| 料金と料理 | | ご予約のこと | | 若狭おばま田烏までの交通 |   
若狭湾国定公園内にある若狭おばま「田烏」(たがらす)は、日本海の海の幸に恵まれた自然豊かな地域です。今も変わらないノスタルジックな町並みと穏やかな海・自然に抱かれところで「網元の宿 "はた"」は営んでいます。

「はた」のおしながき...
 
通常のお料理(年中)
刺身(旬の魚)・ゆでカニ・酢の物・焼き魚か煮魚・揚げ物・さざえの壺焼き(夏期限定)・蒸ガキ(冬期限定)・お吸い物かお味噌汁

 
カニ三昧(期間限定)10月〜3月末
カニすき・ゆでガニ・焼きガニ・カニの刺身・酢の物・焼き魚か煮魚・カニ雑炊

 
ふぐ三昧(期間限定)10月〜3月末
てっさ・てっちり・皮の湯引き・酢の物・焼き魚か煮魚・ふぐ雑炊・ふぐ唐揚げ・茶碗蒸し・ひれ酒

 
ふぐ/カニ舟盛り三昧(期間限定)10月〜3月末 お勧め!
てっさ・てっちり・皮の湯引き・ゆでガニ・酢の物・焼き魚か煮魚・ふぐ雑炊・舟盛り(旬の魚各種)


網元ならではの捕れたての魚と由緒ある棚田にて育てた「お米」が自慢です。お米が美味しいということは当然「水」も美味しい! 太陽と水と人の愛情が込められた、真っ白な炊きたての「お米」に日本海が育てた自然の魚を存分に味わってもらうこと。最も大切なことは「そこの空気に触れ、味わうこと」。お料理の隠しスパイスです。

※各お料理のお値段(宿泊代込み)は「お宿の情報」頁

夏期限定

「はた」では、「日帰り休憩」として「部屋/シャワー」をお一人様525円でお貸ししております。
利用時間は10〜16時頃まで
■日帰り海水浴 ■子供会での行事、などに便利かと思います。

【いにしえ】"秦と二条院讃岐姫"

わが袖は 潮干に見えぬ沖の石の 人こそ知らね 乾く間もなし」

百人一首で有名な二条院讃岐姫のこの和歌はこの田烏の地で詠まれたといわれています。
二条院讃岐姫は1165年、源頼政の娘、聡明さと美貌で公家達の羨望の的となり、帝の寵愛を一身に集めましたが、平清盛の妬みにより当地、田烏浦に流され、その生涯を通称御所平で過ごしました。和歌を詠んだ場所でもある御所平の居宅跡は現在、当家所有の田んぼとなっていますが、大きな基礎石が今なお残り、記念の碑が讃岐姫に代わって田烏の港と日本海を眺めています。
民宿はたでは毎年、この由緒ある棚田で心をこめた米作りをいたしております。

当家は天平20年(西暦739年)「秦」の姓を賜り、その系列の子孫として1231年、刀称職を拝命の後、1272年、所有船徳勝(とくまさり)は諸国との貿易が認められ、広く交易を行っていました。そのころの数少ない資料として、関税免除を示す麻布製の船旗が今も保存されています。)


このサイトの画像・文章などは、網元の宿「はた」の所有するもので無断で使用することを禁じます。