★☆黄斑部☆★

●物を見る細胞の密集地帯

 目の構造をカメラにたとえた場台、フィルムの役目を果たしているのが、もうまく「網膜」です。しかし、カメラのフィルムとは違つて、物を見る力(解像力)は網膜の場所によって異なります。解像力が最もいいのは眼球の真後ろにあたる、おうはんぶ「黄斑部」です。黄斑部の中心が「中心窩」です。黄斑部は、網膜の中央部分にある黄褐色の窪みで、血管がなく視力をになう細胞(視細胞)が豊富に存在しています。

●黄斑部が障害されると視力が低下することも

 黄斑部は非常に精密な構造をしており、主に加齢が原因となって変化します。  黄斑部の中心部分が障害されたり、本来 存在しないはずの血管が脈絡膜から黄斑部に入りこむと、黄斑部に出血やむくみが起こって、視力が極端に低下する「黄斑変性症」という病気が起こります。高齢化社会の進行に伴い、近年増えてますので要注意です。