軸回転

「回転」というのは「カッコいい」のですが、
陰までつけてくれる作業をやってのけるフリーソフトは国内には見あたらないようです。(3D ソフトにはあるのかもしれないが‥‥)

「影」を無視すれば、pictbear SE でもできます。

3,267

軸回転はそのコマ画像をグリグリ描かなければなりません。
まるいものが回っている分には問題ないのですが・・・
このアニメは5コマ構成ですが、少なくとも4コマは必要です。

  1. 正面画像
  2. 右に45度ほど回った状態。
  3. 真横から見た画像
  4. 左に45度ほど回った状態。
  5. (背面画像)

802 525 767 872 865

影の状態などを見てください。
回転の中心も合わせる必要があります。

回転の中心も合わせる 4,303

GIMP

2,772

GIMP だと古い方の ver. 1.2 でも現行の ver. 2.2 でも、右のような画像を読み込んで、

「Script-Fu」 → 「Animator」 → 「Spinning Globe (回転球)」をクリックすれば、17,930 こんなアニメを作ってくれる Script-Fu があります。

できる海外ソフト

15,612

これは「移動」と組み合わされているので、25コマ構成になっています。

Macromedia Flash MX (2004) は Flash を「gif アニメ」にエクスポートできる機能があるとのことですが、他にはなかなか見あたらないのではと思います。
先にやったスクロール・アニメもかなり 楽に出来る英語の海外ソフト があります。
この軸回転には「日本語」が使えませんが‥‥

軸回転お助けソフト

「テキスト(文字)」だけですが、そんな コマ画像を自動的に作ってくれる ものが、フリー(無料)ソフトにあったのです。
これも英語ソフトになりますが‥‥

専門お助けソフト

今まで紹介を控えていましたが、日本語の専門のソフトもあります。
ただし、「有料」です、と言っても決して高価ではありません。
557円 ですから‥‥。

Animation-banner Source-image Maker は7種類のモードが用意されています。
「試用」については各モード2回の保存ができます。

交差、拡大縮小、拡散消失、回転、旋回、色替え(レインボウのような)などのパターンがあって、複合させることもできる。(複合させると当然ファイルサイズも大きくなって、実用と言えるかどうかの問題はあります。)

珍しいフィルタ

フィルタ専門ソフトである「FunFunFilter」というフリーソフト(=無料)に「筒を回した」状態の画像をゲットすることができるものです。
特別に1ページ 設けてありますから是非ご覧下さい。

転回を付ける

画像編集ソフトで言う「回転」は「角度」が変わる機能を指すことが多いのです。
しかし、「グルングルン」と時計の針のように回っているだけでは面白くもないですし、アピールもしませんね。

7,417

これは他のフリーソフトを利用して作ったものです。 この程度なら、元画像は pictbear SE でも出来るでしょう。

利用したソフトは DynaLOGO と言うフリーソフトです。
「影付け」は「テキスト」にだけしか利用できません。
ソフト作者のサイトは http://www.lnsoft.net/
そうです、カンタンアニメ作成の VisualG++ の作者なんです。

余談ですが、ソフト作者のサイトや紹介サイトへ行くと、関連した興味深いツールがあったりします。

メニュー提供 : DHTML Menu By Milonic JavaScript