MSXパソコン
MSXプログラムのページ

MSX GAME READERについて

[MAIN PAGE] [MSX MAGAZINE「永久保存版」]

2004年3月24日に事前のメールでの配達予定より早くなり、アスキーストアからゲーム・リーダーがヤマト運輸の宅配で到着しました。 着払いでの費用は予想外に高くなり合計14,282円でした。定価は12,500円となっています。
早速説明書通りに、最初に付属CD-ROMから「ドライバー」をインストールしました。 使用パソコンは、Windows XP(SOTEC社製SX7170C、CPU:Athlon1.46GHz、RAM:248M)なので説明どうり「警告」が出ましたが、説明書ではそのまま「続行(C)」をクリック・・・と書かれてありインストールを継続して、そのまま終了しました。 さらにゲーム・リーダー専用のMSXPLAYerをインストールして、とりあえず「ロード・ランナー2」のカートリッジをセットし、事前に購入していましたエレコム製のUSBケーブルをパソコンに接続して実行開始しました。 すると画面モードが640x480ピクセル、16ビット・カラーで実行を促すダイアログが出てそのまま続行。 最初はゲーム・リーダーを認識しなかったようでしたが、再度実行するとロード・ランナーが始まってとにかく大成功でした。

MSX GAME READER
上の画像の右中央の黒い製品が「MSX GAME READER」で、製品の下は使用説明書。
その他は、左上から箱と付属CD-ROM、おまけの携帯ストラップ、別に用意したエレコム社製USBケーブル(長さ1メートル)。

Load Runner 2
1986年に購入したSONY社発売の「ロード・ランナー2」の実行画面。いや〜、懐かしいです。


2004年3月24日



BRIDGE
上は、自作ゲーム「ブリッジ」が、パソコン誌「MSX・FAN」に掲載された時に記念に貰ったロム・カートリッジの実行画面です。

MSX-WriteU/ Windows Me
これは、Windows Me(NEC製PC-VU700/N、CPU:AMD Athlon、700MHz、RAM:256MB)の機種でアスキー社発売のワープロソフト「MSX-WriteU」(ロム・カートリッジ)の実行画面です。
2004年3月26日



MSX-WriteU/ Windows XP
上のソフトを、Windows XP(SOTEC社製SX7170C、CPU:AMD AthlonXP1700+、1.46GHz、RAM:768MB)で実行した場合の画面。
2004年6月3日
PAGE 3

back