pictbear SE での作り方

この写真にノイズを加えてみます。 こういったカラーノイズ入りはファイルサイズが大きくなるので、ここでは「白」のノイズにします。

step 1 pictbear SE では「0」から「100」までが指定範囲ですから、「17」で刻んでみます。

22,110

step 2 このようにできたものを読み込ませます。 この場合白なので「最適化」が幾分かでも働きますから、「最適化」ボタンを押してから「再生」「保存」してみます。

step 3 白ノイズなので、ファイルサイズも 22,110 バイトで済んでいますが、カラーノイズにすると、3倍近くの 60,978 バイト(別窓)にもなります。
また、ノイズを施すのを画像部分だけにすれば、約 10kb 程軽くなります。
他には、拡大するとか縮小するとかの応用も考えられます。

別に紹介する韓国の「ALGIF」というフリーソフトにはこの機能が付いていて、画像を1枚用意するだけでできるようになっています。 往復するカタチになっていますから、デフォルトでは 31 フレームもあってファイルサイズが 105kb にもなります。 それを 21 フレームにしてから半分にしたもの(別窓) では、55kb ほどでした。 この画像と大差なしです。

メニュー提供 : DHTML Menu By Milonic JavaScript