あとがき

3.7 地球の浄化(日月神示の予言)   

まえがき
1.0 宇宙人の存在

1. 人類の起源

1.1 人類の起源

1.2 人類の起源はアダムとイブ?

1.3 世界の人類

1.4 カタカムナ文献

2. 生きる目的

2.1 聖書の偽り

2.2 生きる目的
2.3 魂のネットワーク

3. 地球人類の使命

3.1 宇宙人ユミットの重大な説

3.2 遺伝子操作の危険

3.3 複数宗教の発祥

3.4 神は存在するか

3.5 一神教と多神教

3.6 人類の使命

あとがき
3.7 地球の浄化(日月神示の予言)


今いるページの印

椅子に座った人の絵

 まずは、我々地球人類は "おごる事なかれ" である。少なくとも、文化ではなく、文明だけを考えても、我々人類など及びもしない宇宙人が存在する事を知り、謙虚に自分を見つめることが必要です。人類は全てを征服したかのように、鼻高々に生きてきた。しかし、人類よりはるかに文明の進んだ宇宙人が存在しているという現実を知りつつ、生きなければならない。地球人類が自慢すべきは、人類は地球と言う学びの場で経験を積み、宇宙全体の進化に役立ってきた。つまり、「宇宙の集合的魂」の進化に貢献してきたということです
 ただ気になるのは、この地球と言う狭い世界の中で行われる惨めな争い、これだけはただちにやめるべきである。物質欲を追求し、自己の欲に向かい。次には自己の周囲の利益を追求と、全ては物質の欲の張り合いから来る争いである。「経済」などという言葉が恥ずかしげも無く毎日のニュースの主題になる世の中、経済は物欲でしかないことを改めて考えるべきです。経済→金(かね)→ほしいものが手に入る→手に入るのは物でしかない。つまり物質欲です。そんな物質欲ばかり熱心に追求するのは、人間として、恥じるべきことです。その恥じらいを感じなくなってしまった人類。そうです、清らかな心(清らかな魂)が無いのです。それに、異なる宗教観や人種の違いによる争い。これら、地球における悪は、宇宙人アヌンナキが現存の宗教を利用して、人類の争いを助長していると思われます。物質欲ばかりで、精神、魂の世界がないがしろにされた結果です。これを直すためには、現存の宗教(キリスト教、イスラム教、仏教、ユダヤ教などと呼ばれる宗教)は全て捨て去ることです。そして、我々はもっと大きな目標である「宇宙全体の進化」を考えることが最終目的でなくてはならない。宇宙人アヌンナキから教えられた既存の宗教を乗り越えた、新たな心のよりどころが必要な時期に来ている。それが「宇宙の集合的魂」に対する尊敬の念でもあり、新たな教えでもある。
 今までの宗教、道徳など、全てをゼロクリアして、原点に帰り、新たな清らかな魂を作るための心の支えを創造していくことが必要です。つまり、物質だけを追求した今までの科学に代わる、すべて(精神の世界、魂、心の作用、あの世)を網羅し説明できる科学。心、魂までを考えた新たな科学です。それが我々地球人類の、今後の課題でもある。このことについては、カタカムナ文献に学ぶところが大きいと考えています。私が今考えている心の正しいあり方は「日月神示」で述べられている「魂の清め」とでもいうべき、人間の心のあり方正しいあり方だと思います。そこには、日本の神道の一番根源的な考え方が述べられているように思います。縄文時代のようなずっと古い時代の本来の神道(古神道)の考え方です。これカタカムナ文献から引き継いでいる考えでしょう。そして、今、まさにその新しい地球を造るための変革時期を迎えています。ぜひ、カタカムナに関する書籍を読んでいただきたく思います。カタカムナ文献は楢崎皐月や宇野多美恵などの方々が解読、研究され相似象学会誌として出版されました。しかし、相似象学会誌は一般的な本屋さんでは販売していませんので、こちら、ナワ・プラサードhttp://www.nabra.co.jp/hobbit/nawaprasad/default.htm(東京都杉並区)で買うことが出来ます。メールなどで連絡して購入できます。
 最近、アメリカにおいて、宇宙人ユミットの技術を利用して、UFOと同等な性能を持つ飛行物体(兵器)が開発されたとの事が、ジャン・ピエール・プチの著作で発表されています。大変なことです。ただし、世界のリーダー達と核軍縮などの一定の約束が得られたことで、宇宙人ユミットの地球介入計画はひとまず取りやめられ、彼らは自分の星に帰ったといいます。宇宙人ユミットのプラズマ科学参照。ただし、本サイトでは「宇宙人ユミットの地球介入計画」が終わったこととして消してしまうのではなく、今後もありうることとしてこのままの記述を残すこととします。
追記 :日月神示(ひつきしんじ)に見る予言  2010.12.28
 昭和の時代に、神から伝えられたという日月神示というものに、予言らしきことががありました。この日月神示第二次世界大戦の終る約一年ほど前の、昭和19年6月10日に岡本天明という人に起こった自動書記を最初に、16年間にわたり自動書記により伝えられた予言です。日本神話に出てくる神からの予言であるといいます。ここで興味深いことは、メキシコ南東部マヤに伝わる神話の予言とかなり似ていて、地球の大異変についての同様な記述があり、地球が大きな変化の時を迎えたというのです。マヤの暦が終わるのは2012年12月となっていますが、日月神示では大異変についての具体的な発生時期について、はっきりとした記述はありません。おそらく2012年付近から2020頃にかけて起こると思われます。ただし、今まで言われてきた、世紀末の大変動とは少し違い、単に大災害が起こると言うのではなく、人間も地球も次元の上昇が起こるといいます。最近言われるアセンションそのものです。ただし、現実に起こる異常な変動は世紀末大変動として言われてきたものと似ています。次元の上昇とは、言わば神に近い存在となるのです。神の世はあの世の世界です。私の考えるあの世については図2.3.2あの世に係るイメージ図照。あの世に近い理想の世界に変わるのです。この地球は人間の魂の学びの場として作られ、役目を果たしてきたわけですが、あまりに物質文明ばかり考え、自己の欲求ばかりを追及する、そんな人類、経済、社会となってしまった事は、改めて言うまでもない事実です。物質文明が作り出した、地球の環境悪化はひどいものです。特に、核の汚染は重大なことです。地球は今、火山の大噴火、大地震、異常気象など過去に例を見ない異変が発生しています。日月神示が語っているのは、今後、もっともっと大きな大異変が起り、これらの汚染や、環境の悪化、自己の欲求ばかりの心、それら一切を洗い流す大洗濯を起こすという。ノアの箱舟として伝えられた異変の現代版です。ノアの箱舟と同様に、多くの人が死と向かい合うことになります。この大異変により、理想的な地球として、自己の利益ばかりでなく、全体が幸せな世界となるように願う人間、物質にとらわれない、理想の地球を作るのだという。
 最近まで、ノストルダムスの予言などで騒いでいて、世紀末を過ぎても何にもなかったと、一安心していたところですが、やはり起こるのでしょうか ? 最近の大きな台風、大洪水や大地震・津波、そうした世界的規模で起こっている自然の怒りにも似た現象を見る時、”やはり起こるのだろうか”と思うのは、私だけではないでしょう。

紅葉の散る絵


宇宙人に係る人類の起源と使命homeへ戻るリンク


本サイトや写真集について、感想などありましたら作者へのメールでお知らせください
なお、このとき私からの返信が届くように携帯電話等の着信拒否設定を見直してください。ドメイン単位で拒否設定している場合には設定で許可するか、PCのメールアドレスをお知らせください。

2011.3.19 追記 日月神示からの警告
 2011.3.11の東日本大震災で被災された皆様へ、心からお見舞い申し上げます。早い復興を心よりお祈り申し上げます。
上記の日月神示について、12月に追記したばかりなのに、あまりに偶然ですが、私にはこれが日月神示などで予言された大異変の序奏のように見えます。日本から異変が始まるという予言、そして原子力発電所に被害があったことなどを見るたびに、真に核の汚染に対する神(「宇宙の集合的魂」)からの警告であるように思えます。今後も異変は続くのでしょうか?
2015.12.28 追記  心の科学
 最近の科学は量子論の進展などから、世界の科学の潮流が、既に物質だけでなく、心を取り込んだ科学が一般的となったとのこと、素晴らしいことと期待出来ます。「量子論から解き明かす 心の世界とあの世 : 岸根卓郎著」 参照。これからは、心が物質に与える影響などが、当たり前に語られるようになると思います。まさにカタカムナの考え方に近づいてきたといえます。
 また、一説ではSTAP細胞(元理化学研究所の小保方晴子さんが作成し、世界的に騒がれた)は人間の心が細胞に作用してできるという。まさに、カタカムナの考え方です。私もSTAP細胞の再現が難しかったらしいことなどから見て、心の作用が関係しているのではないかと漠然と思っています。一日も早く(できれば小保方さん自身がリーダーとなり)STAP細胞の存在が証明されることを願い、小保方晴子さんを心から応援しています。
 科学の世界も心を重視しなければならない、さらに人間は日本の古神道に見るような真の魂の清めを行わなければならない。そうなるとカタカムナの考えを受け継いでいるわれわれ日本人は新しい科学、現存の宗教に代わる心の在り方の構築を行うのに最適な人種であろうともいえます。日本人の果たすべき役割は非常に大きい。 しかし、政治を見る限り、どこかの"あぶないかく"("危ない核"とも言えます)では考えるスケール(心、魂)が小さすぎかな ?(笑)


HOME 宇宙人に係る人類の起源と使命homeへ戻るリンク