PictBear SE で jpg

9,119

右の画像は勿論インデックスカラー png な訳ですが、日頃から言うように、このような場合、PictBear SE を使って「jpg」で保存すると、「きちゃな〜!」と声を発することになります。

8,137

こちらは Adobe Photoshop 7(勿論体験版、ただし英語版)で「Web 用に保存」で保存したものです。 「赤」と「緑」や「水色」の交点を見てください、全く違うでしょう。 しかも、こちらの方が約 1 kb も軽いのです。

ここではそんな話をしてみたいと思います。

私はプログラムのわかる人間ではないので難しい話はできません。 しかし、サラ〜っと しらぎくさいと実験室 の「JPEG 画像形式の概要(圧縮アルゴリズム)」のようなページに目を通しておくと理解しやすいこともあります。

jpg の詳細設定

PictBear SE 事典の JPEG の基礎知識 にあるように行けば、このような設定ダイアログが出てきます。

この項目だけはどのソフトにもあると思います。 実はそこにない項目もあるのですが、多くのソフトでは対応させていない、もしくは省略していると考えられます。 先に実験室にも書かれているように、対応できないのかもしれません。

内外の 40 本近いソフトを調べてみました。

皆さんのよく使うソフトも見てみましょう。

1,945

JTrim

内容としては PictBear SE と全く同じです。

ファイルサイズで指定というのは「画像掲示板」などのサイズ制限に対応させるためです。

IrfanView32

IrfanView32 に画像を読み込み、「ファイル」 → 「名前を付けて保存」をクリックし、3 段目の「カラーサンプリングを無効」にチェックを入れると、文字入れ画像でもキレイに保存できます。 保存画質は 90% (PictBear SE と同じ)で十分です。 元の画質が悪いものは論外です。

当然 PictBear SE の場合と同じファイルサイズにはなり得ません。 およそ 30% 余り大きくなると思います。

7,178

左がサブサンプリングを無効にしたもの。

7,121 9,795

しかし左の方が 1.5 kb (約 35%)以上肥大してしまいます。

それでは次ページから他のソフトを当たってみましょう。( → )

メニュー提供 : DHTML Menu By Milonic JavaScript