●● 伊予松山新田藩二代  松平備中守定静(17291779 ●●
帝鑑間 
五位下 備中守
内室 織田下野守信方の女(旭仙院殿)
享保14年
(1729)
【誕生】
 江戸二本榎屋敷で誕生。父は松山新田藩初代松平主計頭定章。母は側室放光院松本氏。長島氏を称し、源之助と名づけられました。
享保15年
(1730)
【新田藩主松平家世嗣となる】
 父定章公の願いにより嫡子となり、松山藩5代定英公より松平氏の称号を賜い、松平源之助と称しました。3年後、定静と名を改めました。
寛保3年
(1743)
【初登城】
 8代将軍吉宗公、世嗣家重公に初めて拝謁を賜う。
延享4年
(1747)
【父定章公、二条城で危篤】
 江戸にいた定静公にもとへ父定章公が危篤に陥ったと知らせが入りました。定静公はただちに本家の定喬公へ上洛の願いを出しました。定喬公はすぐさま幕府へ届出、その日のうちに許可。定静公は上洛しましたが、その道中で父の卒去を知らされました。
【新田藩2代藩主、就任】
 定喬公の願いにより定静公へ新田藩10,000石が相続されました。
【叙爵】
 従五位下に叙され、備中守と称しました。
寛延2年
(1749)
【日光祭礼奉行、任命】
 これ以降、寛延3年と宝暦4年、宝暦8年には大坂加番、宝暦10年、宝暦11年、宝暦13年には日光祭礼奉行に任じられています。
宝暦元年
(1751)
【婚礼】
 織田氏下野守信方の女と婚礼。
宝暦3年
(1753)
【内室、卒去】
 内室織田氏が卒去しました。法号は旭仙院殿賢誉牧月詠亮大姉。済海寺へ埋葬されました。子女はありません。
明和2年
(1765)
【7代定功公の急養子となる】
 本家定功公が危篤となり、分家松平長門守定蔵公より幕府へ定静公が養子となる旨が届出されました。
【8代藩主、就任】
 定功公の卒去後、幕府より定蔵公と同伴の上、登城せよと奉書が届きました。
 定静公は定蔵公とともに登城。定功公の願いのとおり松山藩15万石の相続が、老中松平右近将監武元より申し渡されました。同時に新田藩10,000石は幕府へ収められました。本来、この新田藩は特定の領地を分知したものではなく、蔵米を支給していましたが、幕府はそれを認めず、領地の上納を命じました。
【伊予松山新田藩廃止】
 定静公の本家継承に伴い、新田藩は廃止され、同時に定章公以来の新田藩松平家は家絶しました。
※ 伊予松山藩八代 松平隠岐守定静の項目へ
先代 目次 伊予松山藩八代定静公へ