輪王寺宮 歴代御門跡

輪王寺宮御門跡歴代一覧

代数  僧侶名 降誕年(上段)
薨去年(下段)
実父
養父
東叡山寛永寺開山  慈眼大師天海大僧正 天文5(1536)年
寛永20(1646)年
不明
東叡山寛永寺2世  久遠寿院准三宮公海大僧正 慶長12(1607)年
元禄8(1695)年
花山院忠長
東叡山寛永寺3世
輪王寺宮御門跡第1世
天台座主第179世
 後水尾天皇皇子
  本照院宮前天台座主一品守澄入道親王
寛永11(1634)年
延宝8(1680)年
後水尾天皇
東叡山寛永寺4世
輪王寺宮御門跡第2世
 後西天皇皇子
  解脱院宮一品天真入道親王
寛文4(1664)年
元禄3(1690)年
後西天皇
東叡山寛永寺5世
輪王寺宮御門跡第3世
天台座主第188世
同190世
 後西天皇皇子
  大明院宮前天台座主准三宮一品公辨入道親王
寛文9(1669)年
正徳6(1716)年
後西天皇
東叡山寛永寺6世
輪王寺宮御門跡第4世
天台座主第196世
同199世
 東山天皇皇子
  崇保院宮前天台座主准三宮一品公寛入道親王
元禄10(1697)年
元文3(1738)年
東山天皇
東叡山寛永寺7世
輪王寺宮御門跡第5世
天台座主第203世
 中御門天皇皇子
  随自意院宮前天台座主准三宮一品公遵入道親王 
享保7(1722)年
天明8(1788)年
中御門天皇
東叡山寛永寺8世
輪王寺宮御門跡第6世
天台座主第208世
 東山天皇皇孫
  最上乗院宮前天台座主一品公啓入道親王
享保18(1733)年
明和9(1772)年
閑院宮直仁親王
中御門天皇
東叡山寛永寺法嗣
輪王寺宮御門跡法嗣
 東山天皇皇曾孫
  清浄信院宮贈一品公璋入道親王
  (公啓入道親王法嗣・公遵入道親王嫡嗣)
宝暦10(1760)年
安永5(1776)年
慶光天皇
(閑院宮典仁親王)
中御門天皇 
東叡山寛永寺9世
輪王寺宮御門跡第7世
天台座主206世
 中御門天皇皇子
  随宜楽院宮前天台座主准三宮一品公遵入道親王
  (重任)
享保7(1722)年
天明8(1788)年
中御門天皇 
東叡山寛永寺10世
輪王寺宮御門跡第8世
天台座主213世
 東山天皇皇曾孫
  安楽心院宮前天台座主一品公延入道親王
宝暦12(1762)年
享和3(1803)年
慶光天皇 
(閑院宮典仁親王)
中御門天皇
東叡山寛永寺11世
輪王寺宮御門跡第9世
天台座主216世
 後伏見天皇十九世皇孫
  歓喜心院宮前天台座主一品公澄法親王
安永5(1776)年
文政11(1828)年
伏見宮邦頼親王
桃園天皇
東叡山寛永寺12世
輪王寺宮御門跡第10世
天台座主219世同221世
同226世
 霊元天皇皇曾孫
  自在心宮院前天台座主准三宮一品舜仁入道親王
                (公猷入道親王)
寛政元(1789)年
天保14(1843)年
有栖川宮織仁親王
光格天皇
東叡山寛永寺13世
輪王寺宮御門跡第11世
 霊元天皇皇玄孫
  普賢行院宮一品公紹入道親王
文化12(1815)年
弘化3(1846)年
有栖川宮韶仁親王
光格天皇
東叡山寛永寺14世
輪王寺宮御門跡第12世
天台座主第
230世
 霊元天皇皇玄孫
  大楽王院前天台座主准三宮一品慈性入道親王
文化10(1813)年
慶応3(1867)年
有栖川宮韶仁親王
光格天皇
東叡山寛永寺15世
輪王寺宮御門跡第13世
 後伏見天皇十九世皇孫
  鎮護王院一品公現入道親王

   (のちの北白川宮能久親王殿下)
弘化4(1847)年
明治28(1895)年
伏見宮邦家親王
仁孝天皇




 輪王寺宮御門跡は、幕府が関東に創設した門跡寺院で、天台宗門の宗学統制、山門住持の任命権等の権限を掌握、さらに天台座主いわゆる上方門跡(妙法院、青蓮院、梶井等)に優越する位置とされました。
 さらに、輪王寺宮御門跡は、世襲制ではありませんが、「輪王寺宮」という宮家のひとつとされ、身分は僧侶でありながら皇族でした。
そのため、坊官と院家という側近が常におそばについておりました。
 坊官は、宮家にお仕えするという意味合いから、僧侶ではなく、「士」とされています。
 院家は、御門跡にお仕えするという意味合いから、僧侶とされています。


 院室号とは院家となることを意味します。ここでは輪王寺御門跡宮の院家を意味します。
 院室号には東叡山三十六坊にはない子院称号で、御門跡や執当が選んだ特定子院の住職に授けられた院号です。ふつう○○院と称しています
 院室号を授けられた住職は、自分の寺院名を名乗らず、この院室号を用います。
 紀州和歌山徳川家の菩提寺である長保寺や因州池田家(松平因幡守家)の菩提寺である大雲院、そして伊予松山藩松平隠岐守家の菩提寺である常信寺などに、この院室号が授けられています。
 院室号には、「円覚院」「覚王院」「信解院」「恵恩院」「護法院」「尊重院」「双厳院」「霊山院」「檀那院」「真覚院」などがありました。これらを「院家兼帯」といいます。
 この制度(院家兼帯)は明治3(1871)年の太政官布告第287号により、廃止されました。同時に御所号や門跡号の称号も廃止されています。

【参考文献】
田中潤(2014)「明治維新と仏教」『将軍と天皇』春秋社
 浦井正明(2007)『上野寛永寺 将軍家の葬儀』 吉川弘文館
 塙保己一編(1958)『続群書類従』 第四輯下 補任部 続群書類従完成会
国立国会図書館デジタルコレクション 『門跡傳 八 輪王寺』
【更新日】
平成29年10月15日