GIAM を起動

step 03 操作は非常にカンタンです。
右が GIAM、左はデスクトップですが、「マイコンピュータ」からでも同じです。
下図のように画像を GIAM の左上のグレイのエリア、あるいは左下の白いエリアへ ドラッグ&ドロップ するだけで読み込みが出来ます。

このとき、右の「×」が付いている「開く」から読みませようとすると、こんなエラーが帰ってきます。
これは読み込むのが「gif」だけという仕様になっているからです。

私の場合「bmp」はサムネイルアイコンで示されるので、こんな感じになりますが、他の形式でも全く同じです。 アイコンはそれぞれの環境によってマチマチでしょう。

上の窓へドラッグすれば上に増えていき、下へドラッグすれば下へ増えていくのです。(3枚以上の時注意!) 次のページ

読み込みはドラッグ&ドロップ 7,325

「Ctrl」ボタン、あるいは「Shift」ボタンを押して、2枚以上の画像を1度にドラッグすることもできます。

step 04 1枚目の画像を読み込みました。
もう1枚も同じように読み込ませます。

step 05 ここでは2枚だけですからこのように示されます。

順序を間違えたり、取り替えたいときにはこの下にある移動ボタンで移動します。

アニメの設定

アニメの設定 2,241

step 06 「ver. 2.01」 を使っている人は是非最新のバージョンにしましょう。

デフォルトで「繰り返しセット」がチェックされ、「ウェイト」も「10」がセットされるようになりました。(ver.2.02 から)

このままでは「再生ボタン 再生ボタン 205」を押してもいいでしょう。

「0」というのは「次の画像を表示するまでの時間」が「0」であることです。 つまり、目に見えないスピードで画像が切り替わることを意味します。

これは「100」で1秒なのです。
TV アニメや Flash では「8」、つまり12分の1秒が基本になっています。
とりあえず「20」で設定してみます。

名前をつけて保存

step 07 「ファイル」 → 「名前を付けて保存」(或いは左から4つ目のアイコン)をクリックするとこのような小窓が出てきます。

名前をつけて保存 2,524

step 08 「出来るだけパレットを統一」 これが大事です。

これがファイルサイズを小さくするコツなのです。

完成

余り面白くないね 11,694

プレビューで見たときよりも変わっていると思います。 偶々選んだ画像の右がほとんど白いので感じなかったためだと思います。

余り明度差を付けすぎると、チカチカで目を痛めたりしますから抑えてあります。
多分 このままでは面白くないでしょう。 でも意外とカンタンですね!

これが「基本技」になります。 従って、特に必要がなければ、他のページでの「画像の読み込み」や「アニメ画像の保存」については割愛します。

メニュー提供 : DHTML Menu By Milonic JavaScript