Linuxメモ

ここではLinux(主にVineLinux) をWindowsと同じよな感覚でデスクトップ用途として使う方法を紹介します。
入手方法やインストール方法はすでにいろいろなサイトで説明させれているので、基本的な説明は省きます。
(入手方法はVineLinuxの サイトなどからLinuxのisoファイルをダウンロードしてきてください。)

CDの作成がわからない人や面倒な人はアマゾンなどでLinuxを買うこともできます Amazon Linuxで検索
(インストールCDは基本的にはLinuxのisoファイルをダウンロードしてきて、CDに焼けば簡単に出来上がります。)

また、インストールが面倒な方や、試しにLinuxを使ってみたいという方は、
インストール不要の、CDを入れれば起動する
knoppixもおすすめです。こちらのサイト様 で色々なCDブートのLinuxを無料で公開されています。

ではここからは私がVineLinuxをデスクトップ用途に使用していて、
役立ったコマンドなどを紹介したいと思います。

圧縮・解凍

windowsであれば解凍ソフトなどをインストールすれば
あとはフォルダのアイコンをクリックすれば解凍できますが、
Linuxの場合はzipファイルであれば

$ unzip ○○.zip

とコマンドで解凍します。
この際、中身のファイルが英数字だとこれで問題ないのですが、
中身のファイルが日本語ファイルの場合に文字化けが起こり、
消せないファイルが作成されてしまいました。
消せないファイルが出来てしまった場合は「rm ファイル名」で消せるはずです。

また、解凍の際にもうひとつ問題がありました。それはファイルにパスワードがかかっている場合に、
英数字のパスワードだと問題ありませんが、
日本語のパスワードがかかっていている場合に解凍に困りました。その場合は

$ unzip -P `nkf -s` hoge.zip

(ここで日本語のパスワードを入れる) Enter
(CTRL+D)を押す。

これで日本語のパスワードがかかっている場合でも無事に解凍出来ました。
逆にファイルをzipに圧縮したい場合は

$ zip 作成したいファイル名.zip  元のファイル名 

で、圧縮できます。

ソフトのインストール

Linuxを使う際に、インストールしたいソフトがrpmファイルならば、

# rpm -ivh ○○.rpm 

とコマンドを打てば簡単にインストールできます。

インストールしたいソフトがtar.gzなどの場合、

$ tar xzf
$ ./configure
$make

としますが、たまに

「○○develが足りない」

と言うようなエラーが多々出ます。
エラーを見ながら一つ一つそれらの ○○devel を入れてもいいのですが、
それが結構面倒なので

# apt-get script install-devel.lua

とコマンドを打つと
すでに入っているパッケージの開発用サブパッケージをまとめてインストールしてくれます。
便利なコマンドです。

Flash

Flash をFlashのページの説明に基づいてインストールは簡単にインストールはできたのですが、
どうも様子がおかしいと思ったら、
そのままではFlash上で日本語が表示されない事がわかりました。

この場合は
synapticを起動して「TrueType-kochi-subst」という、フリーのTrueTypeのフォントを入れる。

そして、suしてrootになって
# mkdir /usr/share/fonts/flash7
# cd /usr/share/fonts/flash7
# ln -sf /usr/X11R6/lib/X11/fonts/TrueType/kochi-gothic-subst.ttf
# ftdumpxlfd kochi-gothic-subst.ttf > fonts.dir
# /usr/sbin/chkfontpath -a /usr/share/fonts/flash7
# /sbin/service xfs reload

このコマンドでFlash上で日本語が表示されるようになります。

JAVA

JAVAをVineLinuxに入れる際は
ここから Linux RPM(自己解凍ファイル)を ダウンロードして

# sh jre-1_5_0_11-linux-i586-rpm.bin 

スペースキーで下に移動してyesと入力してEnter
そしたら、homeにある
.bash_profile の真ん中あたりに

export JAVA_HOME=/usr/java/jre1.5.0_11
export PATH=$PATH:/usr/java/jre1.5.0_11/bin

この2行を追加して、一回ログアウトします。これでインストールできました。
(javaが更新されてることもあるので jre-1_5_0_11の「1_5_0_11」部分のバージョン名に注意してください)
IEじゃないとログインできないページ
インターネットをしていて困るとがありました。
それは「IEじゃないとログインできないサイト」があることです。
例えば銀行やDELLのパソコン販売のサイトなど。

その場合はFirefoxの拡張で UserAgentSwitcher  というものがあります。
これを入れればブラウザの識別を「偽装」できて、無事、銀行にログインできました。

時刻合わせ
時計を日本標準時にピッタリ合わせたいと思います。 まず、

# /usr/sbin/ntpdate -u ntp1.plala.or.jp

とします。
私の場合はプロバイダがplalaですので合わせるサーバをplalaにしていますが、
「ntp1.plala.or.jp」の所はそれぞれご自分のプロバイダなどにしてください
NTP サーバリスト
次に

# /sbin/clock -w (システムクロックにハードウェアクロックを同期します)

そしたら
/var/spool/cron/root に以下を追加
55 * * * * /usr/sbin/ntpdate -u ntp1.plala.or.jp > /dev/null
1 0 * * * /sbin/clock -w
(毎時「55分」に ntp1.plala.or.jp に同期しに行き 画面に結果を出力しない)
(毎日「午前1時0分」にシステムクロックに同期させる) という意味です。
最後に

# service ntpd restart

(NTPサーバーを再起動) これでOKのはずです。
では、実際に時計が合っているか確認してみましょう。
JSTClock

便利ソフト
Explore2fs 1.07
windows側からLinuxのファイルを読み込んで、ファイルを移動したりできます。

今の所、VineLinuxを使っていて困ったことと言えばこの程度でしょうか。
あとは特に問題なくwindowsと同じような感覚でLinuxを使用できています。
他に何か不便な事が見付かれば随時、追加していきたいと思います。

-PR- 不要になったパソコンを売りませんか?壊れたパソコンでもOKです。パソコン買取.com


当サイトはリンクフリーです
(当サイトで紹介しているソフト、またリンク先のご利用は自己責任でお願いします)
Copyright (C) 2005-2010 "Linuxを使ってみませんか?"AllRights Reserved.
関連リンク

プロバイダ比較
ADSL・FTTH徹底比較
■価格.com■
レンタルサーバー
ロリポップロリポップ!
NTTPCNTTPCのレンタルサーバー
格安レンタルサーバーCsideNet
月額315円でネットショップ開店月額315円でネットショップ開店・運営!
ファーストサーバ▼▽安心しておすすめ!ファーストサーバ▽▼
Linuxリンク
Vine Linux 4.2(あめぶろ)
VineLinuxで自宅サーバー
KDE-Look.org
GNOME-Look.org
Xfce-Look.org
LINUX - Screenshots
相互リンク
検索順位アップ!
BTOパソコン
液晶モニター比較
IPアドレスサーチ
コンピューター関連書籍
男のためのモテ着
ネットdeショッピング
女性の在宅ワーク
ネットで収入GET!
出会いのTUX
キャッシング比較
激安家電情報
お徳にお買物♪
vuittonマニア
FXで負けないために
ギターとパソコン
リラックスのすすめ
  • seo

Templates by Netmania.