セガリア・シッチン
 セガリア・シッチンはパレスチナ生まれの考古学者、言語学者であり、シュメールの古文書に書かれた文字を解読することのできる小数の一人です。
 セガリア・シッチンは古代シュメールの粘土板に書かれた古文書を解析した結果に基づく著書が多い。
そこでは人類創造の様子が詳細に書かれている。
セガリア・シッチンによれば、宇宙人アヌンナキが30万年前、遺伝子操作と体外受精により人類を創造したというのです。この創造主である宇宙人アヌンナキが旧約聖書で言う「神」という概念の発祥と考えられます。
 そして、この人類の起源については、シッチンばかりでなく複数の人が宇宙人による人類の創造であるという説を述べています。