元画像の作成(2枚目以降)

step 34 前ページの18)まで戻り、選択範囲を解除します。

レイヤーはどちらでも構いません。


step 35 文字部分を選択範囲にします。 (前ページ の16)参照

step 36 「イメージ」 → 「シフト」をクリックすると、移動が楽にできます。

step 37 この方法は「スクロール」などにも応用できます。 右や下へはプラスの数字を入れ、左や上にはマイナスの数字を入れることになります。
画像の幅 (125) をコマ数 (10) で割ったものです。

step 38 移動したら選択範囲を解除し、新たに文字部分を選択して 前ページ の21)からの操作になります。

step 39 この結果このような画像が得られました。

GIAM への読み込み

この種類のものは特別なことはありません。 透過色を設定しただけです。 ファイルサイズの適正化も効果ありません。

step 40 そしてこれができあがった gif アニメです。 ファイルサイズは 11,048 バイト。
虹に近い色を選んだので、むしろ「水色」や「ピンク」を選ぶと、もう少しきれいなものができるでしょう。


メニュー提供 : DHTML Menu By Milonic JavaScript