子どもたちの健康
 
 

ひよこ保育園には、病後児保育事業のために、看護婦さんがいます。また、子どもたちが元気で健やかに成長するために、子どもたちの健康管理や衛生管理などを進めています。保育園ではやっている病気などのことや、おうちで気をつけていただくことなどを保健便りでお知らせしています。病気のことなど気軽にご相談ください。

 
 
めざすもの
ご案内(保育時間・保育料・問合せ・地図)
ひよこだより(ブログ)
 
 

体温が37.5度以上になった場合は、
ご家庭に連絡をしてお迎えをお願いします。

※厚生労働省及び医師会で定められた発熱のめやすになっていますので、ご了承ください。

 
      
 

うがい内科健康診断
北信病院小児科
6月、10月  
日々気になっていること、身体の成長や病気の疑問などに医師のアドバイスを受けています。

 

発達相談 
中野早苗発達相談員 
4月、10月
子どもたちの様子をみていただき、どんな風に育てたら一番子どもたちのためになるのか考え合っていくためにとても大切になっています。新入園児は全員行っています。2歳児以上の新入園児は発達検査を実施します。前年度の途中入所でまだ実施していない子どもも対象です。その他希望のある方も実施できます。

 

発育発達相談 
中野市子ども部子育て相談室、北信圏域障害者総合相談支援センター 、教育委員会
年4回
集団の中での子どもたちの様子を見ていただき、保育の仕方をアドバイスしていただきます。子どもたちが生活や活動をするのに、困らないように楽しい集団生活を送ることができるように心がけています。

 

歯の健康歯科検診 
青木歯科医院
6月、11月
子どもの虫歯は年々減っていますが、歯の衛生習慣は幼児のうちに身につけておきたいものですね。ひよこ保育園では食事の面からも虫歯の予防、健康を考えて甘みを抑え、自然の味覚を大切にしています。

 

身体測定
毎月:体重 身長
年2回:胸囲


※ぎょう虫検査は「学校保健安全法施行規則」の改正に伴って2016年度からなくなりました。

 
      
 

服薬が必要な場合はお休みして早めに治しましょう。

◎ 体調不良や病気の時は早めの対応を心がけ、保育園での生活が楽しめるようにしたいですね。就学前の子どもたちは様々な感染症や伝染性の病気にかかりがちです。症状の悪化を防ぐとともに、他のお子さんへの感染を予防するためにも早期に受診をしてください。大変でしょうが、しっかりと治して長引かないようにしましょう。

どうしても服薬が必要なときは、別記の服薬についての決まりを守ってください。
場合によっては投薬できないこともありますので、あらかじめご了承ください。

 
      
 

保育中のけがについて

けががないように気をつけて保育しています。万が一けがをした場合は、保育園で責任を持ちます。
日本スポーツ振興センター、傷害保険、及び長野県交通災害共済にも加盟しています。該当する場合はできる限りのことはさせていただきます。
尚、日本スポーツ振興センター災害共済給付は、市の福祉医療費給付金と重複して受給することはできません(窓口で使用した場合は日本スポーツ振興センターから医療費を除いた1割が支給されます)ので、保育中のけがの場合、「日本スポーツ振興センター災害共済給付」をご利用ください(500点以上が対象となります)。

 

社会福祉法人こぶしの会 ひよこ保育園
電話:0269-24-5155 0269-22-6298 FAX:0269-24-5030
子育て支援センター専用:0269-22-6292
© hiyoko hoikuen