大名家別武家官位一覧  
藩名は幕末時点のもの、(  )内は主な通称官名を示します。 
家名 石高 殿席 初官 経過 極官 備考
将軍家 従二位権大納言 家督時
内大臣兼右大将
従一位
右大臣
没後、正一位太政大臣
尾張家 62万石 大廊下
上之部屋
従三位権中将 部屋住宰相
家督時中納言
従二位
権大納言
御三家
紀伊家 55万石 御三家
御三卿 10万石 従三位権中将 部屋住宰相
家督時中納言
従二位
権大納言
御三家に准ずる。
甲府家
館林家
35万石 従三位権中将 家督後宰相 権中納言 尾張家・紀伊家に准ずる。
水戸家 35万石 大廊下
上之部屋
正四位下権少将 家督時
権中将兼宰相
従三位
権中納言
御三家
加賀藩前田家
(松平加賀守)
102万石 大廊下
下之部屋
正四位下権少将 家督時権中将
50歳宰相
従三位 水戸家に次ぐ家格。
薩摩藩島津家
(松平薩摩守)
77万石 大広間 従四位下侍従 家督時権少将 従四位上
権中将
国主
仙台藩伊達家
(松平陸奥守)
62万石 国主
彦根藩井伊家
(井伊掃部頭)
35万石 溜間 従四位下侍従 家督後権少将 正四位上
権中将
溜間(常溜)・譜代
会津藩松平家
(松平肥後守)
28万石 正四位下
権中将
溜間(常溜)・将軍家御連枝(家門)
高松藩松平家
(松平讃岐守)
12万石 従四位上
権中将
溜間(常溜)・水戸家御連枝(家門)
高須藩松平家
(松平摂津守)
3万石 大広間 従四位下侍従 家督翌年権少将 従四位上
権少将
尾張家御連枝
西条藩松平家
(松平左京大夫)
3万石 紀伊家御連枝
松山藩松平家
(松平隠岐守)
[久松松平家宗家]
15万石 黒書院
溜間
四品溜間格 侍従溜間 従四位下
権少将
万延元年、昇格する。
 松平下総守、酒井雅楽頭も同じ。ただし、従四位上に昇る事もある。
熊本藩細川家
(細川越中守)
54万石 大広間 四品 家督時侍従 従四位下
権少将
国主
鳥取藩池田家
(松平因幡守)
32万石 国主
越前藩松平家
(松平越前守)
30万石 国主
福岡藩黒田家
(松平筑後守)
52万石 国主
広島藩浅野家
(松平安芸守)
42万石 国主
長州藩毛利家
(松平長門守)
36万石 国主
岡山藩池田家
(松平備前守)
31万石 国主
佐賀藩鍋島家
(松平肥前守)
35万石 国主
徳島藩蜂須賀家
(松平阿波守)
25万石 国主
土佐藩山内家
(松平土佐守)
24万石 国主
松江藩松平家
(松平出羽守)
18万石 国主
米沢藩上杉藩
(上杉弾正大弼)
15万石 国主
津藩藤堂家
(藤堂大学頭)
32万石 国主
秋田藩佐竹家
(佐竹右京大夫)
20万石 国主
久留米藩有馬家
(有馬中務大輔)
21万石 国主
対馬藩宗家
(宗対馬守)
10万石格 国主
吉井藩松平家
(松平左衛門督)
1万石 従四位下
侍従
紀伊家庶流
守山藩松平家
(松平大学頭)
2万石 四品 家督翌年侍従 従四位下
侍従
水戸家御連枝
府中藩松平家
(松平播磨守)
2万石 水戸家御連枝
宇和島藩伊達家 10万石 四品 家督後30歳代
侍従
従四位下
権少将
准国主
津山藩松平家
(松平三河守)
5万石 四品 侍従 5万石期、ただし大広間。
松山藩松平家
(松平隠岐守)
15万石 帝鑑間

溜間
五位
帝鑑間
家督時四品
帝鑑間
従四位下
侍従
溜間
御譜代侍従之家と称される。
(家門、万延元年溜間三家に准ずる家格に昇格)
姫路藩酒井家
(酒井雅楽頭)
15万石 御譜代侍従之家と称される。
鶴岡藩酒井家
(酒井左衛門尉)
17万石 御譜代侍従之家と称される。
小倉藩小笠原家
15万石 御譜代侍従之家と称される。
高田藩榊原家 15万石 御譜代侍従之家と称される。
館林藩松平家 6万石 一定せず 従四位下
侍従
越智松平家、家門、
6代将軍家宣弟の家。
柳河藩立花家 10万石 柳間(五位)

大広間
(四品)
五位
柳間
家督後四品
大広間
従四位下
侍従
四品叙任後、准国主
二本松藩丹羽家 10万石 四品叙任後、准国主
富山藩前田家 10万石 立花家・丹羽家に准ずる。
郡山藩柳沢家 15万石 帝鑑間 五位 家督後四品 従四位下
侍従
3代信鴻以降
忍藩松平家
(松平下総守)
10万石 帝鑑間

溜間
家門、
万延元年常溜に准ずる家格に昇格
前橋藩松平家
(松平大和守)
15万石 柳間(五位)

大広間
(四品)
越前家
明石藩松平家
(松平兵部大輔)
6万石 五位 家督数年後四品 従四位下
侍従
越前家
大聖寺藩前田家 10万石 松平加賀守分家
 参考文献:小川恭一  『江戸幕藩大名家事典』  上中下全3巻  原書房  (一九九二)
(詳しくは上記の文献をご覧下さい)

伊予の葵

平成22年12月25日更新