このサイトの参考文献です。一部、戦前に出版されたものがあり入手困難なものもあります。
〈 松平隠岐守に関する文献 〉
● 古書店でたまに販売している書籍
 秋山久敬・尾崎久ト 『松山叢談』 豫陽叢書刊行会 (一九三六)
 
  ←久松勝成の命により秋山好古・秋山真之兄弟の父が編集した松山藩松平家の正史です。
 「久松定武は語る」刊行会 『久松定武は語る』 (一九八〇)
  ←久松家前々当主定武様の貴重な自伝です。華族時代の生活ぶりなど、私たちでは想像できないお話があります。

● 主に松山市内の有名書店で販売している書籍(部数に限りがあります)
 伊予史談会 『予松御代鑑』 伊予史談会双書第八集 (一九八二)
 伊予史談会 『松山町鑑・三田村秘事録』 伊予史談会双書第九集 (一九八九)
 伊予史談会 『垂憲録・垂憲録拾遺』 伊予史談会双書第十二集 (一九八六)

 伊予史談会 『松山藩役録』 伊予史談会双書第十九集 (一九八九)
 伊予史談会 『手鑑・膾残録』 伊予史談会双書第二十集 (一九八九)

● 愛媛県立図書館や松山市立中央図書館などで閲覧できる書籍
 愛媛県編年史編纂委員会 『愛媛県編年史』 愛媛県 (一九七一) 第六巻
 景浦直孝 『伊予史論考』 関洋紙店印刷所 (一九六一)
 松山市史編集委員会 『松山市史』 松山市役所 (一九九三) 第二巻

 松山市史編集委員会 「久松家譜」 『松山市史料集』 松山市役所 (一九八七) 第二巻
 松山市史編集委員会 「松山藩寺院録」 『松山市史料集』 松山市役所 (一九八七) 第十三巻
 松山市立子規記念博物館 『伊予松山の城主』 (一九八四)松山市立子規記念博物館 第八回特別企画展図録
 松山市立子規記念博物館 『子規の系族』(一九九〇)松山市立記念博物館 第二十一回特別企画展図録
 松山城編集委員会 『松山城 増補五版』 (一九九四) 松山市観光協会


● 伊予史談会へ問い合わせすると求められる書籍(部数に限りがあります)
 藤本数夫 「祝谷山常信寺の歴史と松平家」 『伊予史談』 伊予史談会 (二〇〇四) 第三三四号
 藤本数夫 「武家官位と殿席からみた松平隠岐守の家格」 『伊予史談』 伊予史談会 (二〇〇五) 
  第三三七号
 藤本数夫 「仏国山法龍寺の歴史と松平家」 『伊予史談』 伊予史談会 (二〇〇五) 第三三八号
 藤本数夫 「松平隠岐守の家督相続―実子相続からから養子相続への血統の保持―」 『伊予史談』 
  伊予史談会 (二〇〇七)   第三四五号
 藤本数夫「松平隠岐守家の宗旨と戒名(法名)」『伊予史談』伊予史談会(二〇〇八)
 創立95周年記念特集号(1) 第三五〇号  
 藤本数夫「武家官位と殿席からみた松平家(久松家)一統の家格について『伊予史談』伊予史談会
  (二〇一二) 第三六四号
〈 伊予今治藩松平家に関する文献 〉
 今治市郷土史編纂委員会 『今治拾遺』 今治市 (一九八七)
 一般財団法人今治文化振興会今治城 『今治藩主久松松平氏の世界』 平成28年度今治城第2回特別展 (二〇一六)
〈 武家の家格や徳川将軍家に関する文献 〉
● 県庁所在地立の図書館や大学付属図書館で閲覧できる書籍
 小川恭一  『江戸幕藩大名家事典』  上中下全3巻  原書房  (一九九二)
 小川恭一 「近世武家の通称官名の制約 『風俗』 第三〇巻第四号(一〇九) 日本風俗史学会 (一九九二)
 小川恭一 「お大名の官位」「江戸城の伺候席」「武家の通称官名」「所領のないお大名」『江戸期の社会実相100話』
  つくばね舎 (一九九八)
 国史大系刊行会 『新訂増補 国史大系 徳川実記』 (一九三〇)

 国史大系刊行会 『新訂増補 国史大系 続徳川実記』 (一九三〇)

 竹内誠 『徳川幕府事典』 東京堂出版 (二〇〇三)
 堀新 「近世武家官位の成立と展開 ―大名の官位を中心に―」 『新しい日本史 1 国家と秩序』
  (一九九六) 新人物往来社
 橋本政宣 『近世武家官位の研究』 (一九九九) 続群書類従完成会

 二木謙一 『中世武家の作法』 (一九九九) 吉川弘文館
 今谷明『戦国大名と天皇 ―室町幕府の解体と王権の逆襲―』(二〇〇一)講談社学術文庫
 吉田昌彦(2016) 「徳川将軍家の元服儀礼と朝幕交渉『九州大学大学院地球社会統合科学』 第23巻 第1号
 藤井譲治(1990) 「明治国家における位階について」 『京都大学人文学報』

● 古い図書館の蔵書にあるかもしれない書籍
 田邊泰 『徳川家霊廟』 彰國社 (一九四二)
 ←偶然にも10年ほど前、松山市内の古書店で見つけました。戦災で焼失した徳川家御霊廟の貴重な写真があります。


● 徳川時代の宗教と社会について
 井上智勝 高埜利彦 『近世の宗教と社会2 国家権力と宗教』 吉川弘文館 (二〇〇八)
  曽根原理 「増上寺における東照権現信仰」   岸本覚 「幕末萩藩における祭祀改革と「藩祖」」
  高埜利彦 「近世門跡の格式」           菅野洋介 「輪王寺宮の権威と在地寺社の動向」

 島薗進 高埜利彦 林淳 若尾政希 『将軍と天皇』 春秋館 (二〇一四)

● インターネットで閲覧できる史料(論文)
 吉田昌彦 「徳川将軍家の元服儀礼と朝幕交渉」『地球社会統合科学』(二〇一六)  

〈大名家の養子や婚姻、家督相続に関する文献 〉
● 県庁所在地立の図書館や大学付属図書館で閲覧できる書籍
 中田薫 「徳川時代の養子法」「徳川時代の婚姻法」「徳川時代の家督相続法」「徳川時代の親族法相続法雑考」
 『法制史論集』 第一巻 岩波書店 (一九四三)

〈 仏教史や寺院に関する文献 〉
● 県庁所在地立の図書館や大学付属図書館で閲覧できる書籍
 今泉淑夫 『日本仏教史辞典』 吉川弘文館 (一九九九)
 
 
 愛媛県史編纂委員会 『愛媛県史 学問・宗教』 愛媛県 (一九八五)

 神宮司庁 『古事類苑 宗教部一』 吉川弘文館 (一九七七)  
 慧岳曲水 『禅宗  院号・道号・戒名字典』 国書刊行会  一九八九 

 原勝文 『戒名よもやま話』 国書刊行会 (一九九〇) ←分かりやすく読みやすい本です。
● 一般に販売されていない書籍
 渋谷慈鎧(発行・編集) 『日本天台宗年表』 (一九三七)←某御寺院様の蔵書にございました。


〈 城郭に関する文献 〉
 三浦正幸監修 『すぐわかる日本の城』 東京美術 (二〇〇九)
〈 家紋に関する文献 〉
● 県庁所在地立の図書館や大学付属図書館で閲覧できる書籍
 
本田總一郎 『新集 家紋大全』 梧桐書院 (一九八二)
  ※ サイトで使用している紋はこの文献より転載いたしました。

〈 大名家の墓に関する文献 〉
 秋元茂陽 『江戸大名墓総覧』 金融会社 (一九九九)
 鈴木尚・矢島恭介・山辺知行 『増上寺 徳川将軍墓とその遺品・遺体』 東京大学出版会 (一九九七)

〈 天皇・皇族に関する文献 〉
 小倉慈司・山口輝臣 『天皇と宗教』 天皇の歴史09 講談社 (二〇一一)
更新:平成30年11月6日(火)