第68回野球大会第一日目

各区での厳しい予選大会を勝ち抜き、令和元年度第68回川崎市子ども会連盟野球大会への出場をお祝い申し上げます。選手諸君は勿論のことですが、指導者である監督 ・コーチの献身とご家族の皆様の熱い応援に敬意を表します。また、各区での大会を運営された関係者の方々にも感謝し、来るべき本大会にも絶大なるご支援ご協力をお願い申し上げます。伝統ある子ども会連盟の野球大会がいよいよとなりました。正に真夏の炎天下で実施される大会ですので体調に留意され日頃の練習の成果を存分に発揮されますようお祈りいたします。(中村清武体育委員長)

川崎市子ども会連盟野球大会

第1日目

令和元年7月27日(土)8時30分開幕

御幸球場

今年はまだ梅雨明けの発表はありませんが、毎年梅雨が明けた快晴の空の下で、川崎市内7区の子ども会連合会を勝ち抜いてきた子ども会野球チームが、7月最終土曜日、日曜日を使って市内1位を決めます。昨年同様、等々力野球場が建て替えのため使えません。令和最初の年度野球大会は御幸球場を利用しての大会となりました。川崎市少年野球連盟学童部の審判員や役員のみなさんには開会式、準々決勝から決勝までの7試合と閉会式までお世話になります。今年度もよろしくお願いします。
下のスコアはタップで大きく見ることができます。

開会式の動画

毎年恒例の開会式の様子

開会式から第一試合までのハイライトシーンです。3分46秒あるのでごゆっくりご覧ください。

       


一回戦第一試合

浅田1・2丁目(川崎区)×富士見台ウルフ(宮前区)

初回、トップショート鈴木君のセンター越え2塁打に始まり、1、2回で2点を先取した浅田でしたが、2回裏、富士見台ウルフも3本の長短打に犠打を絡め同点とし、伝統の強さを見せる。しかし、3回表に鈴木君の2打席連続の2塁打を始め、3本の長短打に四球、犠打などで4点、6回には3点を挙げ、浅田が快勝。

一回戦第一試合スコア

一回戦第二試合

千代ヶ丘(麻生区)×パークシティ新川崎(幸区)

先攻を取った千代ヶ丘。1回表、四阿君の本塁打を含む長短5安打に犠打を含めて、打者11人の猛攻で6点を先取。しかし、その後、パークシティは﨑山君など繰り出した投手が千代ヶ丘の猛打戦を封じ、4回までゼロに抑える。しかし、5年生以下で戦うというパークシティは、村田君、佐藤君の2投手に抑えられ、完封負けでした。

一回戦第二試合スコア

一回戦第三試合

かりがね台(多摩区)×下小田中第一(中原区)

下小田中第一を1回は3者凡退に抑え、快調な滑り出しと思われたが、2回、3塁打、2塁打を含め、5長短打、3四死球で打者11人の猛攻を受け7失点。3回には四球を足がかりに1点を追加される。しかし、4回。2四死球から赤川君の左中間を抜く2塁打で2点を返す。しかし時すでに遅し。5回裏、下小田中第一に3安打で1点を追加され9対2で敗戦。この試合、下小田中第一の背番号3山田さんはやまゆりに選抜された好選手。やまゆりの練習から帰って来たばかりでレフトの左に強烈な2塁打を放つなど、2安打1四球3得点の大活躍。来月、愛媛県松山市で行われる、全国大会での活躍が楽しみです。

一回戦第三試合スコア

一回戦第四試合

小倉南(幸区)×下作延第二町会(高津区)

初回に2安打1四球で1点、3回には2本に2塁打で1点と小刻みに得点を重ね、4回にはダメ押しの4点で試合の主導権を握る。一方の小倉南は3回に1点を返したものの、なかなか下作延第2町会を攻略できず。しかし、6回表、1死から4長短打に四球をからめ3点を返し、あと2点となるが万事休す。6対4で下作延第二町会が勝しました。

一回戦第四試合スコア

(記事:佐藤一勇)

トーナメント表

下記のトーナメント表はタップでPDFを表示します。

トーナメント表

第二日目は次ページから

第二日目へ