真実を告げる書
クロード・ポリアン・ラエル著
「真実を告げる書」の著者クロード・ポリアン・ラエル(以下「ラエル」と呼ぶ)によれば、UFOから降り立った宇宙人エロヒムに出会い、エロヒムが人間を創造したと教えられたと言います。
ラエルはフランス生まれ。ラエルは若い頃のカーレーサーであった時、UFOを目撃し、降りてきた異星人に案内され異次元の世界を体験する。その異星人とのコンタクトにより、知り得た内容を著書「真実を告げる書」で述べています。
「真実を告げる書」の内容は、神ではなく、エロヒムが人間、植物、動物、全てを創造したというものです。これはセガリア・シッチンの古代シュメールの粘土板文字解析による結果と一致しています。そしてラエルが真実を告げる書で語っていることは旧約聖書の人類創造そのものです。「真実を告げる書」は真実か?詳しくは本サイトトップページ宇宙人に係る人類の起源と使命からどうぞ。
私は著者ラエルが創設した、ラエリアン・ムーブメントという団体は良く知りません。薦めるものでもありません。「真実を告げる書」を読むことはお勧めします。
 HOME宇宙人に係る人類の起源と使命homeへ戻るリンク   [元に戻る]