障害者グループホーム等支援ワーカー事業について説明しています。 本文へジャンプ
障害者グループホーム等支援ワーカー事業

●障害者グループホーム等支援事業とは、千葉県が健康福祉センター(保健所)の圏域ごとに支
 援ワーカーを配置し、障害者のグループホーム・ケアホーム・生活ホーム・ふれあいホームに関わ
 るさまざまな相談にのり、支援を行う事業です。

●ひなたでは、2005年10月に千葉県からの委託を受けた「障害者グループホーム等支援ワーカ
 ー事業」として、長生・夷隅地域を対象に既存のグループホーム等や、そこで暮らす方への支援、
 また新たなグループホーム開設等のお手伝いを行っています。

 障害者のグループホームなどにおける、相談を受け付けています。
 
  お気軽にご相談下さい。
     ●皆様のご相談の秘密は守ります。
     ●相談は無料です。 
     ●電話・訪問・来所面談等様々な方法でご相談できます。

  
こんな相談にのります。(利用者編)
 
●入居者・入居希望者・ご家族などからの相談を受けております。
  ・どこのホームが空いていて、どんなところかなどの情報を提供します。
  ・精神科病院、入所施設や在宅などからの入居の相談にのります。
  ・ホームの生活で困ったとき、どんな相談でも受けます。
  ・みんなと共同生活がうまくいくようにお手伝いをします。
  ・昼間の居場所探しや就労支援機関の紹介をします。
  ・別のホームへの入居や一人暮らしなど、次の生活の相談にのります。



 
こんな相談にのります。(事業所編)


 ●事業所・スタッフからの相談を受けております。
  ・新しいホームの開設をお手伝いします。
  ・定期的な研修や交流会を開き、気軽に話しができる場を提供します。
  ・世話人の募集に関する情報を提供します。
  ・世話人や管理者と一緒にケア会議に参加し、生活を共に考えていきます。
  ・補助金制度や法律の改正など、運営に関することをサポートします。


 
その人らしい生き方ができる街づくり


 ●地域の様々な機関と連携をはかり、住みよい街づくりに貢献しています。
  ・行政機関、精神科病院、入所施設、特別支援学校
  ・地域活動支援センター、作業所や通所施設など日中活動の場
  ・各種相談事業や支援サービス、ハローワークなどの就職を支援する機関
  ・消防署や不動産業者など福祉サービス以外の地域資源
    そのほかにも、交流会の開催やホーム近隣の苦情解決、
    グループホーム等の正しい理解を広げるための活動などを行います。
 



 障害者グループホーム等支援ワーカーの主な仕事

 ●ワーカーが重点的に行っている業務です。
  ・グループホーム等を運営しているNPO法人や小規模事業所への支援・援助
  ・入院・入所先からの地域移行の支援・援助
  ・圏域ごとの設置者や世話人の集まり(連絡協議会)の設置・開催
  ・グループホーム等の新規開設の支援・援助
  ・各クループホーム等、関係施設、機関、団体への定期的な訪問や連絡
 


長生ひなた
NPO法人長生夷隅地域のくらしを支える会
茂原市長尾2694
0475−22−7859