プレアデス銀河の夜明け
著者:バーバラ・ハンド・クロウ
 「プレアデス銀河の夜明け」の著者バーバラ・ハンド・クロウは国際的に知られる占星学者(女性)です。この著書では、異星人であるプレアデス人とのチャネリングにより得た知識として語っています。
 著書「プレアデス銀河の夜明け」の中では宇宙の全ての生命は魂のネットワークで結ばれているとの説があります。そしてそれらのネットワークを集約する「宇宙の集合的魂」が存在し、全ての生命はそこに体験結果を送り、それが全生命の進化として役立っていると言う。
 不思議なことに宇宙人ユミットと自称する者もバーバラ・ハンド・クロウと同様な内容を手紙で知らせています。(宇宙人ユミットからの手紙) 手紙では全ての生命の生きる目的は、魂のネットワークを通じて「宇宙の集合的魂」の進化及び全生命の進化に貢献することだと言っています。
  詳しくはHOME宇宙人に係る人類の起源と使命からどうぞ。homeへ戻るリンク
                [元に戻る]