力の圧力により、部分的に削除されたり、誤りが付け加えられることもあるでしょう。全てが真実ではなくて、部分的な誤りはあったとしても、真実は含まれているものです。私は基本として、全ての古文書は真実であるとの考えを元にすることにしました。そして元は一つなのに少しずつ枝分かれしたであろうことなどを推測して真実を考えようとしています。
私が今一番真実に近いと思うことを本サイトで語ります
このサイト「宇宙人に係る人類の起源と使命」は決して常識の世界や、定説ではありませんが、正しい世界の歴史、宗教に係る真実、人類の生きる目的、地球、宇宙規模の生命のあるべき姿について、私なりに、一番真実に近いと思うことをあなたに語り、あなたに新しい世界を考えていただく為の、ヒントやショックを差し上げることができれば幸いです。今、こうしてあなたに読んでいただけていることを嬉しく思います。
 最初にお断りしておきますが、本の著者などの紹介の際は、著名な人として敬称は略させていただきます。
 なお、本サイトは私の個人的な見解であり、また、他の個人・団体などを批判する意図はまったくありません。又、私は宗教その他の団体等には一切所属しておりません。