惑星ニビル
ニビル星は人類を創造した宇宙人アヌンナキの故郷である。
 惑星ニビルは、太陽系の惑星で、3600年周期の超長楕円軌道で太陽の周りを回る星です。定説では発見されていません。惑星ニビルは3600年周期で地球に最も近づくことから、歴史上、その周期で地球の文明が突然大きく進歩していると言う説があります。ニビル星が周期的に地球に近づいた時、宇宙人アヌンナキは地球に降り立ちその都度ニビル星の文明の痕跡を残したとも考えられます。
 これらは考古学者セガリア・シッチンが古代シュメール文明の粘土板文字を解析して得られた結果です。