GONGITSUNE A Fox Named Gon ごんぎつね

 

1 A Fox Named Gon ごんぎつね

 これは、わたしが小さいときに、村の茂平(もへい)というおじいさんからきいたお話です。
 むかしは、わたしたちの村の近くの、中山というところに、小さなおしろがあって、中山様というおとの様がおられたそうです。
 その中山から、すこしはなれた山の中に、「ごんぎつね」というきつねがいました。
 ごんは、ひとりぼっちの小ぎつねで、しだのいっぱいしげった森の中に、あなをほってすんでいました。
 そして、夜でも、昼でも、あたりの村へ出てきて、いたずらばかりしていました。
 はたけへ入っていもをほりちらしたり、菜種(なたね)がらのほしてあるのへ火をつけたり、ひゃくしょう家(や)のうら手につるしてあるとんがらしをむしり取って行ったり、いろんなことをしました。
 ある秋のことでした。二、三日雨がふりつづいたそのあいだ、ごんは、外へも出られなくて、あなの中にしゃがんでいました。
 雨があがると、ごんは、ほっとしてあなからはい出ました。
 空はからっと晴れていて、もずの声がきんきんひびいていました。

This is a story I heard when I was very young.

An old man in my village, Mohei, told it to me.

 Once upon a time, there was a small castle in a place called Nakayama.

 This castle was near my village.

A king by the name of Nakayama-sama lived in that small castle.

 A short distance away from Nakayama lived a fox named Gon.

 Gon was a small fox who lived all by himself in a small hole he had dug in a forest full of ferns.
 Day and night, the small fox would go out to nearby villages and cause mischief.

He would go into the fields, pull out the sweet potatoes and scatter them around.
He would pull off the husks of the beautiful yellow rap seeds and set them on fire.
He would pull down the red peppers stored behind the farmer
s  house .

He caused a lot of trouble.
 One autumn day, Gon sat in his cave and could not go outside all day.

 It had been raining for two or three days straight.

 As soon as the rain let up, Gon sighed a sigh of relief and crawled out of his hole.
 The sky was so crisp and clear that one could hear the beautiful song of the butcher-bird resonating through the air.

ごんは、村の小川のつつみまで出てきました。
 あたりのすすきの穂(ほ)には、まだ雨のしずくが光っていました。
 川はいつもは水が少ないのですが、三日もの雨で、水がどっとましていました。
 ただのときは水につかることのない、川べりのすすきや、はぎのかぶが、黄色くにごった水に横だおしになって、もまれています。
 ごんは川下(かわしも)のほうへと、ぬかるみ道を歩いていきました。
 ふとみると、川の中に人がいて、何かやっています。
 ごんは、見つからないように、そうっと草の深いところへ歩きよって、そこからじっとのぞいてみました。
 「兵十(ひょうじゅう)だな。」と、ごんは思いました。
 兵十は、ぼろぼろの黒いきものをまくしあげて、こしのところまで水にひたりながら、魚をとる、はりきりというあみをゆすぶっていました。
 はちまきをした顔の横っちょうに、まるいはぎの葉が一まい、大きなほくろみたいにへばりついていました。
 しばらくすると、兵十は、はりきりあみの一ばんうしろの、ふくろのようになったところを、水の中から持ちあげました。

Gon walked away from the forest until he reached the bank of a small river .
Near the river bank, one could see the tops of the susuki sparkling with rain drops .
 The river, which usually held little water, was much fuller from the three days' rain .
The hagi and susuki plants near the river were usually safely dry.
Now they were pushed over and laying sideways in the muddy water.
 Gon walked downstream along the muddy road by the river.
 He was surprised to see a man in the river.
 Gon wondered what he was doing there.
 Gon crept quietly into the tall grass until he was out of sight, so the man wouldnt see him.
Gon watched the man from his hiding place without making a sound .
Is that Hyojyu ? wondered Gon .
 Hyojyu was standing in waist-deep water wearing a tucked-up black Kimono.
He was shaking a net which was used to catch fish.
 He had a bandana tied around his head and a round hagi leaf stuck to the side of his face.
The leaf looked like a big mole .

 After a while, Hyojyu pushed the fish to the back of the fishing net into what looked like a bag . Then he picked up the bag out of the water .

その中には、しばの根や、草の葉や、くさった木ぎれなどが、ごちゃちゃ入っていましたが、でも、ところどころ、白いものがきらきら光っています。
それは、太いうなぎのはらや大きなきすのはらでした。
兵十は、びくの中へ、そのうなぎやきすを、ごみといっしょにぶちこみました。
そして、また、ふくろの口をしばって、水の中へ入れました。

兵十は、それからびくを持って川から上がり、びくを土手に置いといて、何をさがしにか、川上の方へかけていきました。
兵十がいなくなると、ごんは、ぴょいと草の中からとび出して、びくのそばへかけつけました。

ちょいと、いたずらがしたくなったのです。
ごんはびくの中の魚をつかみ出しては、はりきりあみのかかっているところより下手(しもて)の川の中をめがけて、ぽんぽんなげこみました。どの魚も、トボンと音を立てながら、にごった水の中へもぐりこみました。
一ばんしまいに、太いうなぎをつかみにかかりましたが、なにしろ、ぬるぬるとすべりぬけるので、手ではつかめません。
ごんは、じれったくなって、頭をびくの中につっこんで、うなぎの頭を口にくわえました。
うなぎは、キュッといって、ごんの首へまきつきました。

そのとたんに兵十が、向こうから、「うわァ、ぬすとぎつねめ。」と、どなりたてました。
 ごんは、びっくりしてとび上がりました。うなぎをふりすててにげようとしましたが、うなぎは、ごんの首にまきついたまま、はなれません。
ごんは、そのまま、横っとびにとび出して、いっしょうけんめいに、にげて行きました。
ほら穴の近くの、はんの木の下で、ふり返ってみましたが、兵十は追っかけては来ませんでした。

 Inside the net some grass and rotting tree bark were mixed in with the fish, but still one could see fish sparkling here and there.
Also in the net one could see fat eels and the shining bellies of the big Kisu fish .
Hyojyu threw the eel and Kisu fish into his basket along with the grass.
And after squeezing out the water, he threw the bag back into the river .
Then, for some reason, Hyojyu picked up the fish bag and walked out of the river.
He then put the bag down on the bank of the river and hurried away from the basket to look for something up
stream .
As soon as Hyojyu had gone, Gon happily bounded out from the tall grass and ran straight to the fishing basket.
He was feeling a bit mischievous, so he took the fish out of the basket and one by one threw them down stream .
With a splash, each fish Gon threw swam into the muddy waters.
Lastly, Gon tried to grab a big eel but because it was so slippery, it was impossible to grab hold of it.
Gon became impatient, so he stuck his head into the basket .
He grasped the head of the eel in his mouth .
With a shriek the eel wrapped itself around Gon
s neck.
Just then, Hyojyu came back and upon seeing Gon, screamed
Ahh, a thieving fox!  Gon jumped up in surprise.
Gon tried to throw the eel aside but the eel stayed wrapped around his neck and Gon  couldn
t get the eel off of him. 
With the eel still wrapped around his neck, Gon jumped sideways and tried to run away.
 Gon stopped at a black alder tree near his hole and looked to see if the man was coming, but Hyojyu did not chase the fox.

 ごんは、ほっとして、うなぎの頭をかみくだき、やっとはずして、穴のそとの、草の葉の上にのせておきました。 

  With a sigh of relief, Gon gnawed on the eels head and killed it. Gon was finally able to unwrap the eel from his neck.
He put the dead eel on the grass near the entrance of the hole.

2 A Fox Named Gon ごんぎつね

 十日ほどたって、ごんが、弥助(やすけ)というおひゃくしょうの家のうらをとおりかかりますと、そこの、いちじくの木のかげで、弥助の家内が、おはぐろをつけていました。

 かじ屋の新兵衛(しんべえ)のうちのうらをとおると、新兵衛の家内が、かみをすいていました。

 ごんは、「ふふん、村になるかあるんだな」と思いました。「なんだろう、秋祭りかな。祭りなら、たいこやふえの音がしそうなものだ。それにだいいち、お宮にのぼりが立つはずだが。」

 こんなことを考えながらやってきますと、いつのまにか、表に赤いいどのある兵十のうちの前へきました。

 その小さな、こわれかけた家の中には、おおぜいの人が集まっていました。

よそいきの着物を着て、腰に手ぬぐいをさげたりした女たちが、表のかまどで火をたいています。

 大きななべの中では、何かぐずぐず、にえていました。

 「ああ、そう式だ」と、ごんは思いました。

 「兵十のうちのだれが死んだんだろう。」

 お昼がすぎると、ごんは、村の墓地(ぼち)へ行って、六じぞうさんのかげにかくれていました。

 いいお天気で、遠く向こうには、おしろの屋根がわらが光っています。

 墓地には、ひがん花が、赤いきれのようにさき続いていました。

 と、村のほうから、カーン、カーンと、かねが鳴ってきました。

 Ten days later, Gon was walking behind a farmers  house.
The farmer's name was Yasuke.
 And while he was walking by the house, Gon saw Yasuke
s  wife  sitting under a fig tree, painting her teeth black. It was an old Japanese custom for women to paint their teeth black. Women with black teeth were considered beautiful.
Next, Gon walked by the house of a black-smith named Shinbei, where he saw Shinbei
s wife brushing her hair.
Gon thought to himself,
Hmm, something's going on in the village.
I wonder what it could be.
Could it be the fall festival ?
But if it is a festival, I should hear the sound of drums and flutes.
And if it is a festival, shouldn
t there be flags up at the shrine? " While pondering upon these things, he continued to walk and found himself in front of Hyojyus house .
It had a very noticeable red well in the front.
Gon could see many people gathered inside of the small broken down house .
In the house, women who were wearing their formal Kimonos with towels hanging from their obis, were starting a fire in the stove .
In a big pot on the stove, something was noisily cooking.
At that point Gon realized that they must be preparing for a funeral ceremony.
I wonder who died at Hyojyus house .
In the early afternoon, Gon went to the village graveyard and hid behind the Six Jizo Statues at the entrance .
It was a beautiful day.
In the distance, one could see the tiled roof of the castle, shining brightly.
The red spider lilies bloomed all around, covering the cemetery ground like a red cloth .

Then, from the direction of the village, Gon could hear the ringing of a bell .

 そう式の出る合図です。

 やがて、白い着物を着たそう列の者たちがやってくるのが、ちらちら見え始めました。

  話し声も近くなりました。

 そう列は墓地へ入って来ました。

 人々が通ったあとには、ひがん花が、ふみ折られていました。

 ごんは、のび上がってみました。

 兵十が、白いかみしもをつけて、いはいをささげています。

 いつもは、赤いさつまいもみたいな元気のいい顔が、今日は、なんだかしおれていました。

 「ははん、死んだのは、兵十のお母(っかあ)だ。」

 ごんは、そう思いながら、頭をひっこめました。

 その晩、ごんは、穴の中で考えました。

 「兵十のおっかあは、とこについていて、うなぎが食べたいといったにちがいない。それで、兵十が、はりきりあみをもち出したんだ。ところが、わしがいたずらをして、うなぎを取って来てしまった。だから、兵十は、おっかあにうなぎを食べさせることができなかった。そのまま、おっかあは、死んじゃったにちがいない。ああ、うなぎが食べたい、うなぎが食べたいと思いながら、死んだんだろう。ちょっ、あんないたずらをしなけりゃよかった。」

That was the signal that a funeral was about to start.

 Gon could see glimpses of people in white Kimonos, leading the funeral procession.

 He could also hear the voices getting closer.

 The funeral procession entered the graveyard.

 Where the people had tread, you could see the trampled spider lilies.

 Gon stretched his head up to see.

 Hyojyu who was wearing the ceremonial white Kimono and was holding the mortuary tablet of his mother .

 Hyojyu usually had a bright happy face, like a sweet potato, but today Hyojyus face look sad and withered .

Oh, I see, said Gon to himself.

Hyojyus mother is the one that died . ” 

 Upon this realization, Gon ducked his head back down behind the statues.

 That evening, Gon sat in his hole, thinking,

While Hyojyus mother was sick, she must have said that she wanted to eat eels.

So Hyojyu took out the net he used to catch fish.

I was mean and took the eel out of the net. So, Hyojyu could not give his mother any eel to eat.

She might have died while thinking, I want to eat an eel. Oh, how I wish I could have an eel.

Ah, if only I hadn't ruined the rig.

3 A Fox Named Gon ごんぎつね

 兵十が、赤いいどのところで、麦をといでいました。兵十は、今まで、おっかあとふたりきりで、まずしいくらしをしていたもので、おっかあが死んでしまっては、もうひとりぼっちでした。

 「おれと同じひとりぼっちの兵十か。」こちらの物置の後ろから見ていたごんは、そう思いました。ごんは、物置のそばをはなれて、向こうへ行きかけますと、どこかで、いわしを売る声がします。

 「いわしの安売りだあい。いきのいい、いわしだあい。」

 ごんは、そのいせいのいい声のするほうへ走って行きました。

 と、弥助のおかみさんがうら戸口から、「いわしをおくれ」と言いました。いわし売りは、いわしのかごをつんだ車を、道ばたにおいて、ぴかぴか光るいわしを両手でつかんで、弥助のうちの中へ持って入りました。

 ごんは、そのすきまに、かごの中から、五、六ぴきのいわしをつかみ出して、もときた方へかけ出しました。

 そして、兵十のうちのうら口から、うちの中へいわしを投げこんで、穴へ向かってかけもどりました。とちゅうの坂の上でふり返ってみますと、兵十が、まだ、いどのところで麦をといでいるのが小さく見えました。

 ごんは、うなぎのつぐないに、まず一つ、いいことをしたと思いました。

 つぎの日には、ごんは、山でくりをどっさり拾って、それをかかえて、兵十のうちへ行きました。

 うら口からのぞいて見ますと、兵十は、ひるめしを食べかけて、茶わんをもったまま、ぼんやりと考えこんでいました。

 変なことには、兵十のほっぺたに、かすりきずがついています。

 どうしたんだろうと、ごんが思っていますと、兵十がひとりごとを言いました。

Hyojyu was washing barley by his red-bricked well. Up until now, Hyojyu lived with his mother. They were poor but poor together. Now, Hyojyu was all alone.

Hyojyu is all alone, just like me," thought Gon to himself as he watched Hyojyu from behind a shed. As Gon started to leave, he heard a peddler's call.

Sardines for sale !  Fresh sardines fo a bargain. Sardines! shouted the peddler. Gon walked towards the enthusiastic calls.
From the back door, Yasuke
s wife shouted I'll take some of your fish.
The peddler parked his wagon on the side of the road and  carried some shiny sardines to Yasuke
s house.
After a moment, Gon went to the cart, took 5 or 6 sardines from the basket and ran back the way he had come.
Then, Gon went to Hyojyu
s house and threw the fish into the back door and quickly ran away.
On the way back to his hole, Gon looked back.
Part-way up the hill he could still vaguely see Hyojyu washing barley down by the well. 
That's one good deed for penance, thought Gon. The next day, Gon gathered loads of chestnuts in the mountains and took them to Hyojyu
s house.
He went around and peered in through the back door.
There, he could see Hyojyu just starting to eat his lunch.
Hyojyu appeared to be deep in thought while holding his rice bowl in one hand.

 Strangely, Gon noticed that Hyojyu had some scratches on his cheek.
  I wonder what happened, thought Gon.
 
Meanwhile, Hyojyu started to talk to himself.

 「いったいだれが、いわしなんかをおれのうちへほうりこんでいったんだろう。おかげで、おれは、ぬす人と思われて、いわし屋のやつに、ひどい目にあわされた。」と、ぶつぶつ言っています。

 ごんは、「これはしまった。」と思いました。

 「かわいそうに、兵十は、いわし屋にぶんなぐられて、あんなきずまでつけられたのか。」

 ごんはこう思いながら、そっと物置の方へ回って、その入口に、くりを置いて帰りました。

 次の日も、その次の日も、ごんは、くりをひろっては、兵十のうちへ持ってきてやりました。

 その次の日には、くりばかりでなく、まつたけも二、三本持って行きました。

Who in the world threw those sardines into my house ? 

 The peddler thought I had stolen the fish and beat me up. Hyojyu mumbled to himself.

 Gon had thought he had done a good deed, but it turned out that he had only made matters worse for Hyojyu.

 Gon felt bad for Hyojyu. Hyojyu was hit by the peddler because of him.

 With this thought on mind, he quietly got up and went around to the front of the house. There, he put the chestnuts down by the front door and left.

The next day, and the day after that, Gon continued to gather and bring chestnuts to Hyojyus house.

 On the third day, Gon brought, not only chestnuts, but also matsutake mushrooms.

4 A Fox Named Gon ごんぎつね



 中山様のおしろの下を通って、少し行くと、細い道の向こうから、だれかくるようです。話し声が聞こえます。

 月のいいばんでした。

 ごんは、ぶらぶら遊びに出かけました。


 中山様のおしろの下を通って、少し行くと、細い道の向こうから、だれかくるようです。

 話し声が聞こえます。


 チンチロリン、チンチロリンとまつむしが鳴いています。
 
 ごんは、道の片がわにかくれて、じっとしていました。

 話し声はだんだん近くなりました。

 それは、兵十と、加助(かすけ)というお百姓でした。

 「そうそう、なあ加助。」と、兵十がいいました。

 「ああん?」

 「おれあ、このごろ、とてもふしぎなことがあるんだ。」

 「何が?」

 「おっかあが死んでからは、だれだか知らんが、おれにくりやまつたけなんかを、毎日、毎日くれるんだよ。」

 「ふうん、だれが?」

 「それが分(わ)からんのだよ。おれの知らんうちに、置いていくんだ。」

 ごんは、二人の後をつけて行きました。

 「ほんとかい?」

 「ほんとだとも。うそと思うなら、あした、見にこいよ。そのくりをみせてやるよ」

 「へえ、変なこともあるもんだなあ。」

 それなり、二人はだまって歩いていきました。

  加助が、ひょいと後ろを見ました。

One day, on a beautiful autumn evening, Gon went out for stroll.

 Gon walked toward Nakayama Castle.
As Gon walked up the path leading to the castle he heard voices coming from the opposite direction.

 The crickets were chirping melodiously. Gon could hear the crickets singing their song . Gon quickly hid by the side of the road.  The voices came closer and closer. The voices Gon heard were from Hyojyu and Kasuke, another  farmer.

  Oh, I meant to tell you, Kasuke, Hyojyu said.

  Huh ?  What ? said Kasuke.

  Lately, strange things have been happening around me, said Hyojyu. Like what ? said Kasuke.

  Well, since my mother died, someone has been giving me chestnuts and mushrooms and things, every day, said Hyojyu.

  Hmm, who ? asked Kasuke.

  I have no idea who it could be. Somebody just puts the things in my house and leaves, said Hyojyu .

 Gon followed the two men, while still hidden by the side of the road.

  Really ? asked Kasuke.

  Its true. If you think Im lying, come by my house tomorrow and Ill  show you the chestnuts. You can see for yourself.   Hyojyu said adamantly. 

  Hmm, that is strange. said Kasuke.

 Then, the two of them walked on in silence, for a while.

 Suddenly, Kasuke took a quick glance back.

 ごんはびくっとして、小さくなって立ち止まりました。

  加助は、ごんには気がつかないで、そのままさっさと歩きました。

 吉兵衛(きちべえ)というおひゃくしょうのうちまで来ると、二人は、そこへ入っていきました。

 ポンポンポンポンと、木魚(もくぎょ)の音がしています。

 まどのしょうじに明かりがさしていて、大きなぼうず頭がうつって動いていました。

 ごんは、「おねんぶつがあるんだな。」と思いながら、いどのそばにしゃがんでいました。

 しばらくすると、また、三人ほど人がつれだって、吉兵衛のうちへ入っていきました。

 おきょうを読む声が聞こえてきました。

 Gon was very surprised and shrank back in his tracks.

 Kasuke didnt notice Gon and kept walking alongside Hyojyu.

 Upon arriving at Kichibeis house, the two of them walked straight inside.

 They could hear the rhythmic pounding of the priests temple  drum.

 From the light on the paper doors, Gon could see a shadow of the priests bald head, moving up and down as he prayed.

  Oh, it must be a nenbutsu (ceremonial prayer), thought Gon, as he squatted down near the well.

 After a while, three more men went into Kichibeis house.

 Gon could hear the priest chanting the sutra.

5 A Fox Named Gon ごんぎつね

 

  ごんは、おねんぶつがすむまで、いどのそばにしゃがんでいました。

 兵十と加助は、またいっしょに、帰って行きます。

 ごんは、二人の話を聞こうと思って、ついて行きました。

 兵十のかげぼうしをふみふみ行きました。

 おしろの前まで来たとき、加助が言い出しました。

 「さっきの話は、きっと、そりゃあ、神様のしわざだぞ。」

 「えっ。」と、兵十はびっくりして、加助の顔を見ました。

 「おれは、あれからずっと考えていたが、どうも、そりゃ、人間じゃない。神様だ。神様が、おまえがたった一人になったのを、あわれに思わっしゃって、いろんなものをめぐんでくださるんだよ。」

 「そうかなあ。」

 「そうだとも。だから、毎日、神様にお礼を言うといいよ。」

 「うん。」

 ごんは、「へえっ、こいつはつまらないな。」と思いました。

 「おれが、くりやまつたけを持って行ってやるのに、そのおれにはお礼を言わないで、神様にお礼を言うんじゃあ、おれは、引き合わないなあ。」

Gon squatted down near the well until the priest finished chanting.

 Then, Hyojyu and Kasuke set out to leave together.

 Gon, wanting to hear the rest of Hyojyu and Kasukes conversation, followed them.

 Step by step Gon followed in his shadow.

 When they came near the castle again, Kasuke began to speak.

  About what we were talking about before well, I think that God must have been giving those things to you. He said.

  What ? said Hyojyu, surprised.

  Ive been thinking and I dont think it could  be  a  human whos been leaving you those things.

It must be God. God knew that you were now all alone and took pity on you.Kasuke spoke convincingly.

  Hmm, could it be ? Hyojyu wondered.

  I think it must be.  So, you should make sure to thank God everyday. Kasuke said.

  Yes, definitely, agreed Hyojyu.

 Gon thought, Thats ridiculous !

  Im the one who brought the chestnuts and mushrooms to Hyojyu. Hyojyu should be thanking me, not God.  Its not fair.

6 A Fox Named Gon ごんぎつね

  その明くる日も、ごんは、くりをもって、兵十のうちへ出かけました。

 兵十は、物置でなわをなっていました。

 それで、ごんは、うちのうら口から、こっそり中へ入りました。

 そのとき、兵十は、ふと顔を上げました。

 と、きつねがうちの中へ入ったではありませんか。

 こないだ、うなぎをぬすみやがったあのごんぎつねめが、またいたずらをしに来たな。

 「ようし。」

 兵十は立ち上がって、なやにかけてある火なわじゅうを取って、火薬をつめました。

 そして、足音をしのばせて近寄って、今、戸口を出ようとするごんを、ドンと、うちました。

 ごんは、ばたりとたおれました。

 兵十はかけよって来ました。

 うちの中を見ると、土間に、くりがかためて置いてあるのが目につきました。

 「おや。」と、兵十は、びっくりして、ごんに目を落としました。

 「ごん、おまえだったのか。いつも、くりをくれたのは。」

 ごんは、ぐったりと目をつぶったまま、うなずきました。

 兵十は、火なわじゅうをばたりと、取り落としました。

  青いけむりが、まだ、つつ口から細く出ていました。

 The next day, Gon took some more chestnuts to Hyojyus house.

 Hyojyu was making rope in his shed.

 Noticing that Hyojyu was home, Gon crept around to the back door, and without a sound, slipped into the house.

 Just then, Hyojyu glanced up.

 To his surprise, a fox just went into his house.

  Thats the fox that stole my eel. He must be here to cause more mischief.

  Well, Ill show him, said Hyojyu.

 Hyojyu stood up, got his gun off the wall, and loaded it with gunpowder.

 He took the gun and crept up behind Gon.

Bang ! The loud noise resonated just as Gon was about to leave.  Hyojyu had shot him.

 Gon fell down with a thud.

 Hyojyu ran closer to see.

 Stepping inside the house, he glanced towards the entrance. There, he saw the chestnuts, stacked in a neat pile.

  What ? Hyojyu was shocked to see the chestnuts.  Then ,it dawned on him.

  It was you that was bringing me the chestnuts!

 Gon, still lying lifeless on the ground, could barely manage to nod.

 The gun slipped out of Hyojyus hands.

 A thin wisp of blue smoke rose from the gun.


GONGITSUNE ごんぎつね A Fox Named Gon

作者 新美南吉  Author Nankichi Niimi
発行人 廣瀬征夫 Person in charge of production of book Yukio Hirose
300-2707 1968 Motoishige Jososhi Ibarakiken Japan
英訳 キ・ハ & 廣瀬征夫
English translation sentence
 K・H  &  Yukio Hirose
Cut-in illustration Binding  (Pixy)
Proofreader H I  T O M L

Blog comments

I would say say it exploded my brain..!!

Good day! I do not see the conditions of using the information. May I copy the text from here on my site if you leave a link to this page?!  → YUKIO HIROSE want many people for me to read.

Very amusing thoughts, well told, everything is in its place:

Heartfelt thanks..!!

Thank you for the comment. The person of a country of what is it?