郷土で創業60年のふとん店。ふとんの打ち直しをしつつ、 店主自ら、手で糸を紡ぎ
草木染 手織りの着物、帯、座ぶとん、など作ります。

ふとんの中綿は天然繊維を中心に、原料を厳選し、自社工場において打ち直し、新綿の製造 も行っています
   電話 095-823-1427

商取引法|返品
打ち直し:仕立て 
羊毛ふとん打ち直し
綿ふとん打ち直し
草木染・手織り座ぶとん
羽毛ふとん
羽毛リフォーム
小さい羽毛ふとん
ひざ掛け
ひざ掛け
真綿ひざ掛け
真綿ふとん
近江真綿ふとん
真綿ふとん
まわた薄掛けふとん
ふとんカバーシーツ
パシーマ
半纏・ちゃんちゃんこ
ちゃんちゃんこ(女)
座布団
手織り座布団
還暦座布団
ベビー布団
婚礼ふとん
こたつ布団
手入れ(管理)方法
綿 ふとん
真綿ふとん
草木染め
長崎もめん屋の ロハス生活

        捨てないで!!
  大切な あなたの羽毛布団を甦らせます!
 この1〜2年、急激に羽毛の原材料が高騰しました。その為、粗悪
 な商品が出まわっているのでリフオームが断然お得です。

 綿、羊毛ふとんの打ち直し 
 敷き布団を掛け布団・座布団・子供用のふとんに作り変えたい。
 布団のサイズを変更したい。
 布地が破れた。
 5年以上使っている。
 干してもふんわりしない。
 ・・・等の症状がでたら打ち直しをお勧めします。


草木染め手織の座布団zabuton
   知る人ぞ知るこだわり座布団。
  ふとん屋が作る、日本一のこだわり座布団として、
  全国にテレビ放送されました。
★糸を手で紡ぎ、手織り草木染めの座布団を作りました。
滑らないので、フローリングに最適の感触です。
 素材    綿100%/ 染料・・・・・藍     
 中綿    綿100%/
 サイズ   43×47p


羽毛掛けふとん
★表/裏地   綿100%  超長綿 
   /裏地 長超綿 100% 
★中身 ホワイト ダウン 93%
★重さ  1.4kg 立体キルト加工
小さいサイズの羽毛ふとん


真綿ふとん

 ★まわたは蒸れないので、薄がけ真綿ふとんは
  オールシーズン使えて、場所もとらず、経済的

 ★表/裏地   綿100% 超長綿
 ★サイズ   150×210cm
 ★中わた   手引き真綿(絹)100% 
 ★重さ     0,6s 
 


     真綿ちゃんちゃんこ       
  中わた   手引き真綿(絹)100%
 ★
表/裏地  綿100%
 ★前身が重なり暖かです。
   (中わたを 背に厚く 前身を薄くしています

真綿ひざ掛け
   ★ 手引き真綿(絹)100%
 
2018年12月
S  M  T  W  T  F  S
                  01
02 03 04 05 06 07 08
09 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31                 

 9月17日(水)
 お陰様で・・・この言葉、いいですね。
先日、NCC長崎文化放送の方が取材に来られ、
主人の草木染め・手織りをしているところを撮影、
リポートされました。

放送は9/25(木)18:28〜スーパーJチャンネル
のカメラマンリポートのコーナー。


ふとん店を営みつつ、手織りの仕事を続けてきましたが
思い返せば沢山の方々にご指導、ご支援頂きました。
感謝せずにはおれません。


長崎人は、親切な方が多く、人情味があります。
例えば
お客様から「ザクロ(草木染めの材料)が、
実ったから取りにおいでよ。」など、わざわざ電話を頂く
こともしばしば。
お陰様で・・この言葉が、ぴったり!
実感しています。
 9月19日(金)
 オランダ坂の近くで、長崎居留地まつり。
明日9/20(土)と9/21(日)にオランダ坂の近くで
長崎居留地まつりがあります。

ダンスフェスティバル、音楽会、そうめん流し、
クイズウォークラリーなどの楽しい催し。
当店まで、歩いて8分。是非お出かけくださいね。
 9月19日(金)
 二度寝
 二度寝をして、あーあ・・・と後悔したことって
ありませんか?
ところが、後悔しないほうが体にいいそうです。
あの幸福感を味わったら、ラッキー! 得したわ-。
と前向きに考えたらいい一日のスタートがきれますね。
でも、気持ちが良いからと長い時間寝ると、逆に
体がだるくなります。
また、週末にいつもより2時間以上寝て、平日の
睡眠不足を取り戻そうとすると、ブルーマンデーの
原因になります。
くれぐれもご注意を。

 6月14日(月)
 長崎でしか出来ない, 見られない 
 体験できないこと!
 今は6月、長崎にアジサイが似合う季節です。 
時々、テレビでも紹介されている、坂の町 長崎。
独特の急カーブ連続の狭い道に、路線バスが
スリル満点に早く走ります。

 長崎バスの「60番 田上」行き、長崎バスのなかでも
田上路線には当店があります。長崎ならではの景色も、
たーっぷり 堪能できますよ。

結婚したての頃、花籠を天秤棒で前後に担いだ
おばさんが、「花いりませんかー、花いりませんかー」
と毎日、リズムをとりつつ、重いはずなのに、軽やかに
坂を上って行きました。何ともいえない暖かい声に 
誘われるように、家々から人が出てきて、お仏檀に
お供えする花などを 買うのです。会話ものどかで
温かく、お蔭でよそ者気分が解かれて 心地良く感じた
ものです。
長崎は良い所です。