本文へスキップ

危険なストレートネックは枕で改善。猫背と枕・首猫背と枕

猫背・首猫背、ストレートネックになる枕


蒲鉾形枕・半円枕、タオル枕、バスタオル枕、低反発枕は、猫背、首猫背、ストレートネックを誘発し、更に症状を悪化させる危険な枕なので絶対に使用してはいけない。

次の6枚の写真をご覧ください。

ストレートネックと低反発枕の関係   ストレートネックと枕の関係


ストレートネックになる枕には、タオル枕、バスタオル枕も含まれる    タオル枕・バスタオルはストレートネック枕に分類されます。


ストレートネックになる枕で肩こり、頭痛を発症     肩こり、頭痛を発症するストレートネックと枕

低反発枕、逆傾斜型枕を使用した時の寝姿勢を直立の状態にすると、頭・首を前に突き出して猫背、首猫背、ストレートネックの悪い姿勢になっている事が分かります。
これらの写真は全て低反発枕、逆傾斜型枕、タオルをグルグル巻いた枕が危険な枕であることを立証した写真です。


悪い枕を使用したり、悪い姿勢を長時間保つと椎骨がずれて変形し、ストレートネックや猫背、首猫背になる為、重要な神経や血管を圧迫します。

神経や血管を圧迫すると、頭痛・片頭痛・偏頭痛、肩こり、不眠症手のしびれ、めまい、吐き気、寝違えの原因になる場合があります。
ストレートネック、猫背、首猫背による頭痛等は、正しい姿勢を保つ枕で簡単に改善することができます。

 
 

 危険な枕・ストレートネック 枕

ストレートネックを改善する枕として販売されている枕の中に、絶対に使用してはいけない枕があります。
先ずは、その枕の形状をご覧ください。


 ストレートネックになる枕      ストレートネックになる枕 半円枕はストレートネックになる枕である  かまぼこ型枕はストレートネックになる枕である 枕の真ん中を窪ませた枕は猫背枕・首猫背枕・ストレートネックになる枕である    猫背枕・首猫背枕・ストレートネック枕


 

これらの枕でストレートネック、猫背、首猫背が改善されると思いますか?
正解はNOです。
ストレートネック、猫背、首猫背が改善されないだけでなく、悪化させる恐れのある非常に危険な枕の一つに分類されます。
使い続けると頭痛、肩こり、めまい等を発症し、最終的には立てない状態にまで陥るので、思い当たる方は即刻ご使用を止めるよう警告させていただきます。

以前、小学校五年生の児童を持つ親御さんからご相談がありました。
御嬢様が肩こりが酷く、又、猫背気味だったため整体へ行った所、上図のような蒲鉾形枕・半円枕を使うように指導されたそうです。
御嬢様は使用を拒否したそうですが、嫌がるのを無視し、強制的に使うように指示していたとの事でした。
使い続けて数週間、突然異変が起きました。
めまいと吐き気で、立つことさえ出来なくなってしまったようです。
実はこの形状の枕は、主に整体院が推奨するもので、バスタオルをグルグル巻いても代用できるとしています。

何故、蒲鉾形枕・半円枕がストレートネック、猫背を改善できないのか、何故、ストレートネック、猫背を悪化させるのか、何故、頭痛、肩こり、めまいを誘発させるのか、その理由が分からない方も多いのではないでしょうか。
答は簡単です。蒲鉾形の枕と低反発枕、バスタオルをグルグル巻いたタオル枕・バスタオル枕、そして枕の真ん中が窪んだ枕は兄弟・姉妹だからです。
一見、全然違う枕のような形状をしていますが、良く観察すると本当にそっくり、瓜二つと言う言葉がピッタリです。
形状、構造、理論上も疑う余地のないほど合致します。


逆傾斜型枕(低反発ウレタン枕)、枕の真ん中が窪んだ枕は、後頭部がすっぽり納まり安定するように思えますが、実は大きな間違いです。
後頭部が窪みに納まる前に、必ず頸部(首)の方が早く枕に当たる形状になっています。

つまり、首の当たる部分が盛り上がっている為、自分の頭部の重さと同じ力で素材を圧縮させながら首の納まるスペースを確保しなければなりません。
しかし、素材の元に戻ろうとする力が常に働いている為、首には下から突き上げられるような強い反発力が生じ、それが圧迫感となります。
この状態を長時間保つと椎骨がずれて、頚椎が前方に歪んできます。(ストレートネック、猫背、首猫背の姿勢)

低反発枕、蒲鉾形枕・半円枕は頭頂部の方が下がっている形状をしているので、ストレートネック、猫背にはならないと考える方のために、もう少し補足します。
頭頂部は、首を前方に突き出してから下がります。

この時の姿勢を誇張して描くと下図のようになります。

 猫背枕・首猫背枕・ストレートネック枕 猫背枕・首猫背枕・ストレートネック枕

 

悪い枕が原因の頭痛・偏頭痛・片頭痛、肩こり、不眠、寝違え(寝違い)、猫背、ストレートネック等は、首に良い枕を使用することで簡単に改善できます。



仮に、人間の首が図(A)のように平べったい形であれば、逆傾斜型枕(低反発ウレタン枕)は理想の形状だと言わざるを得ません。(但し、真上を向いた時のみ)
しかし、現実には首は茶筒のような円柱形のため、枕に首の納まる窪みができなければなりません。
窪みを作ることができない場合、頭と首を前に突き出したような不自然な姿勢になります。
 

 首の形  平らな首に合う枕

 

頚椎保護枕は自然な寝姿勢を保ちます

枕の高さが同じでも、頚椎保護枕と従来の枕では使用感が全く異なります。
従来の枕が首を折り曲げた状態になるのに対し、頸椎保護枕は立った時と同じような自然な姿勢を保つからです。
外観だけでなく、実際に頸部(首)を優しく、しっかりと支えることにより、従来の枕、オーダーメイド枕では味わうことのできない抜群のフィット感と心地よさを体感できます。


頸椎保護枕を横から見た図
ストレートネックを改善する枕      ストレートネックを改善する枕

頸椎保護枕を足の方向から見ると、首の形状と同じ窪みができる
 ストレートネックにならない枕には、窪みができる ストレートネックを改善する枕

頸椎保護枕は、寝姿勢が変わっても常に最善の状態を維持できるように素材が移動して頸椎をしっかりと支えてくれます。
従来のそば枕、パイプ枕等とは違い、頭が動いても中材が偏りません。
また、低反発ウレタン枕のような強い反発(圧迫)が無く、安定したフィット感が得られます。


睡眠・健康と寝具の係りは深く、特に枕は慎重に選ばなければなりません。
合わない枕を使用すると熟睡できないだけでなく、健康を害する恐れがあります。
しかし、自分に合った枕を探し出すことは非常に困難な事ではないでしょうか。
良い枕だと思って買った枕が合わず、結果的に10個も20個も買ってしまったという方は少なくありません。
いい加減な枕が多い現状では無理もありません。
世界で唯一の優しい枕・頸椎保護枕が、きっと悩みを解決してくれます。


ストレートネックになる原因
  • ストレートネックとは通常湾曲している頚椎が直線的になる事を指し、パソコン、スマートフォン、デスクワーク等を長時間行った場合になりやすい。
    スマートフォン等は俯く姿勢で操作する事になるので、継続して行うと椎骨が徐々に前方にズレ、真っ直ぐになります。
ストレートネックの症状
  • ストレートネックの症状としては、首の痛み、肩こり、頭痛があり、酷くなると吐き気、めまい、しびれ等の症状が出ます。
ストレートネックの予防と治し方
  • 長時間うつむく姿勢を保つとストレートネックになる事からも分かるように、背筋を伸ばした正しい姿勢になることでストレートネックを改善することができます。
    しかし、うつむく姿勢で作業をしなければならない職業、趣味は数多くあり、作業中は姿勢を正すことはできません。
    その場合、作業中は無理だとしても、それ以外の時間を有効に活用することでストレートネックを予防したり治したりできるはずです。
    例えば適度な運動も必要だとは思いますが、もっと簡単に、しかも楽にストレートネックを改善する方法があります。
    それは睡眠時間を活用する方法で、無理をしないで毎日続けられます。
    具体的には枕の上に首と頭を乗せるだけ、つまり、単なる睡眠と言うことになります。
    但し、どんな枕でも良い訳ではなく、頭と首を前方へ突き出す力が働く枕は逆効果になるのでご注意ください。
    又、ストレートネックはタオル枕やバスタオル枕では改善されず、頚椎が正常なカーブ(横から見た時のカーブと、足の方向から見た時のカーブ)を描いた姿勢の時にのみ改善されます。

    日常の生活に於いて意識的に正常なカーブを保つことは意外に難しく、苦痛になる場合もあります。
    それなら無意識のうちに矯正し、気が付いたら改善されていた、と言うようなパターンが望ましいのではないでしょうか。
    以上のような理由から、ストレートネックの治し方は睡眠時間を有効活用できる枕に着眼するべきではないかと考えます。

 枕のページ先頭へ