レインボーのグラデーションを作る

ここでは pictbear SE でレインボウのグラデーションを作ることから始めます。

文字の用意

文字には「ENTER」を選びました。 フォントも決めておいてください。

step 01 フォントによってタテヨコの大きさが違ったりもしますから、大きめのキャンバスに文字を入れます。

step 02 上下左右を 1px 残してトリミングし、保存します。
この余白は後で「1px」の縁取りをするためですから、必要なければ無くて構いません。

グラデーションの作成

94

step 03 上の画像と同じ大きさの白紙画像を用意します。

step 04 新規レイヤーを作ります。 これはレインボウ・カラーの「不透明度」の調整で原色から和らげるためです。

step 05 次にグラデーションを作りますが、緻密な計算が必要です。
5色という民族もあるとのことですが、一応7色の虹のグラデーションを作るものとします。

step 06 上の画像は幅が 125px ですから、7つに割ると1回のグラデーションが「18」になります。 余りが出たり、足りないときにはグラデーションを作るときに調整します。

step 07 作業が細かいので、画面を拡大して行うのがいいでしょう。
「選択範囲」を設定します。

step 08 グラデーションのカラーを設定します。 左上が左から、右下が右の色になります。

step 09 このように塗ってから、レイヤー・ウィンドウの上部にある「不透明度」のツマミを左へ動かして調整します。

step 10 選択範囲を解除して、その隣に新しい選択範囲を採ります。
色を赤からキイロに塗り替えて 、キイロの下にある矢印をクリックしてひっくりかえします

step 11 この操作を繰り返して、こんなグラデーションができたと思います。 この場合最後に 1px 少なくなります。

step 12 移動させるためには2倍のスペースが必要ですから、「イメージ」 → 「キャンバスのリサイズ」で「幅」を2倍にします。


step 13 左半分のグラデーションを選択して「編集」 → 「コピー」、そのまま貼り付けて右へ移動します。

このグラデーションは必要なら保存しておくのもいいでしょう。 ただ、他の文字の場合には扱い方が違ってきます。 文字全体の幅を合わせなければならないからです。

メニュー提供 : DHTML Menu By Milonic JavaScript