入力ファイル

アニメソフトの入力には gif しか読み込めないものと、そうでないものとがあります。

UNISYS 社の LZW 圧縮に関する特許問題からの解放(2004 年 06 月 20 日)、これ以降に開発された或いはバージョンアップされたものは gif 以外の形式のものが読み込み可能となっています。

入力前の問題

gif 入力
他の形式から変換してからでなければ入力できない。
最初の画像より画質が劣る時がある。(特に写真などを利用した時)
アニメ gif にしたときはさらに劣ることも。
他形式入力
最も美しい bmp の入力ができるので仕上がったアニメも劣ることが少ない。
元画像を保存する場合、bmp だとファイルサイズが大きいのでハードディスクを圧迫する。

ソフトによる差

BMP での実験

実は giam も bmp など gif 以外の形式から作ることが出来るとされているので、できあがったアニメのファイルサイズに差があるかどうかを見たかったのです。

10,782bmpファイルサイズ 10,782
12,112gifファイルサイズ 12,112

意外!! 予想しなかった結果でした。

ソフトの仕様によって gif から組んだ方が軽いものと bmp から組んだ方がいいものとがあるようです。

ani4gif は仕上がりが異なる。
giamnatmagmalgifvisualgani4gifd-xiumoviesSwiSH
gif12,11212,09012,08512,10612,08511,31712,06911,237(SWF)
bmp10,78213,934-14,02911,979-14,43110,7954,386

このフラッシュは「明度」ではなく「アルファ」(透明度)をかけたものです。
Flash にも bmp でも軽くなるものと、jpg の方が軽いものとがある。 これは jpg で読み込んだものです。

HOME > 大学校校門 > 他のソフトとの比較