織物整経とは 

織物は縦糸と横糸を組み合わせて出来ていて、はいろんなたとえ話にも使われています。

織物整経は一本一本の糸を同じ長さ、張力にして織物の幅の本数だけ揃え整えるのが仕事です。

『織物の話へ』

  原   糸 

原糸メーカー(帝人・東レ・東洋紡・などなど)さんからの購入・支給される糸です。

ポリエステル・ナイロン・アセテート・レーヨン等が有ります。

 

  撚   糸

よこ糸のよりは、織物の生命であるシボや風合に最も影響します。1メートルあたり1,000〜3,000回の強いよりをかけて、シボのもとをつくります。原 糸メーカーさんからの糸は、撚り合わせて太さを変えたり、他の糸と組み合わせるなど、生地のデザインに従って加工する。

撚糸機の種類によっていろんな形状に巻き取られ当社に搬入されます。  

    

  整   経

@撚糸工場から入って来た糸はクリールに架けられます。これは一本一本の糸を400本〜1100本に順序良く揃えるための作業です。クリール架けが終わるとデザインの色柄に従い、整経機のドラムに必要な本数の糸をシート状に巻く。この工程で生地を織るのに必要な経(たて)糸が整えられる。

A整経作業が終わると織機にかける為のビームに巻き返します。最近の革新織機では一本1000kg以上巻くことも珍しくありません。

クリール

整経作業

巻き取り作業

  織   布

当社から機屋さんに納められた縦糸を織機にかけられ横糸を打ち込み生機が出来上がります。     

横糸を打ち込む時にドビーという機械を使いいろんな組織の組み合わせでいろんな織物が出来上がります。

織機には水で横糸を打ち込むウォータージェットルーム、空気で打ち込むエァージェットルーム、昔ながらのフライ織機、他にレピアルームなどが有ります。

  染色加工
機屋さんで織られた生機はそのままでは使えません。

いろんな色・加工を施されファッションの素材としての織物になります。