曹渓山宝林寺(曹洞宗)
― 松山藩初代松平隠岐守定行公によって開かれた禅寺 ― 松山市木屋町


〈宝林寺山門〉


 
 曹洞宗

 
 阿弥陀如来(座像)

 
 馬頭観世音菩薩(松山西国観音霊場第29番札所)

 
 
月舟賢順大和尚(松山藩2代藩主松平定頼公の異母弟)


  松山藩初代藩主松平定行公 (法号:眞常院殿前侍従道賢勝山大居士)
  


  ○ 大本山永平寺御直末 伊予国法龍寺の末寺
     本寺の法龍寺は、寺領100石を誇る、松平家の菩提寺でした。
     そのため、法龍寺の方丈(住職)とともに、宝林寺の方丈は、年始挨拶のため松山城の
    三之丸藩庁へ登城しました。藩庁では、他の松平家菩提寺の住職らとともに、藩主家の
    拝謁を賜り、御吸物や御盃を頂戴しました。
  ○ 松山藩士の菩提寺
     このような寺格から、松山藩士が菩提寺としました。
     次に菩提寺とした藩士家をあげます。
      奏者番 深見家     
       御使番 菅沼家     
       御馬廻 河原家  小出家  矢野家  堀江家  橋田家
       御金賄 伊奈家
       御膳番 高力家
       御小姓 堀家
       大小姓 近藤家
       大小姓 安西家



承応3年
(1654)
 法龍寺の二世住職である、月舟賢順大和尚が、父定行公を開基にして、御幸寺山麓に新寺院を開きました。一説には、法龍寺の住職であった月舟賢順和尚の隠居寺として開いたとも言われています。
貞享3年
(1686)
 4代藩主松平定直公が、宝林寺の隣接地に黄檗宗の新寺院(千秋寺)を造営しはじめました。
元禄3年
(1690)
 宝林寺の隣接地では、千秋寺が造営されていました。
 この千秋寺の境内拡張により、城下木屋町の福祥寺跡(現在の大法寺)へ移転しました。
 宝林寺の移転先である木屋町は、松山城三之丸藩庁の大手門(北御門)から今治街道へぬける街道に面していました。
寛政化政期
(1780〜1830)
 この頃、恵学祖燈大和尚が宝林11世となりました。
 祖燈和尚は拳骨和尚として名高い物外不遷大和尚の師匠であります。
昭和20年
(1945)
 松山大空襲により、伽藍のすべてを焼失。
昭和59年
(1984)
 宝林19世岱俊道芳大和尚により、本堂が再建されました。
平成以降
(1989〜現在)
 20世大休光潤大和尚、21世大雲法潤大和尚の2代にわたって、境内が整備され、伽藍が復興されつつあります。
 戦後、松山西国観音霊場29番札所となり、馬頭観音をお祀りしています。

○ 戦前の様子
 戦前まで境内には聖観世音菩薩をお祀りする観音堂があり、縁日(旧暦の6月17日と18日)には
大変にぎわったそうです。


南無釈迦牟尼佛